ゴルファボ TOP知識【最新】ゴルフのイップスとは?原因と解決法を公開

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

【最新】ゴルフのイップスとは?原因と解決法を公開

ゴルフのイップスとは…パットでストロークができない、ドライバーが振れない、アプローチで固まってしまう現象。アマチュアよりプロに多いとか。あなたにもいつ襲いかかるかもしれないこの恐怖!なぜそうなるのか?知るだけでもあなたのゴルフに活かせます!

アマチュアゴルファーにはあまり関係ないように聞こえますが、アメリカのクリニックの研究によりますと、ゴルファーの約半数が、経験があり25年以上のプレーヤーがなりやすい傾向にあるようです。

何かの拍子にクラブが振れなくなり、ゴルフをやめていく人も多いようです。

技術が卓越したプロゴルファーでもなりますので、何か深い問題がありそうですね。

今回は、「ゴルフのイップスとは…何?」を考えていきたいと思います。あなたが、今調子が悪いのはもしかしたらそれが起因しているかも?何か原因がわかれば、また絶好調に戻ることができるでしょう!

ゴルフのイップスとは…?

ゴルフのイップスとは、1930年前後に活躍したプロゴルファーのトミー・アーマーが、この症状によってトーナメントからの引退を余儀なくされたことで知られるようになりました。

アーマーは、今までスムーズにパッティングをしていたのに、ある日突然、カップのはるか手前にしか届かなかったり、ショートパットなのにグリーンオーバーしたりするようなパットをしていたそうです。ゴルフのイップスとはアーマーが名付けたと言われています。

ゴルフのイップスとはどんなものなのかを伝えるために、「ショートパット恐怖症」として表されています。症状としてのゴルフのイップスとは、

・腕が思うように動かなくなり、クラブのヘッドをコンロールできない

・パッティングのとき、極端にショートしたり、オーバーしたりする

・アプローチのとき、ダフリや引っ掛け、トップなどをする

・ドライバーでは、トップからダウンスイングができない

などがあります。

原因は…

未だ解明されていません。一つの可能性として、ゴルフのイップスとは加齢に伴う脳の生化学的変化の結果ではないかと考えられているそうです。筋肉を使いすぎたり、精神を集中しすぎたりすることで悪化する場合もあります。

また別の原因として、指を使う音楽家に多い「局所性ジストニア(自分が意識していないのに筋肉が勝手に収縮を起こす神経の疾患)」の可能性もあると言われています。(参考:wikipedia)

苦しんだプロゴルファーたち

ゴルファーにどれほどまで試練を与えるのでしょうか…

<トミー・アーマー>

最初にイップスとは何かを考えたプロゴルファー。全米、全英オープンなども制していますが、突如勝てなくなりました。その原因はパッティングでした。

<サム・スニード>

苦しみ抜いて、サイドサドル・スタイル(少しかがんだ姿勢でカップに正対し、左手はグリップエンドをつかんで軸として右手でストロークするスタイル)を考案しました。

<ベン・ホーガン>

1953年メジャーで3勝しましたが、それ以降は勝利していません。パッティングが原因と言われています。

<トム・ワトソン>

パッティングの不調で、新帝王時代は長くは続きませんでした。

<ベルンハルト・ランガー>

クロスハンドグリップ、長尺パターが有名です。

<アーニー・エルス>

2016年のマスターズ大会で、60センチの長さを6パットしています。その年から禁止された中尺・長尺パターのアンカリングの影響が大きいようです(アンカリングはパターの一部を体に固定すること)。2010年頃からパッティングに悩み、まだ暗いトンネルから抜け出せません。

<湯原信光>

アイアンの名手でしたが、パッティングでは良い成績は残せませんでした。

イップスとは何か?解決法を公開します!

ゴルフのイップスとは、精神的な部分が大きいのですが、戦っているプロゴルファーを見てみますといろいろ工夫して立ち向かっていますね。あなたのゴルフの不調もこの解決法で調子が取り戻せるでしょう!

パター

女子プロゴルファーの宮里藍選手は、実はドライバーとパターの2回も経験しています。ドライバーは飛ばさないことを意識したら直ったそうです。パターに関しては、たくさん練習して克服したそうです。努力に勝るものはないのですね。

パターは距離感が大切です。遊びながら練習できるドリルがあります。パッティングが苦手な人はとても参考になると思います。

アプローチ

ゴルフのイップスとは、パターのイメージが強いのですがアプローチにもあります。2013年の賞金女王に輝いた女子プロゴルファーの森田理香子選手が、昨年公表しました。

ピンに寄せたい!という気持ちが強すぎるとなかなかテークバックが取れません。「寄ればラッキー」くらいの気持ちで打ちましょう。技術的には、グリップを短く持って芯に当たるように打つといいでしょう。短く持つことによって、コンロールしやすくなりますので、ミスショットも減らせます!

アプローチが不調の時は、1つの打ち方に集中した方が寄る確率が上がります。この方法を試してみてください。

ドライバー

ドライバーでは、スイングをコンロールしようとするあまりトップから下ろしにくくなります。足踏みしながらハーフスイングで振ってみたり、ゴルフクラブを重くしてみたりして、クラブをコンロールできないように取り組んでみてください。

ドライバーが当たらない原因の1つは、体の突っ込むことです。ドライバーの理想の形はビハインドザボールです。インパクトまで頭がゴルフボールの右側にあることです。これをするだけで芯に当たるようになります。こちらに詳しい練習ドリルがありますので、ご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ゴルフのイップスとは、理論派で1つのことを追求するあまりに突き詰めすぎる人がなってしまうのでしょうか。感覚派ゴルファーの青木功プロは、自分の失敗を運のせいにして自分で背負いこまないから立ち直りも早いと言われています。

また、宮里藍選手の兄聖志プロは、不調のとき1週間クラブを握らなかったらフィーリングがとても良くなったと言っていました。不調な時ほど開き直って何も考えずに楽しんでプレーすると何かヒントがもらえるかもしれませんね。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧