ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフでラフショットを成功させるための5つのポイント

知識

ゴルフでラフショットを成功させるための5つのポイント

ゴルフのラフショットを成功させるためのポイントと注意すべき点をご紹介します。いつも飛ばなかったり、グリーンからこぼれたりしてしまう。そんなあなたでもコツを知ることで、ドライバーを曲げても難なくリカバリーすることができます。ぜひご覧ください。

ゴルフのラウンド中で厄介なのがラフショットです。芝に埋まったライからは、フライヤーで飛距離が出過ぎたり、逆にドロップして飛ばなかったり…。

葉の伸び具合で影響を受けるので、セカンドやサードショット、アプローチで思い通りに打つにはいくつかの注意すべき点があります。

今回の記事は、ゴルフでラフショットを上手く打つための5つのポイントをご紹介します。

それぞれの場面で、打ち方、アイアンやウェッジの選び方が重要になってきます。それを見誤ってしまうと、空振りをしたり、さらにまたラフショットを打ったりしなければいけません。ぜひご紹介する内容を試していただき、次回のゴルフ場でのラウンドに役立ててください。

ラフショット|クラブの軌道を知ろう

ゴルフでは、短く刈られたところからはとても打ちやすいのですが、球がかぶさるような長い芝生からだととても打ちづらく距離も合わせにくくなります。

通常はヘッドの入射角度は緩やかの方が、芯に当たる確率が高くなり、フェースのスコアラインに引っかかって最適なスピンがかかりますが、インパクトでヘッドとボールの間に芝が挟まるとスピン量が減ります。

そうなるとヘッドススピードが早ければ飛び過ぎてしまい、逆に遅いとドロップしてまったく飛びません。うまく距離を出すにはゴルフクラブの軌道が鍵になります。なるべく芝にかからないように通常よりも鋭角に、ダウンブロー気味に降ろしてくることが求められます。

ゴルフでラフショットをしないためには、ドライバーを曲げないことです!特にスライスは撲滅させたいですよね。参考にどうぞ!

ゴルフでラフショットを成功させる5つのポイント

クラブを鋭角に降ろすには、5つのコツ押さえるとても簡単になります。ぜひ試してみてください。

インパクトではグリップをしっかり握る

通常のゴルフスイングでは、グリップ圧は自然に力が入る程度でいいのですが、ラフショットの場合は根や葉の抵抗に負けてしまうと、フェースが返ってひっかけのようになり、さらに深いところにいく可能性出てきます。

それを防ぐにはいつも以上に握りを強くしてフェースが返らないようにしなければいけません。

握るコツは、ダウンスイングからインパクトにかけて力をMAXにすることです。アドレス時から”ギュッ”とにぎると力が分散してしまうので、ゴルフボールに当たる瞬間に力を入れていきましょう。

注意点として、手首に痛みを感じらたら無理に振り抜かず途中でスイングを止めましょう。

手首をケガすると他のクラブも思うように振れなくなりゴルフどころではなくなります。プロゴルファーも“ヤバイ”と思ったらクラブを離していますので、かっこ悪いですがケガするよりはいいでしょう。

自分に合う握り方だとインパクトであまり緩まなくなります。どの形が合うのかチェックしてみてください。とても参考になる記事です。

1~2番手下のクラブを持つ

ゴルフのラフショットでは、できるだけ1回で脱出することが大切です。パッティンググリーンの近くに寄せることが理想ですが、無理は禁物です。

同じ距離を打つときでも、1~2番手下げてコンパクトなゴルフスイングを心掛けてください。マン振りは危険です。クリーンにヒットすることは不可能に近いですので、無理せずにいきましょう。狙いにいくとひっかけや大叩きの原因になります。

ゴルフボールを右足寄りに置く

球の手前に草がないほうが絡まないので、より力を伝えることができます。絡む度合いが大きければ大きいほど抵抗が大きくなり、ゴルフでは距離が出なくなります。

抵抗を減らすために通常の位置よりも少しだけ右足側にします。ハンドファーストが強くなりますが問題ありません。右足側にすることでアイアンが鋭角に降りてくるので、少しだけ抵抗の量を減らすことができます。

フェースを開く

ゴルフボールが沈んでいる場合は逆目のときが多いので、バンカーのように少しフェースを開くとヘッドの抜けが良くなります。右にプッシュしそうな感じになりますが、多少葉が絡んでスクエア程度に戻ってきます。

ゴルフで球が浮いているときは順目の場合が多く、フェースを開く必要はありません。通常のように打っても大丈夫です。ただ、注意点としてダルマ落としになる危険性もあるので、過度なダウンブローは避けましょう。

ゴルフでアイアンのヘッドを低く出そうとすればするほど、地面と平行に移動し、ボールに対しての直進力が強くなります。

深いラフだと上がらないので、多くの人がかちあげたり、あおるスイングをしたりしてしまいます。高く上げて距離を稼ごうとボールをかち上げてしまうと、インパクトの直前直後にかけてアイアンのヘッドが上昇してしまい、インパクトゾーンで押せる時間が短くなってしまい、結果的に遠くに飛ばすことができなくなります。

打つ時にはできるだけ、低くアイアンを出していくイメージで、ゴルフスイングすることを意識してください。

素振りをして確かめる

ゴルフのラフショットの最大のコツは、打つ前に似たライで何度か素振りをして、ヘッドの抜けや芝の状況を確認します。そうすると本番でも打ちやすくなります。

ショットをする前に、今お伝えしたことを意識して何度か同じ深いラフの環境で練習してください。抵抗がどんなものかが伝わってくるので体が覚えることができます。厳しい環境に体をなじませてから、実際に打つとミスが減ります。

注意点として、球の横で素振りをするとアドレスが右を向いてしまうので気をつけましょう。ゴルフボールの後ろで練習を行ったあとアドレスを取ると正しくターゲットを向くことができます。

深くもないけど浅くもない…よくある中度のラフショットの打ち方のコツはこちらのレッスンを参考にしてみてください。アプローチが上手く寄ります!

まとめ

ゴルフのラフショットを打つポイントは…

・グリップをしっかり握る
・1~2番手下のクラブを持つ
・球を右足寄りに置く
・フェースを開く
・素振りをして確かめる

芝やボールの状態を判断して適した打ち方でいきましょう。また、想定よりも飛んでしまうので番手を下げて調整していきましょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×