ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフのアウトコースとインコースをかんたん1分解説

知識

ゴルフのアウトコースとインコースをかんたん1分解説

ゴルフではアウトコースとインコース、2つがありますよね。この違いをご存じでしょうか。実はこれはスコットランドで生まれた歴史ある言葉。そう呼ばれたのには今とは違う、ゴルフ場の作りに理由がありました。その由来と意味についてリサーチしました。

ゴルフでラウンドするときに「アウトコース」という言葉、聞いたことがありますよね。でもどうしてこういう言い方をするのか、知らない人も多いかと思います。

今回はゴルフの「アウトコース」と「インコース」について解説します。そもそもなぜ「Out」が先なのか、こうした言い方をするようになった理由は何なのか。そして二通りのスタートがある訳も調べてみました。

ゴルフをより楽しむために知っておいたほうがいい1ポイントです。ぜひチェックしてみてください。

アウトコースとは?

ラウンドのときに使われる1番から9番までのことを言います。一般的には、午前中に回る「フロントナイン」と呼ばれるホールのことを呼びます。

また、10番から18番までをインコースと言います。単純に「Out」「In」と略して言うことも多くなっています。

言葉の由来

名前の由来はゴルフ発祥の地として知られる、スコットランドのセントアンドリュースゴルフ場から来ています。

セントアンドリュースは、クラブハウスを出ると最初の9ホールはどんどん遠ざかっていく設計となっていました。そして10番から18番までの9ホールはクラブハウスへ帰ってくるような動線です。

こうした設計になっていて、最初の9つを「going out」、折り返したあとの9つを「coming in」と呼んでいました。そうしたことから最初の半分を「Out」、以降の半分を「In」というふうに呼ぶようになりました。伝統的なこの呼び方が今も残っている形になっています。

今のゴルフ場はどうなっている?

出典:ECCレディストーナメント

現代では10番からのスタートもありますよね。これはプレイする人口が増えたこととかかわりがあります。

全体のプレイ人数が少なければ、1番から順番に各組がスタートして行っても問題はありません。ただ、多くの人が集まるところや有名なところは人数がどうしても多くなります。

人数が増えてきて全員が1番からプレイをしていくと、いくら細かく時間調整をしてみんながマナーよくプレイをしていっても、かなり遅くから始まる組が出てしまいます。

2つのスタートができた理由

そこで、10番からも始められる仕組みが生まれました。単純に、2つの地点からスタートができれば、2倍の人がプレイ可能になる計算です。プレーヤーにとっても便利である一方で、ゴルフ場にとっても経営の面で大きなメリットがあります。

先に挙げたスコットランドの例と違って、クラブハウスの前に1番と10番が並んでいる構成はアメリカで考えられたものです。

この考え方で日本のゴルフ場も作られています。そのため、午前が終わると帰ってきて、そこから午後が始められる仕組みになっているのです。

現代では世界中のどこでも9ホールが終わった時点でクラブハウスに戻れるのが主流です。

↓2019年からプレーをするときルールが変わります。アマチュアにはうれしい変更点もあり、今からチェックして備えておきましょう!

設計を楽しむ

ラウンドをするとアウトコースとインコース、それぞれで雰囲気ががらりと変わったり、途中に名物といわれるホールが設けられていたりします。

アイアンの正確性を要求されるパー3があり、飛距離が試されるパー5がありと、プレーヤーにはさまざまなスキルも求められていきます。

ゴルフ場は設計家がデザインをして作り上げていきます。設計家は複数の攻め方を想定してデザインや仕掛けを施していきます。一見、無造作に置かれているようなハザードや障害物も実は意図して設定がされているものです。そうした狙いを読み取っていくこともラウンドをしていく際の楽しみの一つです。

設計から見る攻略のポイントとは?スコアアップのためのヒントと注意点も解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

攻略の心構え

アウトコースからスタートしたときに、前半戦を好調のまま終えられると、残りの9Hもその流れを維持して力を発揮できることも多くなります。

逆にフロントナインで調子を落としてしまうと、インコースでスコアを戻すことができないまま終わる、ということにもつながります。

前半で調子を落としてしまった場合には、クラブハウスでの休憩で心身を休めることです。いったん気持ちもリラックスしたうえでしっかりと切り替えることで、巻き返しを図っていきましょう。

↓ゴルフ初心者がラウンドするときの注意点とは?ミスを防ぐためのコツをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

↓ゴルフスイングの基本を総まとめしました!基本となるクラブの使い方を徹底解説していますので参考にしてみてください!

まとめ

今回はゴルフのアウトコースとインコースについて解説しました。もともとはゴルフ発祥の地であるスコットランドが由来、歴史ある呼び名です。現在の状況とはちょっと違っていますが、昔の言い方が残っている、と聞くと納得もできますよね。

ゴルフでしか聞かない専門の用語はいろいろあります。本来の意味や由来を知っておくと、いつものゴルフがまたちょっと楽しくなります。機会があればぜひチェックしてみましょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。