ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフのハンドダウン・ハンドアップを3分かんたん解説

知識

ゴルフのハンドダウン・ハンドアップを3分かんたん解説

あなたは「ハンドダウン」「ハンドアップ」というゴルフ用語を知っていますか?グリップの位置のことをいいますが、その高さが一定でないとインパクトが安定せずにミスショットにつながります。今回は構え方でどのような違いが出てくるのかを解説します。

ゴルフのスイングで重要になるのは、アドレスでの手の位置です。何も気にすることなく構えるとミスを助長しているかもしれません。手が上がるとスライスになりますし、下がるとフックになる傾向があります。

今回の記事では、あなたのゴルフに影響を与えるハンドダウン・ハンドアップについて解説します。

ゴルフボールの飛ぶ方向よってミスの原因が分かれば、調子の悪いときなどに応用できますので、スコアを大幅に崩すことが防げます。ご紹介する方法を試していただきスイングの上達につなげてみてください。

ハンドダウンとは

アドレス時のグリップの高さが適正よりも低くなっている状態のことを言います。後ろから見ると前傾角度が深く、腰が「くの字」に曲がり、小さい構えに見えます。長身のゴルファーに多くみられます。

ハンドダウンの見分け方

アイアンを構えてヘッドをみてください。トゥ側が大きく浮き上がっていたら手が下がっている証拠になります。

ゴルフに与えるメリット・デメリット

ハンドダウンで打った場合…下記のような状況があげられます。

・球が捕まり強い球になる(ドローボール)
・左に飛びやすくフックになりやすい
・スライス防止

ゴルフクラブのライ角が適正でも腕が下がるとアップライトになるので、フェース面は左方向を向いています。そうなるとしっかりとボールを捉えられるので、強い球が打てます。軌道がインサイドインになるときれいなドローになります。

また、スライスに悩まされているゴルファーは、ハンドダウンにすることで改善することがあります。理由は、ヘッドのトゥが上がっているということは、つま先上がりのライからショットを打つのと同じ原理になります。つまり、フェースが返りやすいので、右に飛びにくくスライスになりません。

デメリットとして、左に飛びやすくなります。クラブはインパクトで、強い遠心力が加わり少し、先端が下がる「トゥダウン現象」が起こります。

それを見越してゴルフクラブは、少しライ角がアップライトになっていますが、腕を下げるとヘッドが立ちすぎて左方向に飛びやすくなり、最悪フックかチーピンになってしまいますので、気をつけましょう。

ゴルフでドローが打てたらセカンドがとても楽になります。キャリーもランも大幅に伸ばせる、プロのレッスン動画です。参考にどうぞ!

ハンドアップとは

アドレス時のグリップの高さが適正よりも高くなっている状態のことを言います。後ろから見ると前傾角度が浅く、ヘッピリ腰で構えているように見えます。初心者ゴルファーに多くみられます。

ハンドアップの見分け方

ヘッドのヒール側が浮き上がっていたら手が上がっている証拠になります。

ゴルフに与えるメリット・デメリット

ハンドアップで打った場合…下記の4つがあげられます。

・ダフリやすい
・右に飛びやすくスライス・シャンクになりやすい
・コックが使えない
・フック・チーピン防止

手元が高くなると、つま先下りのライと同じようになり、ヘッドがフラット以上に先端が下り、インパクトの抜けが悪くなりすっぽ抜けのようなショットになります。フェースが返らないので右にいきやすく、スライス、またはシャンクが出やすくなります。

また、手首が小指側に折れた状態で握るので、コックが使えず飛距離が望めません。フックグリップで握ることで手元が下がってきます。

ゴルフの基本ではグリップがとても大切です。握り方ひとつで飛距離が伸び、方向性も良くなります。アマチュアゴルファー必見です!

ゴルフで正しく構えるためには

適正なアドレスが構えられる方法をご紹介します。

アイアンのトゥ側に10円硬貨を2枚入れてください。10円硬貨に触れなければハンドダウン。硬貨が押しつぶされて10円がズレた場合は、手元が浮いている証拠になります。

10円硬貨に触れるか触れないかぐらいが理想になります。その時の手首の角度、腕の位置を覚えておきましょう。

ゴルフプレー中に、ボールが右に出る場合は、手が浮いている症状なので元に戻さなければいけません。ただ下ろすだけではボールとの距離が変わらないので、調整が必要になります。戻す方法として…

アドレスを取った時、手首を支点にして少しヘッドを上にあげます。その手首の角度をキープしてソール(地面にクラブを置く)します。ゴルフボールが1個分ほど遠くなるので、スタンスを前に移動してセッティングをし直すと元に戻ります。

逆にハンドダウンし過ぎたら、少し胸を張ることで、手元が上がり適正な高さに戻ります。

ハンドダウンのテクニックが使えるゴルフの場面

ショットのとき…

ゴルフコースは練習場のように平坦ではなく、アンジュレーションやバンカーなどが配置されていろいろな罠が仕掛けられています。

ゴルフで右方向に絶対行かしたくない時などは、グリップを少し落としてから打つといいでしょう。特にティーショットでドライバーをミスしたくない時など、ハンドダウンすることでスライスを防ぐことができます。

バンカーのとき

ゴルフのバンカーショットは、バンスを使って砂を爆発させて打っていきます。バンスを効きすためにはフェースを開きますが、その際手元が浮いてきます。

浮くとどうしてもダフリやすくなるので、一発での脱出が難しくなります。ハンドダウンにすることでヘッドが走りやすく、バンスも使えるようになるので、簡単に脱出できます。ゴルフでウェッジの抜けが良いとスピンもよくかかりますので、果敢にピンを攻めることができます。

グリーンエッジからピンが近いとき

プロゴルファーのように、シャフトを上手く使ってスピンをかけて止めたいところですが、アマチュアには少し難しいテクニックになります。

この場合、球の勢いを殺す方法が簡単ですので、意図的に手元を上げてわざと芯を外すことで、勢いが弱くなりピンの手前に寄せやすくなります。

パッティングのときは

下りの順目でグリーンが早い場合は、エッジからピンに近い時と同じようにトゥ側で打つと芯から外れるので転がりが悪くなり、ノーカンパットを防ぐごとができます。

逆にロングパットのときは、回転よく転がってほしいのでハンドダウンにしてボールのつかまりを良くして勢いをつけます。注意点としてあまり下げ過ぎてしまうと、ひっかけやすくなるので気をつけましょう。

ゴルフでパターの基本をマスターすれば、「−10打」は期待できます。最短最速上達法をぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ゴルフのハンドダウンなどについて解説してきました。いかがだったでしょうか。ゴルフのスイングではグリップの位置がとても重要です。

当日の調子で手を上下に移動させてスライスやフックを防いだり、ピンに寄せたりするテクニックとして重宝します。しかし通常のショットのときは、高さを一定に保つことで、ゴルフスイングが安定してきますので、飛距離やスコアを伸ばすことが期待できます!ぜひ、練習から意識してラウンドにつなげてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧