ゴルファボ TOP知識ダウンスイングが減速してしまう原因と3つの解決法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ダウンスイングが減速してしまう原因と3つの解決法

スイングスピードは速いのにイマイチ飛んでいない。一方そんなに思い切り振っているように見えないのに結構飛んでいる人がいる…。今回はダウンスイングが減速する原因とその解決法に迫ってみたいと思います。ドライバーで飛ばしたい方必見です!

ゴルフで飛距離を出すには、シャフトの”しなり戻し”の原理を使ってヘッドスピードを上げる必要があります。 しかし多くのアマチュアは、ヘッドを加速させるために腕を速く振ろうとするので、グリップが身体から離れシャフトのしなりを上手く使うことができません。

手元が動けばダウンスイングが遅くなり、シャフトのしなり戻しをすることが難しくなります。今回は、ダウンスイングが減速してしまう原因とその解決法をご紹介します。

ダウンスイングの加速を効率よくすることで、軽く振っても遠くにボールが飛んでいくショットを打つことができます。体格やパワーがある割には飛ばない人、細いけど250ヤード以上飛ばす人の違いがわかります。

ダウンスイングが減速してしまう原因

ダウンスイングが遅くなってしまうゴルファーの特徴として…

・左ひじが引けている
・上半身だけで打っている
・スライスやこすり球が出る
・テンプラが多い
・振りは速いけど飛ばない

これが当てはまっている人は、グリップが動いて身体から離れてしましダウンスイングが遅くなっている証拠です。

原因としては、

・手首が硬い
・グリップを強く握りすぎ
・コックを使っていない
・手首が折れない
・下半身が使えていない

などが挙げられます。ダウンスイングでこのように振っているとヘッドスピードも上がらず球を遠くに飛ばすことはできませんし方向性も悪くなります。

ゴルフをする上で基本になるグリップについてまとめました。握り方ひとつでボールの方向性や飛距離が大きく変わります。意外と忘れているポイントがあるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

ダウンスイングを減速させないようにするには…

ダウンスイングでは、釣りの遠くに投げる動作をイメージすると理解しやすいと思います。竿の手元を身体に引き寄せて動きを止めることで、針やルアーは遠く飛んでいくと思います。

その動きを数値化したものをゴルフでは「ナチュラルアンコック」と言います。ダウンスイング中におけるグリップスピード(手元の速度)の減速率を表したもので、コックを解かずに腕を振ると数値は低くなり、適正に解くと数値が高くなります。

プロは約30~50%(飛ばし屋は50%)、アマチュアゴルファーだと約20~30%になります。グリップスピードをダウンスイングにかけて手元の動きを抑えることで、ダウンスイングで減速せずにクラブヘッドが走り飛距離が伸びていきます。

ダウンスイングの減速を止める解決法

ゴルフで大切なことは、腕の動作ではなく、ヘッドを動かす意識を持ちましょう。インパクト時に最大限のエネルギーをボールに伝えて飛距離アップを目指しましょう。

インパクト直前で止める(寸止め)

普段通りにトップまでクラブを上げてダウンスイングを始めます。インパクト直前、つまりボールに当たる寸前でクラブヘッドを”ピタッ”と寸止めしてください。

そうすると、ヘッドだけが走る感覚がわかると思います。柔らかいシャフトやスマホなどで自撮りをすると視覚でも分かりやすくなります。

スプリットハンド(両手の間を少し開ける)で素振り

左手を支点、右手は力点で素振りをしていきます。左手が動くとボールはつかまりません。支点が止まっているとヘッドがグリップを追い越して加速します。これができるようになるとナチュラルアンコックが高くなります。

この素振りをするとダウンスイングが減速せずにヘッドを走らせるコツが分かります。

スプリットハンドをすることでアプローチの打点も安定してきます。そのレッスン動画です。アプローチの調子が悪い人は必見です!

両足揃え

両足を揃えて、小さな振りで打ちます。打つポイントとして、インパクトではフェース面をしっかりとスクエアに戻すように心がけて、ターゲットに向かって真っ直ぐにボールを打ち出すことです。力一杯振る必要はありません。

両足を揃えてこのように打つと、手元が減速してダウンスイングでヘッドが加速していくのが分かります。この練習でクラブのうごきを覚えることで、ドライバーの飛びがと方向性が一段とアップできます。

ヘッドスピードを上げるための道具

ダウンスイングの動作は身体が動いている状態ですので、実際の動きと、頭の中のイメージが合わないことがあります。練習器具を使うことで、体と頭の感覚が一致することがありますので、機会があれば試してみてください。

柔らかいシャフト

出典:Amazon

通常のクラブで“しなり戻り”が分かずらいときは、グニャグニャ・フニャフニャの柔らかい練習用のクラブを使うのをおすすめします。

ダウンスイング中のクラブの動きが分かるので、切り返しの”間”や、インパクトのタイミングが手に取るよう分かります。実際にゴルフボールが打てるのもあるので、繰り返し練習するとダウンスイングの減速が解消し、しなやかな振りができるようになります。

■ゴルフ上達支援システム|エム・トレーサー


出典:Amazon

解析の結果をスマホの画面ですぐに確認できます。ゴルフクラブの動きを高精度センサーで計測し、様々なデータをグラフィックと数値で教えてくれます。ダウンスイング時のナチュラルアンコックも計測することができます。

800万を超えるゴルフのデータを基にあなたのスイングチェックをしてくれて、適切なアドバイスを導き出してくれます。効率的な練習をサポートしてくれます。何気ない練習に飽きた人におすすめです。

最近のゴルフアプリの充実ぶりには目を見張るものがあります。スコアを瞬時に計算してくれて、平均スコア、フェアウェイキープ率など自分の詳細なデータを記録してくれます。スキルアップに役立ててください。

まとめ

今回は、ダウンスイングで減速してしまう原因と解決法についてご紹介しました。ヘッドスピードを上げることができると、飛距離は自動的に伸びてきます。

ダウンスイングの速度をアップさせるために腕を振ってしまうと、身体から手が離れ、振り遅れの原因になります。しっかりとグリップを引きつけてヘッドを加速させて打っていきましょう。

そうすることで、ゆっくり振っても距離を伸ばすことができます。ぜひ今回の練習方法を試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧