ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識アイアンで”距離の打ち分け”がうまくなる4つのポイント

知識

アイアンで”距離の打ち分け”がうまくなる4つのポイント

アイアンを打ち分ける4つのポイントをご紹介します!狙ったところに全然打てない…距離感がまったく分からない…そんな初心者にも、まず試してほしい易しい習得術とは…?100切りするために必須のスキルをぜひ練習してみてください!

ドライバー→FW・UT→アイアン→アプローチ→パターの順に狙うべきゾーン(球の落としどころ)はどんどん狭くなります。

ティーショットではとりあえずまっすぐフェアウェイに飛べば問題ありませんが…それ以降のショットはたった数ヤードの「寄った」「寄らなかった」がスコアに大きく影響します。

しかし、なかなかアイアンの距離感が合わずお悩みの方も多いのではないでしょうか?アイアンの打ち分けにはいくつかの方法があり、初心者にもおすすめのかんたんなものから、少しレベルの高い技までいろいろあります。

そこで今回は、ゴルフ初心者でも取り入れやすいポイントだけを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アイアンの”打ち分け”おすすめ習得法

番手(アイアン)を変える

もっとも基本となるのが「番手を変える」です。各アイアンごとの平均飛距離を把握することは、スコアアップはもちろんゴルフ上達に必須の要素です。

自分の番手ごとの数値を基準にして、以下で紹介する方法を取り入れていくことで、数ヤード単位の調整が可能となるでしょう。(ゴルフメーカーによってロフト角が変わり飛距離も違ったりするのであくまで目安と考えてください。)

グリップの長さ

クラブのグリップを短く持つことでボールを通常よりも飛ばなくすることができます。

スイングイメージやフォームを変えることなく出来るのでゴルフ初心者にもおすすめです。しかし、アイアンを短く持った分、振りやすくなり、気を付けないとリズムが早くなりがちです。急ぎ打ちしてまうと上級者でもナイスショットは難しいので注意してください。

クラブを短く持ったときほど、いつもよりゆったり振るイメージで打つことが大切です。

スタンス幅

スタンス(足幅)を広げたり狭めたりすることで調整できます。

大きく広げると下半身にパワーが生まれやすくなりますが、回転運動がしにくくなるという特徴があります。反対に狭くするとパワーがロスされますが体の回転がしやすくなります。

極端にやるとスイングフォームに影響が出てしまうので、少しずつ試して丁度よい位置を見つけてみてください。基本は7番アイアンで肩幅程度です。

振り幅

フルショットからスリークオーター(4分の3)・ハーフ(半分)クオーター(4分の1)と振り幅を小さくしていくことで、距離を調整できます。

打ち方のポイントは、①振り上げた分だけフォローも出す、②スイングを弱めない、です。スイングがコンパクトになると動作を急ぎ過ぎたり、手元で強弱を調節してしまいがちです。

まずはハーフスイング(時計の針で言えば9時まで上げて3時までフォローを取る)を繰り返し練習してください。このエリアを安定して振れるようになると、ミート率が上がり飛距離・方向性共に大きくアップします。

初心者におすすめの方法はどれ?

習得レベルが易しい順に取り入れていくことをおすすめします。

まずは最適なアイアンを選択することを前提として…、①グリップ ②スタンス ③振り幅、の順に調整していくと打ち分ける技術を身につけやすくなるでしょう。

まずはアイアンのグリップを指2本くらい短く持ってスイングしてみてください。クラブを握る位置だけなので、感覚的にはほぼ通常の一打と変わらないと思います。そこから、通常のアドレス、通常のスイングをすれば5ヤード前後短くなるはずです。

ご紹介した4つはドライバーやアプローチでも使えるテクニックなので練習で試してみてください。

>>>グリップはゴルフの基本!アイアン上達もすべてはここからスタートします。

スイングスピードについて

クラブを振る速さで調整するという方法もありますが、あまりおすすめは出来ません。

上級者でもない限りは、上記でご紹介した4つのほうがアイアンのミス率が少ないので取り入れやすいでしょう。

スイングスピードに強弱をつけようとすると、手打ちになってしまったり、リズムが崩れて精度が落ちてしまう可能性が高くなります。アイアンは番手ごとの長さ・重さも違うのでショットのイメージも変わってしまいやすくなります。まずは練習で「グリップ」から始めてみてください。

>>>まずは自分の飛距離(ヤード数)の目安を知りましょう!100切りにも必須の要素です。

まとめ

アイアンの距離をうまく打ち分ける4つのポイントをご紹介しました。

狙い通りの場所にボールを運ぶにはできるだけ難易度の低いものから取り入れましょう。アイアンの10ヤード単位、または5ヤード単位の細かな調整ができるようになりスコアも大きくUPするでしょう。

すべての要素でやってはいけないことは、ヘッドスピードを弱めてしまうこと。手打ちになりやすく再現性が低くなるので練習の段階から注意してください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった240円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧