Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP知識アイアンで”距離の打ち分け”がうまくなる4つのポイント

知識

アイアンで”距離の打ち分け”がうまくなる4つのポイント

ドライバー→FW・UT→アイアン→アプローチ→パターの順に狙うべきゾーン(球の落としどころ)はどんどん狭くなります。

ティーショットではとりあえずまっすぐフェアウェイに飛べば問題ありませんが…それ以降のショットはたった数ヤードの「寄った」「寄らなかった」がスコアに大きく影響します。

しかし、なかなかアイアンの距離感が合わずお悩みの方も多いのではないでしょうか?アイアンの打ち分けにはいくつかの方法があり、初心者にもおすすめのかんたんなものから、少しレベルの高い技までいろいろあります。

そこで今回は、ゴルフ初心者でも取り入れやすいポイントだけを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アイアンの”打ち分け”おすすめ習得法

番手(アイアン)を変える

もっとも基本となるのが「番手を変える」です。各アイアンごとの平均飛距離を把握することは、スコアアップはもちろんゴルフ上達に必須の要素です。

自分の番手ごとの数値を基準にして、以下で紹介する方法を取り入れていくことで、数ヤード単位の調整が可能となるでしょう。(ゴルフメーカーによってロフト角が変わり飛距離も違ったりするのであくまで目安と考えてください。)

グリップの長さ

クラブのグリップを短く持つことでボールを通常よりも飛ばなくすることができます。

スイングイメージやフォームを変えることなく出来るのでゴルフ初心者にもおすすめです。しかし、アイアンを短く持った分、振りやすくなり、気を付けないとリズムが早くなりがちです。急ぎ打ちしてまうと上級者でもナイスショットは難しいので注意してください。

クラブを短く持ったときほど、いつもよりゆったり振るイメージで打つことが大切です。

スタンス幅

スタンス(足幅)を広げたり狭めたりすることで調整できます。

大きく広げると下半身にパワーが生まれやすくなりますが、回転運動がしにくくなるという特徴があります。反対に狭くするとパワーがロスされますが体の回転がしやすくなります。

極端にやるとスイングフォームに影響が出てしまうので、少しずつ試して丁度よい位置を見つけてみてください。基本は7番アイアンで肩幅程度です。

振り幅

フルショットからスリークオーター(4分の3)・ハーフ(半分)クオーター(4分の1)と振り幅を小さくしていくことで、距離を調整できます。

打ち方のポイントは、①振り上げた分だけフォローも出す、②スイングを弱めない、です。スイングがコンパクトになると動作を急ぎ過ぎたり、手元で強弱を調節してしまいがちです。

まずはハーフスイング(時計の針で言えば9時まで上げて3時までフォローを取る)を繰り返し練習してください。このエリアを安定して振れるようになると、ミート率が上がり飛距離・方向性共に大きくアップします。

初心者におすすめの方法はどれ?

習得レベルが易しい順に取り入れていくことをおすすめします。

まずは最適なアイアンを選択することを前提として…、①グリップ ②スタンス ③振り幅、の順に調整していくと打ち分ける技術を身につけやすくなるでしょう。

まずはアイアンのグリップを指2本くらい短く持ってスイングしてみてください。クラブを握る位置だけなので、感覚的にはほぼ通常の一打と変わらないと思います。そこから、通常のアドレス、通常のスイングをすれば5ヤード前後短くなるはずです。

ご紹介した4つはドライバーやアプローチでも使えるテクニックなので練習で試してみてください。

>>>グリップはゴルフの基本!アイアン上達もすべてはここからスタートします。

スイングスピードについて

クラブを振る速さで調整するという方法もありますが、あまりおすすめは出来ません。

上級者でもない限りは、上記でご紹介した4つのほうがアイアンのミス率が少ないので取り入れやすいでしょう。

スイングスピードに強弱をつけようとすると、手打ちになってしまったり、リズムが崩れて精度が落ちてしまう可能性が高くなります。アイアンは番手ごとの長さ・重さも違うのでショットのイメージも変わってしまいやすくなります。まずは練習で「グリップ」から始めてみてください。

>>>まずは自分の飛距離(ヤード数)の目安を知りましょう!100切りにも必須の要素です。

まとめ

アイアンの距離をうまく打ち分ける4つのポイントをご紹介しました。

狙い通りの場所にボールを運ぶにはできるだけ難易度の低いものから取り入れましょう。アイアンの10ヤード単位、または5ヤード単位の細かな調整ができるようになりスコアも大きくUPするでしょう。

すべての要素でやってはいけないことは、ヘッドスピードを弱めてしまうこと。手打ちになりやすく再現性が低くなるので練習の段階から注意してください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわか …

【2021年版】おすすめドライバー30選と正しい選び方のポイントを徹底解説いたします!新品・中古、新・旧モデル含めてどんなドライバー ...
  • 知識
  • 117

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 55

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 111

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 929

特集一覧