ゴルファボ TOP知識ウェッジの58度・56度とは?特性とシーン別の使い方

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ウェッジの58度・56度とは?特性とシーン別の使い方

58度と56度、アマチュアにはどっちがやさしいのでしょうか?今回はサンドウェッジ選びのロフトの違いについて解説します。あなたの打ち方に向いているのはどちらのモデルか、わかりやすく紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

出典:amazon

ウェッジの58度と56度。

両者はロフトの角度が違いますが、それによってどんな違いがあって、どんなメリットがあるのでしょうか?その具体的な差がわかりにくいという方も多いかと思います。

ロフト角の差はわずかに2度ですが、ボールの飛び方が変わるので自分に最適なものを使えると、これまで苦戦していたトラブルが簡単に攻略できるなんてことも…。

今回は58度と56度の違いを解説いたします。あなたのアプローチにとってどちらが理想的なのか、ぜひ参考にしてみてください。

58度とは?

出典:amazon
ゴルフクラブのロフト角のことを指します。58度、56度ともに「サンドウェッジ」(SW)の角度です。

以前はほかにも「アプローチウェッジ」など、名前で呼ぶことも多かったのですが、ゴルフメーカーが販売するロフトが細かく分かれていき、同じ呼び名でくくりにくくなってきたため、角度で呼ぶようになりました。

プロゴルファーの中には60度以上の、特に角度があるものを使っている選手もいます。

どんな使い方をするか

「〇〇度」と呼ばれるクラブは、主に100ヤード以内の近い距離から狙う場合やグリーン周りからできるだけ近くに寄せていくときに使います。正確に狙っていってボールを止めるためにフェースの角度が大きくなっているのが特徴です。

ゴルフバッグに入れる14本のセットの中には3本ほど入れます。2打目、3打目で打った球が確実にグリーンに乗っていけば必要がないですが、ゴルフではそんなことはまずありません。いかにうまく使っていくかがスコアアップのための分かれ目です。

ゴルフの中でもSWは一番短くなっていて、もっとも重くなっているのが一般的です。

特にバンカーから脱出するときに使うのがメインで、バウンスと呼ばれるソールの下の部分が出っ張っている形になっています。バウンスは砂の中にヘッドが潜り込むのを防いで、砂から打ち出すのを助けてくれます。

高いボールが打ちやすいのも特徴です。エッジからピンが近い場合やハザードを避けるために高く上げたいとき、アプローチでSWを使うこともあります。深いラフに入ってしまって出すことが最優先、というときにも活用されます。

↓ウェアなど必携品のほか、ラウンドで必要なものやあると便利なものの一覧をまとめました。バッグの中をチェックするときに活用してください。

おすすめは56度

迷っている人、経験が比較的浅いゴルファーは58度よりも56度を選びましょう。その理由は主に3つあります。

クリーンにヒットできる

どちらもメリットとデメリットがあるのですが、まず角度があるとゴルフでは芯に当てにくくなります。これは正面から見たときに当たるスペースが狭くなるからです。

バンカーから打つときなどはさらにきちんと当てるのが難しくなります。

スイング傾向にも合う

アマチュアゴルファーの打ち方はアウトサイドから入ってきてヘッドが鋭角になる傾向があります。そうなるとバウンスも使いづらくフェースにボールを乗せにくくなります。

そのためロフトが大きいものを使うとボールを拾いにくくなり、距離も出にくくなってしまいます。

砂から脱出しやすい

砂から脱出するときに58度のほうがいいのでは、というイメージもあるかもしれませんが、アマチュアゴルファーの場合、うまく出せないのは距離が短いことが大きな原因になります。ロフトが立っているほうが飛びやすく脱出が成功する確率も高くなります。

58度のメリットは?

バンカーが苦手でとにかくサンドは脱出することに特化したい、あるいはより高いボールを打っていきたいというゴルファーには58度も当然、選択肢に入ってきます。自分の好みやゴルフのスタイルに合わせて選んでみてください。

ゴルフでグリーン周りから寄せるときのコツをご紹介!番手ごとの転がり方の違いも詳しくお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

選び方のコツ

度数によって細かく分かれているため、選び方がわかりにくくなっています。選ぶときのコツをご紹介します。

まずアイアンセットを持っているゴルファーであれば、PWまで入っていると思います。PWが何度なのかをチェックしてみてください。多くのPWは44度程度になっているでしょう。

これを基準に実際のゴルフのセッティングを考えていきます。

番手間の間隔は4度から6度程度にしておくとゴルフでは打ち分けがしやすくなります。今使っているPWが45度前後であれば、AWを50度にしてSWを+6度にするとちょうど間隔が6度前後でそろいます。

万が一、PWの詳細がわからないときでも、今、販売されているものの大半は44度くらいになっているのでこのような選び方をしても問題ありません。

また、60度以上のものもゴルフ用品店で販売されていて、使っているプロゴルファーもいます。しかし、角度がありすぎるとボールの下をヘッドがくぐってしまうミスも出やすくなり、スイングの難易度もかなり上がるので注意が必要です。

SWでアプローチするときの4つのポイントを紹介します。確実に寄せていくために参考になるレッスンなのでぜひご覧ください。

初心者は必見、選ぶためのコツをまとめました。数ヤード単位で打ち分けができてあなたにぴったり合う1本を選べます。チェックしてみてください。

まとめ

今回はSWの58度と56度についてご紹介しました。特にハザードやラフなど窮地に陥ったときに使われるクラブです。その場面で、自分が打ちやすい、ショットが成功しやすいものがベストになります。

新しいものを検討する際などにはそうしたコツも踏まえて、自分に合ったものをチョイスしていきましょう。ピンチの時に頼れるもの、それが一番です。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧