ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフは下半身!ドライバーを+10yする3つの方法

知識

ゴルフは下半身!ドライバーを+10yする3つの方法

ドライバーで遠くまで飛ばすためには下半身の使い方が鍵になります。全身をスムーズに動かして、力強く球を叩くための3つのコツをご紹介します。理想的なゴルフの動作を身につけるための練習ドリルもお伝えしますのでぜひ試してみてください!

なんだかんだ言ってもやっぱりドライバーは遠くまで飛ばしたい!

しかし、一生懸命打ちっぱなしで練習をしてもなかなか飛距離が伸びない、飛ばそうと思うとスライスが出てしまう…。アマチュアに多い悩みかと思います。

ゴルフで飛距離を出すには下半身の動きがポイントです。上体と連携した動作ができると、力をためて一気にボールに伝えることができるので、遠くまで飛ばすことができます。

今回はゴルフの下半身の使い方について紹介します。スムーズな動きを身につけてドライバーで遠くまで飛ばすためにぜひ参考にしてみてください。

飛距離が出る仕組み

ドライバーで飛ばすためには下半身でリードすることが必要です。

たとえば野球でボールを投げるとき、近くを狙うのであれば腕だけで大丈夫ですが、遠くまで投げようとすると足を踏み込んでから投げるようになりますよね。腕の力だけでなく、体の回転と腕をしならせることで速い球を投げることができます。

ゴルフの場合も同じで、腕だけを使うとなかなか飛ばすことができません。下半身を使って上体と連動することで飛距離をアップすることができます。

飛ばすための3つのポイント

左足の踏み込み

ボールを投げるときには足を踏み込んでから手を振っていきます。ゴルフでも同じような身体の使い方ができると飛ばすことができます。

ゴルフでは、トップの位置で左足の踏み込みをきっかけにダウンスイングが始まるのが理想的です。こうすることでためていたパワーをターゲット方向にスムーズに伝えることができます。

腕や手で切り返しをするのはNG。いわゆる手打ちの状態になって力が伝わらなくなってしまうだけではなく、ゴルフクラブの軌道がブレてしまう原因になります。

膝の使い方

左右に膝が動いてしまうのはNG、ゴルフで「スウェー」という悪い動きです。体が流れてクラブが後から遅れてくる形になるのでボールにはスライスがかかってしまいます。

膝は左右に動くことなく上体を支えるような形を作ります。切り返したあと、インパクトにかけては左足で体重を受け止めるようにします。

全身がアルファベットの「A」の字になっているイメージを思い浮かべてください。軸は真っすぐに保ったまま、両足はしっかりと地面を踏みしめて回転をしていきます。

上体との連動

トップまででためたパワーを解放するとゴルフで遠くまで飛ばすことができます。そのためには下半身と連動して上体が動いていくことが大切です。

切り返しから振り下ろしていくとゴルフクラブが遠心力の働きで自然と走っていきます。それに合わせて体がターンすることで、左への荷重が完了するのでスイングがスムーズになります。

↓↓↓プロゴルファーはどれだけ飛ばす?ツアーに出場しているゴルファーの飛距離を調べてみると驚きの結果が…。アマチュアでも参考にできるコツも紹介しているのでチェックしてみてください。

おすすめ練習ドリル3選

ゴルフで下半身リードの動きを身につけるために3つのおすすめ練習法を紹介します。

トップの位置で止める

ゴルフで左足の踏み込みからダウンスイングを始める感覚を身につけるには、トップの位置でいったんクラブを止める練習が有効です。

一度止めたあと、手や腕だけで再始動しようとするとうまくいきません。左足に体重移動をすることでもう一度動いていくきっかけがつかめるようになります。

初心者やゴルフの体重移動が苦手という方は、野球のバッティングのような動きをしてみましょう。左足を上げてステップする動作をしながらクラブを振っていきます。飛球線方向に力を移す感覚がつかめます。

ボールを使ったメニュー

両膝がスウェーするのを防ぐためには両足の間にボールを挟むメニューが効果的です。

バランスボールなど少し大きめのものを挟んでスイングしていきます。適当な大きさのものがない場合はクッションなどでもOKです。ダウンスイングのときに左にスウェーをしてしまうと挟んだボールが下に落ちてしまいます。

回転するときにしっかりと左足で体重を受け止めておきます。そしてフィニッシュまで挟み続けるようにして打っていきます。落ちてしまうようであれば、小さな振り幅からその場で回転する意識を持って繰り返してみてください。下半身を安定させて振っていく動きが身につきます。

右手を外すドリル

溜めたパワーを解放する感覚をつかむにはインパクトのときに右手を離すドリルが有効です。

手で当てに行くと、体の回転で生まれるパワーが伝わらなくなるだけでなく、スライスの原因にもなります。

インパクトのときにグリップから右手を離すと、クラブは自然と遠心力で走っていきます。ヘッドの重みを感じながら体をターンしていく感覚がわかります。スムーズな体重移動と回転が身につくので試してみてください。あくまれ練習でのイメージトレーニングとして取り入れてください。

↓↓↓周りのゴルファーはどれだけ飛ばしている?ウッドやウェッジなどの平均をまとめました。こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓ゴルフでドライバーを使うときの球の位置はどこがいいのでしょうか。ミスなく飛ばすコツをご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回はドライバーの飛距離をアップさせるための3つのポイントについて解説しました。実際にゴルフクラブを振っていくときには腕や肩、頭などいろいろなところに気が向きます。頭で考えると力が入ってしまったり、ぎこちない動作になってしまいがちです。

ご紹介したレッスンを試して、まず下半身を使っていく感覚をしっかりつかんでいってください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧