ゴルファボ TOP上達法ショートパットが上達するビリヤードパター

上達法

ショートパットが上達するビリヤードパター

パターを制するものがゴルフを制する、
と言われるくらいパターがスコアに与える影響は多大です。
今回は、ショートパットを楽しくゲーム感覚で上達させる練習メニューをご紹介します。

ショートパットでは、アマチュアでも入りそうなたった1ヤードの世界のトッププロが外してしまうことがあります。

たったボール半個分ズレただけでも、カップには入りません。
悲しいですよね・・・
この「半個分の正確さ」を向上させるのがショートパット上達に必要なスキルです。

子供でも、初心者でも、誰でも入れることが出来る、しかし出来ないときもある、この不安定なショートパットを、本番で一発で確実に決められるようにしましょう。

パッティングが上手ければ、ドライバーやアイアンの
ミスを挽回できるだけでなく、ハイスコアも狙えます。

方向性を上達させるビリヤードパター

ゲームをしながらショートパットを極める!

ショートパットを劇的に上達させる“ビリヤードパター”

まずはボールを2個用意してください。

カップの手前に1つを置いて、その1メートルくらい先からカップ手前のボールめがけて打ってください。

玉突きのように当たり、カップ手前のボールが入れば成功です。

これを成功させるコツはカップの前にあるボールの、どこに当てるかが重要になります。

正しいインパクトを必要とするゲームですので、繰り返すことでショートパットが劇的に上達します。

この練習には色々なパターンが応用できます。

例えば、ターゲットラインの半分を障害物で隠し、それに当てないようカップインさせるといった感じです。

ビリヤードパターはひとりでも、みんなでも楽しめる!

このビリヤードパターはみんなで楽しみながら上達出来ます。

ボールをもっと増やして障害物のように設定してみたり、2回当ててビリヤードの様にして、カップインさせるなど非常にゲーム性のある練習です。友人と複数人でやると、とても盛り上がりますよ。

このように遊びながらボールの右側を狙う、左側を狙うことを繰り返していくと、フェース面の安定やショートパットに必要な方向性や感性がいつの間にか養われていきます。

ショートパットの1打も280ヤードの1打も、スコア上では同じです。

是非、楽しみながら上達してください!

まとめ

  • ビリヤードパターでボール半個分を狙う正確さを身に付ける
  • ゲーム性を持ってパッティングすることで楽しく上達できる
  • ショートパットの上達には方向性や感性が必要

シェアする

♥ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。