ゴルファボ TOP知識ゴルフ!正しいスイング軌道を習得するための4ステップ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ!正しいスイング軌道を習得するための4ステップ

ボールが曲がってしまう、飛距離がいまいち伸びない。改善のために大きな効果があるのがスイング軌道の修正です。ゴルフで正しい動きをマスターするための4つのドリルを紹介します。芯でとらえて飛距離を伸ばすためにぜひ参考にしてみてください。

肝心なときにスライスが出る、ドライバーで右に曲がる癖がなかなか直らない…。

その原因はスイング軌道の「アウトサイドイン」かもしれません。アウトサイドインになっているとスライスの原因になるだけではなく、ボールにパワーが伝わりにくくなるので飛距離も伸びなくなってしまいます。

スライスを改善するにはインサイドインという正しいゴルフの振り方を身につけることがもっとも効果的。飛距離アップにもつながります。

今回はゴルフで正しいスイング軌道を身につけるための4つのステップを紹介します。ぜひ試してみてください。

正しいスイング軌道とは?

ゴルフで理想的なスイング軌道はインサイドインです。

クラブヘッドが内側から入って、インパクトではターゲットに対してスクエアになり、フォロースルーでは内側に抜けていく軌跡になります。

ゴルフでこの打ち方ができるとミスショットが出にくくなるのが大きなメリット。また、体の捻転で溜めた力が伝わりやすく、芯を捉えることができるので遠くまで飛ばすことができます。

ミスが出やすい2つのパターン

アウトサイドイン

特にアマチュアゴルファーに多いのがこの形です。体の外側からヘッドが入ってきて球をヒットしたあと、内側に抜けていきます。

肩の回転が不足していたり、上半身が早く開いてしまうと、クラブが外側から入ってくる原因になります。右回転がかかるので弾道はスライスに。

また、トップからインパクトにかけて体重移動がうまくいかず、右足に重心が乗ったままのときもこちらのスイング軌道になります。

インサイドアウト

体の内側からヘッドが入ってヒットしたあと外側に抜けていく動きのことです。肩が回転しすぎていたり、軸が右に傾いているとこの形になります。左回転がかかるので弾道はフックに。

さらに極端になるとネック部分に当たり、右斜め方向に飛び出す「シャンク」の要因にもなります。

↓↓↓ドライバーがうまく当たらない…。ゴルフでミート率を改善するためには5つのポイントがあります。ぜひ試してみてください。

正しい軌道で振る3つのコツ

前傾姿勢

ゴルフクラブを振るときには、アドレスで作った前傾姿勢をキープするようにします。

前傾姿勢が崩れると体の軸もブレてしまうので要注意です。前傾の角度を変えないことで軸を固定することができます。回転に合わせて手や腕がついてくるようにするとより安定した振り方ができるでしょう。

肩の回転

ゴルフで肩の回転が足りないと外側からクラブが下りてくる原因になります。

イメージとしてはトップの位置で背中がターゲット方向を向いているようにするのがコツ。背中の向きを意識することで自然と肩もよく回すことができます。肩がしっかり回ることで大きな筋肉を使った振り方ができるので飛距離アップにもつながります。

ダウンスイング

インパクトの前に頭が上がる「ヘッドアップ」にならないように注意。頭が動くと体が早く開いてスライス・プッシュアウトになります。

またトップの位置からはグリップエンドをボールめがけて振り下ろすのがポイント。右足のつま先をヘッドが通過するイメージで打つとインサイドインで振り抜けます。

↓↓↓ゴルフの基本となる動きを徹底解説!ドライバーからアイアン、ウェッジまで振り方をわかりやすく紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

習得のための3ステップ練習法

正しい動作をマスターするための3つの方法を紹介します。

左手1本ドリル

左手だけでゴルフクラブを振っていくメニューがおすすめです。

頭が動かないように注意して、左脇はしっかりと締めて振っていきます。長いものだと最初は難しいので、ウェッジなど短いもので試してみましょう。ゴルフで重要な左手主導(左利きの場合は右手)の動きがつかめます。

左脇が締まることでフェースを閉じる動きも身につけることができます。

両足を揃えて打つ練習

両足をくっつけた状態で打つ練習もとても有効です。

ゴルフで必要な軸を真っすぐに保つ動きが身につき、体の回転を使って打っていくイメージがよくわかります。手打ちや体が開く癖の改善にも効果がある方法です。

最初に取り組むとき、バランスが取りにくいと感じる場合は素振りから始めるといいでしょう。慣れてきたら実際にゴルフボールを打っていきます。

ボールを3つ使うドリル

3つのボールを並べて打つ方法も効果的です。写真のように右足の前(手前側)と左足の前(奥側)にも球を置いて、真ん中だけを打っていきます。

うまく打てれば、理想的なヘッドの動きができている証拠。間違ったスイング軌道で打ってしまっていると左右のゴルフボールに当たります。動きの感覚をつかむものなので、全力ではなく軽く振って確かめてみてください。

上下にボールを置くのはちょっと危険という場合は、ペットボトルなどを置いても効果的です。

まずは自分の動きを把握しよう!

自分がどんな動きをしているのかいまいちよくわかっていない。そんな人にはプロによる解析が有効です。

あなたが普段、どんなスイング軌道をしているのか、外側から入ってきていないか、プロに診断してもらうことで、自分では気付きにくい癖や悪い動きがわかります。

自分のフォームを撮影→メールで送信するだけのかんたん2ステップで、あなたの動きに合わせた上達アドバイスが届きます。プロからの的確なポイントレッスンは、正しい動作を習得するために非常に有効でしょう。

↓↓↓プロゴルファーによるオンラインレッスン詳細はこちら。ゴルフ上達のコツをお教えします。
たった5分であなたのゴルフが変わる!人気講師のオンラインレッスンとは…?

まとめ

今回はゴルフで正しいスイング軌道をマスターするための4つのステップを紹介しました。ゴルフでなかなか直らないスライスを減らすためにも効果的で、飛距離アップにもつながります。紹介した4つのドリルをぜひ試して改善のために役立ててください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

吉本巧レッスンスクールが話題!上達満足度98%の理由とは‥?

  • 0

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ライザップゴルフが100切りコミットできる秘密を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 0

特集一覧