ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフはインパクト!腰の正しいポジションを解説

知識

ゴルフはインパクト!腰の正しいポジションを解説

ゴルフのインパクトを強くするには腰の動きが欠かせません!正しいボジションを習得することで、スイング軌道がオンプレーンになり無駄な動作がなくなります。ぜひご紹介する方法を試していただきドライバーの飛距離アップ、スコアアップにつなげてください。

ゴルフでボールを遠くに飛ばしたり、左右に曲げたりしないようにするにはインパクトがとても大切です。

打つ瞬間に下半身が正しく使えたら、スムーズにクラブを振り抜けます。いつもぎこちないスイングでラウンドするのはもったいないですよね…。毎回、ストレスなしの清々しい気持ちでゴルフをすることができるように、今回は腰のポジションについて解説します。

正しい動きを身につけることができたら、真芯でヒットすることができて球を遠くに飛ばせたり、風にも左右されない重い球が打てたりすることができます。ぜひ、一読していただき次回のラウンドで試してみてください。

ゴルフのインパクトはアドレスの再現ではない

ゴルフの打つ瞬間は「アドレスの再現」「カラダの正面で打て」とよく言われていますが、その打ち方だとドライバーの飛距離を落とし、スライスなどのミスを誘発しています。では、球をつかまえるにはどうしたらいいでしょうか?

身体の正面では打ったらダメ!

ゴルフのインパクトは、アドレスの再現だと思って身体の正面で打つと下半身が止まってしまいます。上体だけでクラブを振るので、たとえパワーがあってもボールを遠くまで飛ばすことはできません。そして、スライスしたり、フックしたりするので、球をコントロールができなくなります。

カラダの前とは、「下半身が先行し、打つ瞬間に肩のラインがターゲットと平行に真っ直ぐになっている」ことを言います。ゴルフでは、下半身は切り返しから動き続けてベルトのバックルが目標方向を向いていなければいけません。そのほうがしっかりと身体が回り、スムーズなショットができます。

ゴルフボールは「右腰の前」で打つ

ゴルフでは、トップからダウンスイングにかけて下半身が先行して動き、右の腰がボールの方を向いてきたタイミングで打っていきます。身体の右側面で捉えることを心がけると、自然と正しいポジションでヒットすることができます。

理想的なインパクトにするには…

BUMP(バンプ)を使いましょう。ゴルフのバンプというのはダウンスイングの時に行う体重移動です。ターゲット方向(左足から伸びる垂直線上まで)に腰をぶつけていきますが、注意点が1つあります。

「壁にぶつける」ときに、ぶつかって終わりになってしまわずに、同じ強さで回転することがゴルフではとても大切です。バンプを行ったあと回転させ続ければ、フォローにかけてヘッドを走らせることができます。

バンプの使い方です。ドライバーでフットワークが使えると「+20ヤード」は簡単にいけるでしょう。

インパクトを良くするには腕の使い方も重要!

ゴルフでトップのポジションからダウンスイングを下ろす時は、両腕は異なった動かし方になります。理想の形は「左肘が伸びて右肘が適度に曲がった状態でインパクト」の形を迎えることです。

プロゴルファーのフォームを後方から見ると、ボールを打つ瞬間は左が真っ直ぐに伸びて、右は適度に曲がった状態になっています。そして両肘の間にはスペースが生まれ、ターゲット側の景色が見えます。

ゴルフで飛ばすには、両肘の間から景色が見える形を作ることが大切になります。ダウンスイングで両腕が伸びた状態でインパクトしてしまうとタメもなく、力が入らないので飛距離を生み出すことが出来ません。

しかし、思いきり振ろうとすると力んでしまい両肘は真っ直ぐに伸びてしまいがちです。思いきり伸ばした方が早く振れて遠心力がかかりそうですが実際は逆です。体の回転を使うには右肘は曲がっている状態が理想的です。

ゴルフで正しくインパクトを迎えるには…

シンプルに構える(アドレス)

ゴルフの構えで膝の角度はとても重要です。膝を曲げる目安ですが、太ももの前と後ろの筋肉に均等に力が入っている状態がとてもいいバランスです。

肩は水平にします。両足の重心配分を左右50:50にすると自然に水平になります。ドライバーショットのときは、ボールが少し左足側に寄っているので、少し右に傾きます。

ゴルフで姿勢よく構えるためには、足のつけ根から上体を倒すと傾きが大きくならずに、きれいな前傾姿勢になります。注意点として、猫背になったり、胸を張って上体を真っ直ぐにしようとして背中を反りすぎたりすると、背筋にしか力が入らないのでバランスが悪くなります。

ゴルフをプレーする上で基本になるのがグリップです。ゴルフ女子もしっかり握れると飛距離がアップして上達も早くなりますよ。

振り抜いて大きいフォローを取る

インパクト後、無理に手を伸ばそうとしてはいけません。ゴルフでフォロースルーを作るには2つのポイントがあります。

・左の肩・腰をターゲット(飛球線)よりひだり側に回転させる
・グリップを飛球線上に真っ直ぐ出していく

という2つのポイントを意識しましょう!インパクトからフォロースルーにかけて、左の肩・腰というのは、ターゲット(飛球線)の方ではなくて、ターゲットよりも左側に回転させていきます。

注意点として、体を突っ込まないように気をつけましょう。前傾姿勢を保ち、インサイドインの軌道でゴルフクラブを振ることにより大きなフォローを取ることができます。

フォロースルーが大きくなるとフォームが格好よくなります。女子プロのレッスン動画です。視聴するとティーショットに自信がもてますよ!

まとめ

今回の記事では、腰の正しいポジションについて解説しました。動きを身につけることで、テイクバック、トップ、フォローがとてもスムーズに行うことができます。ゴルフは下半身が重要です。使い方しだいで上達のスピードが上がります。ぜひ試してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 0

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧