ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識シャドースイングで気を付けるべき3つのポイントとは?

知識

シャドースイングで気を付けるべき3つのポイントとは?

ボールを使わず自宅でもできる、手軽な方法がシャドースイングです。コツを抑えて取り組むとゴルフのフォーム改善に大きく役立ちます。今回はシャドースイングのやり方と、チェックすべき3つのポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ゴルフの練習というと「打ちっぱなしで球を打つ」というイメージがありますが、実はそれ以上に上達に役立つ練習法があります。

それが「シャドースイング」です。

実際にクラブを持たずに振る事でゴルフの正しい動きを身につけることができます。ゴルフでは、球に当てたい!飛ばしたい!という気持ちが力みを生み、ミスする動作に繋がってしまいます。

まずはシャドースイングを行ってから実際にショットすると習得スピードが大きく違ってきます。今回は、行うときのコツとチェックポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シャドースイングとは

ゴルフクラブを持たずに振る練習のことです。

目的は正しいフォームを習得することです。ゴルフクラブを持ってしまうと重さや遠心力でフォームが崩れてしまいやすくなります。なぞるように動作をすることで、理想的な動きを体感できます。

取り組むときには、ただ単に動きを繰り返すのではなく、正しい動きができているか、軸をしっかり保てているかを意識しましょう。アドレス~フィニッシュまで一つ一つを見てゆっくり確認しながら行います。

取り入れるメリット

打ちっぱなしだけではなく、自宅などいろいろな場所で取り組めるのが大きなメリットです。ちょっとした時間でもできるので、手軽な方法です。

ゴルフボールを打つとどうしても行方が気になってしまいます。身体の動きだけに集中できるので、本当にゴルフに必要な動作が何か、しっかりと感じ取れます。

上達するためのコツ

鏡を見る

最大限の効果を上げるためには鏡を使いましょう。自分がどんな動作をしているかがわかり修正できます。

鏡に対して正面を向いた状態、あるいは飛球線の後方に置いた状態で行います。トップやインパクトなどそれぞれのポジションで正しい位置にクラブがあるか、腕や体の使い方がズレたりしていないでしょうか。

鏡を使うことでフォームの問題点も明らかになりどう修正したらいいのかとてもわかりやすくなります。

途中で止める

いつもの練習で球を打つときのように一気に振り抜くのではなく、一つ一つのゴルフの動作をゆっくりとしていきます。

アドレスからテイクバック、フィニッシュまでどう体が動いているか気になるポイントは止めてチェックします。どこに問題があるかも判別しやすく、体がブレたりしているとすぐに直すことができます。

↓↓↓ゴルフで100切りをするためにおすすめのレッスンをまとめました。目標達成のためにぜひ参考にしてみてください。

3つのチェックポイント

シャドースイングをするときに特に注意したい3つのポイントを挙げます。

頭の位置

頭の位置が動かないように意識しましょう。

ゴルフでは頭が動かなければ体が左右に動くことも制限できて、軸を真っすぐに保ちやすくなります。ドライバーやフェアウェイウッドなど長いクラブの場合は特に遠心力に負けて軸もブレがちです。真っすぐに軸を保つことで長いものでも安定したショットを打てるようになります。

腰の位置

ゴルフでは打つときに腰が左右に大きく流れてしまうと、アドレスのときに作ったインパクトの位置がズレてしまいます。

トップやダフリなどの原因になり、飛距離も伸びなくなってしまいます。腰が流れていないかも鏡で見て修正しましょう。

右膝

右膝が大きく外に動いてしまうと、パワーがたまらずに飛距離が伸びなくなります。

また、何とか飛ばそうと力を入れると腕や手に頼った振り方になって、スライスなどのミスも増えてしまいます。右膝が外に逃げないようにします。

↓↓↓やっぱりゴルフでは飛距離も出したい!そんなあなたに飛ばせる打ち方に共通する3つのポイントを紹介します。ぜひご覧ください。

おすすめの練習方法

鏡の前で行うシャドースイングのほかにも、ゴルフボールを使わないでかんたんに行うことができるドリルを3つ紹介します。ゴルフで正しい振り方を身につけるのに効果的です。

頭・お尻を壁につける

壁を前にしてゴルフの前傾姿勢を取ります。おでこの部分を壁につけて固定したまま振る動きをしていきます。軸を安定させたままで体を回転させていく形がとてもよくわかります。

逆を向いてお尻を壁につけて上半身を回転させるドリルも試してみてください。前傾姿勢を保ったまま上体を回すイメージがわかります。

ゴルフクラブを逆に持つ

クラブを普段とは逆、ヘッドの方を持って素振りをしてみてください。

振ると「ビュン」という音がすると思います。どこで「ビュン」と鳴っていますか?力を抜いて速く振ることができれば、自分の左側で音がします。逆に力んで腕だけで振っていると右側で音が鳴ります。適度にリラックスして振っていく感覚がつかめます。

アイアンを肩に当てる

出典:Youtube

アドレスしたあと肩にアイアンを当ててシャドースイングしていきます。

アイアンを当てることで肩の回転方向がわかりやすく、また過度に傾いたときには修正しやすくなります。ゴルフで体の軸を安定させるためにも役立ちます。

↓↓↓ゴルフの基本を徹底解説!ドライバーからウェッジまで使い方を総まとめしましたのでぜひチェックしてみてください。

↓↓↓初心者におすすめのプロゴルファーの振り方を動画で紹介します。上達のためにぜひ役立ててください。

まとめ

今回はゴルフのシャドースイングについて紹介しました。ゆっくりとした動作をすると意外と負荷がかかり筋肉痛になることもあるかもしれません。

しかしボールを打つ練習ではなかなかわからない改善点やブレが確かにわかって修正できるのがメリットです。自宅でもできる方法なので、ぜひ普段の生活の中でも試してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×