ゴルファボ TOP知識シャフトのしなり戻りをMAXにするための3ステップ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

シャフトのしなり戻りをMAXにするための3ステップ

飛ぶ人と飛ばない人の差ってご存知ですか?その違いはシャフトをしならせた後の”しなり戻り”ができるかどうかです。ボールを遠くに運ぶには、ヘッドスピードを上げる必要があります。今回の記事では速さをMAXにするための3ステップをご紹介します。

ゴルフで遠くに飛ばすには、シャフトの”しなり戻り”を使ってヘッドスピードを上げることが必須条件です。しかし多くのアマチュアは、ただクラブを振っているだけになってしまっています。

シャフトは硬い棒ではなくロープやゴムホースと同じくらいのフニャフニャの棒状の物とイメージしましょう。今回の記事では、しなり戻りをMAXにするための方法をご紹介します。

シャフトを効率よく使うことで、軽く振っても遠くに飛んでいくショットを打つことができます。飛ばない人と飛ぶ人のいちばんの違いがわかります。ぜひ一読していただき、次回のゴルフで仲間を驚愕させてください。

シャフトがしなるとは?

ゴルフクラブはシャフトをしならせることでボールを遠くに飛ばすことができます。ではなぜ飛んでいくのでしょうか?まずは仕組みについてお伝えします。

シャフトは、曲がらない硬い棒ではなく縦横、捻れるなどあらゆる方向に動きます。ヘッドがついていて、ヘッドには重さがあるため、トップやダウンスイングの時に曲がります。

また、ドライバーやアイアンのヘッドには重心があるため、トップから切り返し後にフェースが開きやすく、シャフトは開く方向にねじれています。そのままインパクトを迎えるとフェースが開いているので、スライスになってしまいます。そうならたにためにシャフトのねじれを解きスクエアにもどしていきます。

シャフトを変えればゴルフも変わる!フレックス、重さ、長さ、キックポイントについてまとめました。あなたのスイングタイプに合わせるとショットの切れが増します!

シャフトの「しなり戻り」とは?

出典:GDO

トップから切り返してダウンスイングに入ったときに、ヘッドが地面に向けて下がりシャフトがローマ字の「逆C」の形にたわむと思います。そして手元が、腰の位置辺りからインパクトにくると、たわみが「C」の形になります。それを”しなり戻り”といいます。

その曲がりの反動で捻れも元に戻ろうとするので、フェースも閉じてスクエアか少しかぶって球をつかまえる動きになります。ヘッドスピードが上がり、ボールも高く上がるので飛距離もグングン伸びていきます。

シャフトのしなり戻りMAXにするための3ステップ

トップポジションから降ろすときは「逆C」の形になり、インパクトにかけては「C」の”しなり戻り”の状態になります。ゴルフのスイングではこの動きのタイミングを合わせて振ることがとても大切です。

このタイミングを合わせることで、クラブの特性を知ることができ、さらに最大限に性能を引き出してスイングができるので、軽く振っても飛ばすことができます。

グリップの握り方

シャフトをしならせるためには、グリップの握り方が重要になってきます。握り方が緩いとシャフトはたわまず、ただの棒を振っているだけになります。

グリッププレッシャーを一定にして、インパクトで左手の小指、薬指、中指の3本を“ギュッ”と握ると「しなり戻り」しやすくなります。注意点として、肩に力を入れたり、手首を固定するほど強く握ったりする必要はありません。クラブを引っ張っても抜けないくらいに握りましょう。

ゴルフでは、グリップの握り方ひとつで方向性や飛距離が変わってきます。初心者ゴルファーは必見!ベテランの方は意外と忘れているポイントがあるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

手元にブレーキをかける

手元の動きを遅くすることでしなり戻りが発生します。ダウンスイングの後半からインパクトにかけて、左手を右腰に向けて引きつけるようにクラブを降ろすとタイミングが取りやすくなります。

注意点として、切り返しのあと手首のコックが早く解けてしまうと、シャフトのたわみを作れなくなるので、両手首の角度はキープすることを意識しましょう。

上体を突っ込まない

飛ばそうと思うと上半身に力が入り上体が突っ込みやすくなります。突っ込むと左肩が早く開いて右肩が突っ込んでくるので、アウトサイドから入ってきてシャフトのしなり戻りを発生させることができなくなってしまいます。

上半身は軸をキープして、頭を右側に残して振っていきましょう。ビハインド・ザ・ボールを意識すると前傾姿勢をキープしやすくなり、上体が前のめりなることが抑えられるので、グリップも身体から離れず、手元にブレーキをかけられヘッドスピードが上がり飛距離アップが可能になります。

3ステップを一度にまかなえる「寸止め」素振り

寸止めの素振りとは、インパクト直前でクラブを止める素振りです。普段通りにトップまで上げて切り返して降ろします。ボールに当たる寸前でヘッドを”ピタッ”と寸止めしてください。

そうすると感覚がわかると思います。柔らかいシャフトやスマホなどで自撮りをすると視覚でも分かりやすくなります。

コツは手首のコックをキープすることです。手首の角度を維持することができれば手元も減速しやすく、シャフトも鋭くたわむので効率よくヘッドスピードが上がります。軽く振っているのに飛ぶのでスイングに無駄がなく、周りからは上手く見られます!

まとめ

今回は、しなり戻りをMAXにするための3ステップについてご紹介しました。シャフトの機能を最大限に使えるとヘッドスピードを上げることができるので、飛距離は自動的に伸びてきます。

ドライバーのほかアイアンでも使いこなせると高い球、低い球などを自由自在に操れてグリーンオンの確率も上がってきます。切り返し→ダウンスイングのパワーを使うためには、シャフトの柔軟さを利用する方が効率的です。ぜひ練習で試していただき、次回のラウンドに活かしてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧