ゴルファボ TOP知識アプローチ!バウンスの正しい使い方を4ステップで解説

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

アプローチ!バウンスの正しい使い方を4ステップで解説

アプローチはバウンスの使い方を知るととてもやさしくなります。短い距離から寄せるために大切なその使い方と習得法を解説します。短い距離でザックリやトップなどが出て悔しい思いをしているゴルファーはぜひ参考にしてみてください。

グリーン周り、ピンはすぐそこなのにトップやザックリが出てしまうとダメージが大きいですよね。打数が余計に増えていくだけではなく、精神的にも落ち込んでしまう瞬間です。

アプローチでトップやザックリが出てしまうのは、バウンスの使い方に原因があります。ウェッジに備わっている機能をうまく使うことで、ミスを防いで狙った場所にボールを運ぶことができます。

今回はアプローチでのバウンスの使い方を解説します。グリーン周りからのショットはスコアに直結する重要な1打です。ぜひマスターして上達のために役立ててください。

バウンスとは?

 

ウェッジのソールを横から見たときに、下に出っ張っている部分のことを言います。

一般的にウェッジは大きなバウンス角がついていて、最大になっているのがサンドウェッジです。出っ張っている部分が砂や芝の上を滑ることで、バンカーや深いラフからボールを出しやすくなっています。ダフリが出にくくなるものメリットです。

バウンス角が大きいものはソールが先に地面に当たってトップの原因になるので注意が必要です。逆に小さいものは芝が薄いところや固い地面からでも球を打ちやすくなっています。

練習場のマットの上では効果が実感しにくいのですが、ゴルフ場だと大きな助けになります。芝の上やバンカーやラフなどで打ちやすくするためのサポートをしてくれます。

ミスにつながる原因

歯の部分で打っている

アプローチでザックリなどのミスが出てしまう原因の一つがウェッジの歯(リーディングエッジ)で打つことです。

ヘッドを上から打ち込んで球を叩こうとすると、リーディングエッジが先に地面についてしまいます。とがったこの部分が先についてしまうと、突き刺ささります。

フルショットのようにヘッドスピードがあるときには多少のダフリで済むこともあります。しかしアプローチの場合はヘッドスピードも遅く、ヘッドが刺さって、飛ばなくなってしまいます。

手が前に出る

打つときに手が前に出るのもミスを生みます。

アプローチのときにフェース面をターゲット方向に向ける意識が強すぎて、強いハンドファーストのまま振っていくと、ヘッドの軌道も鋭角になります。この動きをすると、リーディングエッジは地面に刺さってしまいます。

↓チャンスがあったらぜひ狙いたい!チップインをかなえるための4つのコツを紹介します。ぜひチェックしてアプローチで歓喜の1打を実現しましょう!

バウンスを使う4つのポイント

うまく使うための4つのポイントを紹介します。

極端なハンドファーストを見直す

極端にハンドファーストになっていると、ザックリの原因になります。

アプローチを打つときには手の位置を見直してみてください。ロフトを立てすぎないように意識してみましょう。

フェースを自分に向ける

もう一つはアプローチを打ったときのフォロースルーでヘッドが自分の方を向いている状態にすることです。

ヘッドが手を追い越して返すことができるとインパクトの瞬間、フェースにボールがしっかり乗っていきます。ボールにスピンがかかり、理想的なアプローチを打つことができます。

素振りなどでもフェースが返っているか、確認することが可能です。アプローチのときにどのようなフォローになっているか確認してみてください。

スコアラインを意識する

スコアライン(フェースの溝)の下から3番目で打つように意識します。

アプローチのときに、球をリーディングエッジの部分でとらえるのではなく、フェースに乗せる感覚がつかめます。フェースにマジックなどで実際に線を引いてみるとよくわかります。

この部分は正面から見たときのバウンスの位置になります。下から3番のところでうまく拾うようにスイングをするとソールもしっかり使えてクリーンにヒットすることができます。

ソールを滑らせる

正確なアプローチを打つためにはソールを意識したスイングが大切です。

実際に寄せるときには、「バウンスをボールの手前に打ち込む」意識を持ちます。これができれば多くのミスを減らすことができます。

手前に打ち込むことができればあとはクラブの仕事。ソールが自然と滑ってボールにコンタクトしてくれます。

ショートゲームの重要性

100ヤード以下のアプローチやパットをまとめてショートゲームと呼びます。

ゴルフではこのショートゲームがスコアを左右します。というのも1回のラウンドのうち、おおよそ5割から6割ほどはこの100ヤード以下の打数になるからです。

たとえば100のプレーヤーの場合は50から60ストロークがショートゲーム。アイアンやウェッジ、パターの打数です。

100ヤード以下を攻略することが上達への近道です。紹介したアプローチのコツをぜひマスターしてグリーン周りで力を発揮してください。

↓アプローチで確実に寄せていくために番手ごとの転がり方を解説します。ランニングで寄せていくためにこちらの記事を参考にしてみてください。

↓ウェッジのおすすめランキングトップ5をご紹介します。自分に合ったクラブを使ってアプローチのスキルを磨いていってください!

まとめ

今回はアプローチのときのコツを紹介しました。ヘッドが地面に刺さって球が飛ばない、気持ちも落ち込むようなミスを減らすために参考にしてみてください。

「小技」が上達していくとスコアもぐんぐん伸びていきます。短い距離を得意にしてゴルフをもっと楽しんでください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧