ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフは縦振り・横振りどっちが正解?解析の結果は…

知識

ゴルフは縦振り・横振りどっちが正解?解析の結果は…

ゴルフの「縦振り」と「横振り」について紹介します。どちらもメリット、デメリットがあり、あなたの体格によっても打ちやすさが決まってきます。それぞれの打ち方にありがちなミスも調査したので、ぜひ普段の練習の参考にしてみてください。

あなたのゴルフスイングは「縦振り」と「横振り」どっちのタイプですか?

スイングの仕方は大きく分けると2つに分類され、どちらも生まれ持ったゴルファータイプによって得意・不得意があります。トップの位置や前傾姿勢などから、あなたがどちらの振り方をしているか判別することができます。

それぞれの振り方には「スライス球になりやすい」「飛距離を出しやすい」などの特徴があるので、自分がどちらの振り方をしているか明確にすることで効果的な練習法などが取り入れやすくなります。

今回はそれぞれの違いやメリット、デメリットについて紹介しますので、ぜひゴルフ上達の参考にしてみてください。

ゴルフの「縦振り」「横振り」とは

参照:youtube

「縦振り」というのはトップの位置が高く、地面に対して鋭い角度で下ろしていく打ち方のことです。「アップライト」とも言われます。体の前で左右にヘッドを動かして体重移動で飛距離を伸ばしていく方法です。

アメリカ・PGAツアーで活躍しているダスティン・ジョンソンの動きを動画で紹介します。

 

参照:youtube

一方「横振り」というのは比較的低めのトップで、斜め後ろから少し小さめの軌道でボールをとらえる打ち方です。「フラット」とも言います。体を軸にしてヘッドが円を描き、遠心力を使って飛ばしていく動作です。

PGAツアーに参戦しているマット・クッチャーを例として動画で紹介します。

ドライバーとアイアンで動きは違う

ゴルフでは「ドライバーは横、アイアンは縦振り」とよく言われます。確かに軌道を見ると違っているように見えるかもしれません。

ただ、基本となっている動きはクラブが変わっても同じです。最初に構えた角度に合わせてシャフトを上げていき、ほぼ同じ位置に打ち下ろしていきます。

あなたに最適な打ち方はどっち?

どちらが正しいということはありません。ゴルファーの体格や使うクラブによっても少しずつ、スイングの傾向は変わってきます。

たとえば同じ番手を使っても、身長が高いゴルファーはアドレスの時点で上半身の前傾が強くなるのでアップライトになりやすくなります。逆に背が低いゴルファーは前傾の角度が小さくなるのでフラットになりやすくなります。

またドライバーのような長いものを使うとフラットになりやすく、ウェッジなど短い番手と使うと前傾が深くなるのでアップライトになりやすいという特徴もあります。

メリットとデメリット

縦振りは上から見たヘッドの軌道が楕円になります。インパクトゾーンは長くなり、ボールの方向性がよくなるというメリットがあります。

ヘッドが高い位置から下りてくるので、遠心力を利用できるため、ゴルフで飛距離を出しやすいという特徴もあります。

しかしデメリットとしてスライスが出やすいということもあります。トップが高めになるので、アウトサイドインになりやすく、フェースが開いて右に曲がりやすくなります。

それに対して、横に払う打ち方はゴルフの動作が安定しやすいことがメリットです。

体の軸を安定させて遠心力で振っていくので、体重移動を使う縦振りよりも動きがシンプルになっています。再現性を高めやすく、軌道がブレにくいのも特徴です。横から球打つので、ドライバーなど長いクラブを使ったときにも打ちやすくなります。

デメリットはインパクトゾーンが短いことで、左右へのミスが出やすい点があります。フェースの開閉にシビアなので、どうしても真っすぐとらえるのが難しくなります。

またゴルフクラブの動きがコンパクトになるので、大きな力が生み出しにくく、飛距離がやや伸びづらい傾向があります。アイアンを使うときに球との距離に注意しないと遠心力に負けてシャンクが出やすくなります。

構えるときの目安

どちらも間違いではありませんが、注意すべきなのは過剰にフラット、アップライトになってしまうことです。

目安としては背中のラインに対してシャフトが90度前後になるように構えることです。後ろから見たときの、ベルトのラインとシャフトのラインがどうなっているかで角度がわかります。

もちろんゴルファーによって体の特徴や柔軟性が違うので、角度が違っているのは大きな問題ではありません。しかし前傾が浅くなったり深くなったりしすぎるとゴルフではミスの原因になります。

ミスにつながる打ち方

前傾が浅すぎて棒立ちになってしまうと、過剰な縦振りになってしまいます。軌道はアウトサイドインになり、トップやスライスが出やすくなります。

逆に前傾が深すぎて前かがみになってしまうと、シャフトが寝てしまい、軌道はインサイトアウトになります。結果としてフックになったり、ダフリも出る原因になります。

↓↓↓ゴルフのアウトサイドインを修正するためのドリルを紹介します。すぐに効果が出る方法なのぜひチェックしてみてください。

理想的な動きを身につけるコツ

鏡を使う

過剰に縦振りや横に振る動きになっていないか鏡を使ってチェックしましょう。

ターゲット方向とは逆から見ると、どのくらい上半身が傾いているか、一目でわかります。打ちっぱなしなどにある大きな鏡の前で構えてみるとよくわかります。

またスマホなどで、自分がどんな構え・動きをしているか撮影してみるものいいでしょう。

プロに診断してもらう

なかなかスイングが安定しない…、自分で撮影してもどこを見てどこを改善すればいいのかわからない…そんな方は一度プロに診断してもらうのも上達への近道です。

自分がどんな振り方をしていて、どこに改善点があるのかをプロ目線で見てもらうことで、これまで気付かなかったミスの原因や改善法が明確になり、効果的に上達することができます。

本格的なレッスンはまだちょっと…という場合は、オンラインレッスンを受けてみるのもおすすめです。自分で撮ったスイングをメールで送るだけのたった2ステップで、後日アマチュアのレッスンに特化した人気プロゴルファーからアドバイスが届きます。

↓↓↓人気プロゴルファーによるスイング解析はこちらをご覧ください。上達のためのコツお教えします。

まとめ

今回はゴルフの2つのスイングについて紹介しました。スイングの仕方は人によっていろいろで、筋力などによっても向き、不向きはあります。しかし姿勢が極端に起き上がったり深くなりすぎたりしていると、ミスを生む原因になります。調子が悪い、うまく当たらないことが続くなと思ったときは鏡やスマホを使って自分の動作を修正してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×