ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ドライバー「理想の重さ」を調査!HSにあわせた選び方

知識

ドライバー「理想の重さ」を調査!HSにあわせた選び方

ドライバー、思ったように飛ばせていますか?飛距離を出すにはスイングも大事ですがクラブの重さも大切なポイントです。今回は自分に合った選び方のコツをお伝えします。ヘッドスピード別の目安も紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

ドライバーはいつでも爽快に飛ばしたいですよね。しかし、大事なときに限ってダフってしまったり、急に右に曲がったりするミスが出てしまう…。その原因はドライバーの重さにある可能性があります。

ゴルフでは重すぎるドライバーを使っていると、ダフリが出てしまったり、ラウンドの終盤でうまく振れなくなることがあります。上がりの3ホールになるとどうもうまく振れなくなる、ミスが突然出てしまうということはありませんか?

今回はヘッドスピード別にドライバー理想の重量を紹介します。自分に合ったクラブ選びのためにぜひ参考にしてみてください。

理想的な重さとは

ドライバーは、遠くまで飛ばすためのクラブです。ゴルフで飛距離を伸ばすためには基本的に重くなっている方が有利になります。

ボールに伝わるエネルギーはヘッドスピード(HS)が高いほど大きくなります。もし同じ場合は、重いほうが衝突して反発する力が大きくなるのでエネルギーは大きくなり、飛距離は出やすくなります。

ゴルフで理想的なのは自分が振り切れる範囲で重いドライバー』ということになります。

クラブがある程度、重いと手を使わずに全身を使ってスイングをすることになります。

HSも出やすくなりますしボールに当たり負けすることがないので、初速も出ます。また腕や手を使って振ることがなくなるので、スイングの再現性も上がります。

振り切れる範囲で重いものを使うと、いつでも同じ振り方ができてミスも減らせる効果があります。

「重すぎ・軽すぎ」で出る症状

重すぎる場合

「振り切れる範囲で重いこと」がベストです。単に「重い」といろいろな弊害があります。

重すぎるクラブを使うと自分のパワーでは振り切れなくなるので、ヘッドスピードが落ちて遠くまで運べなくなります。またバランスを崩してダフリなどのミスも起きやすくなります。

上がりの3ホール、4ホールでショットが曲がったりダフったりする人は、疲れたときに重さを支えきれなくなっている可能性があります。前半は大丈夫に思えても、知らず知らずのうちに重さでダメージを受けて、ミスにつながっているかもしれません。

軽すぎる場合

軽すぎるとスイングに緩みが生まれてしまいます。

軽いと振れる気がしていいように思えますが、ドライバーの重さを支えなくても振れてしまうので、いつの間にか動きに緩みが出てしまいます。手だけで振ってしまったり当てにいく動きになってミスにつながります。

緩んだ動きを練習でも続けて癖になってしまうと、もっと遠くまで飛ばせるはずなのに、大きく振れなくなり本来の能力が発揮できなくなります。また軽すぎるものを使うとヘッドが暴れやすくなるので、ミート率も下がってしまいます。

↓↓↓ドライバーでミート率が低い場合に試したい5つのコツを紹介します。飛ばすために欠かせないテクニックなのでご覧ください。

ヘッドスピード別の目安

ドライバーはアイアンよりも軽量にできています。「軽い」と言われているもので270g程度、重めとされるもので330gほどというのがおおよその重さになります。

HS別に見た適正な数値を紹介します。一般的な男性は300グラム前後が目安です。軽く感じる、など感覚の部分は人によってもだいぶ違うので気になるときはぜひ計って比較してみましょう。

・38以下(女性やシニア男性)     270~300g
・39~43(一般男性、女子上級者)  300~310g
・44~47(パワーある男性、上級者) 310~325g
・48以上(男性ハードヒッター、プロ) 325g~

年齢別の基準

あくまでも一般論ですが、年齢別に見た適正重量は以下のとおりです。こちらも参考にしてみてください。

・40歳以下   310グラム(±10g)
・40歳~50歳   305グラム(±10g)
・50歳~60歳   300グラム(±10g)
・60歳以上   290グラム(±10g)

長尺という選択肢もアリ

ヘッドスピードが低くても飛ばしたいゴルファーに向けて開発されたのが「長尺」と言われるドライバーです。

HSが低いゴルファーは軽いドライバーしか使えず、最大飛距離が低くなってしまいます。しかし、ドライバーを長くすることで遠心力を高めてクラブを速く振れるように工夫されています。

重量も軽く作ることで、力がない人でもスイングしやすく設計されています。ただし、シャフトが長いことで振り遅れにつながることもあるので注意が必要です。

「45インチ~46インチ」が最近の標準的な長さ。これより長いものは「長尺」部類に入ると言っていいでしょう。興味のある方は試打などをしてみてください。

↓↓↓長尺ドライバーの使い方と飛距離を伸ばすためのコツを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

選び方のポイント

「振れる範囲でできるだけ重く」というのは、振る速さを測りながら試すとより正確に選べます。

試打をしていくと、ある重さ以上のドライバーを使った場合、振る速さにばらつきが出てきます。ばらつきが出たときはラウンド後半でドライバーが振れなくなる可能性が高くなります。

その一歩手前が最適な重量となります。

ショップで計測してもらうときには今使っているドライバーを持っていくと、詳しい比較ができます。新しいものを試打するときにも違いがよくわかりますし、今のものが合っているかどうかチェックもしてもらえます。

↓↓↓ドライバーの構え方のポイントをチェック!会心のショットを打つためにぜひ参考にしてみてください。

↓↓↓肩甲骨の使い方がポイント!ドライバーで+10ヤードするための秘訣をお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください!

まとめ

今回はドライバーの理想の重さについて解説しました。紹介した重量についてはあくまで基準となるもので人によって振りやすさや最適なものは変わってきます。これまでの経験や好みもあると思いますので、選ぶときは自分の感覚を大切にしてみてください。気になる方はぜひショップなどで計測をしてみましょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 0

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧