ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフの球筋9種類まとめ!ダメな例良い例を見比べよう

知識

ゴルフの球筋9種類まとめ!ダメな例良い例を見比べよう

ゴルフの球筋には9つの種類があります。理想的とされる弾道のほか、明らかにミスショット、打たないほうがいいものもあります。良い例やダメな例をぜひチェックして、打ち方の修正やコース攻略に役立ててください。

ゴルフでボールを打ったとき、あなたはどんな弾道になりますか?

右に出やすい、真っすぐいったあと左に曲がっていくなど、自分の出やすい球筋があると思います。

ゴルフでは打ち出される方向や曲がり方によって9種類の球筋があります。それぞれの特徴を知っていると、ミスショットが出たときに何が原因でそうなったのかがわかって、修正や上達にもつなげることができます。

今回はゴルフの9種類の球筋について紹介します。練習を積んでいってボールをコントロールしていく上でも参考になりますので、ぜひ見比べてみてください。

球筋が決まる理由

ゴルフの球筋はボールの飛び出す方向と曲がり方の組み合わせで決まります。組み合わせによって球筋は9種類に分けられます。

3つの飛び出し方向

飛び出す方向は3種類にわけられます。

Aのように真っすぐ飛ぶのはストレート。右に飛んでいくのがプッシュ(B)、左に飛んでいくことをプル(C)と言います。

スイング軌道との関係

飛び出す方向はスイングの軌道と関係があります。ストレートになる場合はインサイドインで振っている場合で、ゴルフでもっともいいとされている振り方です。

プッシュはインサイドアウト、プルはアウトサイドインの軌道のときに出るものです。

ボールの曲がり方

曲がり具合は、インパクトのときのフェース面の開き具合によって変わります。

インパクトのときにフェースが右を向いている場合は右に曲がっていきます。逆にフェースが左を向いているときは、左に曲がっていきます。

スイングの軌道に対して直角であれば真っすぐに飛びます。

3種類の球筋

ストレート

ゴルフでは真っすぐ飛んで行ったあとそのまま真っすぐ落ちていくのをストレートと言います(2)。最初は真っすぐ飛んで右に曲がるのがストレートスライス(3)、左に曲がるのがストレートフック(1)です。

プッシュ

右に飛び出してそのまま落ちるのがプッシュです(5)。右に飛び出したあと、左に曲がるのがプッシュフック(4)、さらに右に曲がっていくのがプッシュスライス(6)でOBなどにもなりやすくとても危険な弾道です。

プル

左に飛び出してそのまま落ちるのがプルです(8)。左に飛び出して右に戻ってくるのがプルスライス(9)、さらに左に曲がっていくのがプルフック(7)で明らかなミスです。

飛び出し方向の改善ドリル

アウトサイドインの防止

アウトサイドインはゴルフクラブを目標よりも左に振る動きです。

無意識のうちに人は「振った方に球が飛ぶ」と思っています。ゴルフではスライスを嫌がると、意識していなくても左に振るというアクションをしてしまいます。さらに、右に池やOBがあるときには意識が強調されて余計に左に振ってしまいます。

アウトサイドインを防ぐにはゴルフボールを普段よりも右に置いて打っていくメニューが有効です。外からヘッドが入ってくる動きを押さえることができます。

いつもよりも2個分、右に置いて短いアイアンで打っていきます。ヘッドは遠くなりますがハンドファーストはキープできるように構えるのがコツです。

インサイドアウトの防止

インサイドアウトは目標よりもゴルフクラブを右に振っていく動きです。

右肩が下がるとヘッドが内側から下りてきて、グリップが体から離れてしまい、外側に抜けていきます。距離が出なくなり、チーピンが出る原因にもなります。

ゴルフのインサイドアウト軌道を防ぐためには左足を後方に引いて振っていくドリルが効果的です。

スタンスをオープンにして上半身はターゲットを向いたまま打っていきます。ダウンスイングでヘッドが内側から下りてくるのを予防することができます。素振りなどで感覚をつかんでから、実際に打っていってください。

曲がり方を修正する3つの方法

グリップを見直す

ゴルフでスライスやフックを修正する一つの方法はグリップを見直すことです。握ったときの左手の角度が弾道に影響します。

左手のチェック方法を紹介しましょう。

手の指の付け根にある出っ張ったところを「ナックル」と言います。アドレスをしたときに左手のナックルがどのくらい見えるかで判断できます。ゴルフのアドレスをして左手のナックルが2個見える形がスクエアな状態です。

3個見えるのはストロングな状態です。球はつかまりやすくなりますが、フック回転がかかりやすくなります。

ナックルが1個程度しか見えない場合はウィークな状態です。ウィークだと球はつかまりにくく、スライスの度合いも強くなります。自分の球筋を見極めたうえで、グリップを調整してみてください。

↓↓↓ゴルファー必見、グリップについて詳しく紹介したレッスンです。クラブと自分をつなぐ大切な部分、自分に合った握り方をマスターするためにぜひご覧ください。

スライスを防ぐドリル

ゴルフでフェースが開くのを防ぐには、両手を離して振るドリルが効果的です。

ゴルフクラブを持って右手と左手の間を5センチほど離して握り直してください。左右の手を離してスイングをしていくと、ヘッドを返して真っすぐに当てる感覚がつかめます。

両手の間を離せば離すほど返す動きがわかりやすくなります。最初は小さな振り幅で確認してみましょう。イメージがわかってきたら振り幅を少しずつ大きくしていってください。

フックを防ぐドリル

フェースが閉じすぎてしまうのを予防するのには両手を逆にして握るクロスハンドドリルが有効です。

クラブを握るときに普段と逆に右手を上、左手を下にして打っていきます。最初はとても違和感があると思いますが、素振りなどで感覚をつかんでいきます。小さな振り幅で球も打っていってください。

体の回転を使ってアドレスの位置にクラブを戻す動きがつかめます。イメージがつかめたら手を元に戻して同じような動きを意識しながらスイングします。

↓↓↓ゴルフの番手ごとの平均飛距離をまとめました。あなたの飛距離はどのくらい?比べて参考にしてみてください!

↓↓↓ゴルフのドライバーで狙い通りの弾道を打つための方法とは?上達のための7つのポイントを紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回はゴルフの球筋の種類について紹介しました。ゴルフでは真っすぐな弾道を打つことはとても難しいことで、プロでもあまり打てないと言います。

弾道に癖があるというのはどんなゴルファーにも当てはまること。自分自身の球筋を理解して、コースを攻略していきましょう。打ち出しや曲がり方が気になる場合は紹介したドリルにも取り組んでみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧