ゴルファボ TOP知識【決定版】ドローボールの打ち方を徹底解説

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

【決定版】ドローボールの打ち方を徹底解説

すぐできて効果抜群!やっぱり男はドローボールで飛ばしてナンボ!いつものメンバーや初めて周る人にも、あなたの圧倒的な飛距離を見せつけてみませんか!?ということで今回は、簡単解説で飛距離アップが叶うドローボールの打ち方をご紹介します。

ドローボールを打つにはスイング軌道がとても大切です。ドローボールは、飛距離アップにもつながりますし、何と言ってもスライスの予防にも効果的です。

今回は、ドローボールの打ち方を3分で解説いたします。

これまでドローボールを練習してもプッシュアウトになったり、チーピンのようなフックになったり、上手く打てずに諦めたゴルファーも多いのではないでしょうか?難しい原因は、クラブヘッドの軌道とフェース面が関係しています。

内側から入ってきたクラブをしっかりと閉じる打ち方ができれば、あなたの憧れのドローボールは簡単に打てるようになります。少し苦手意識がある人にとても参考になります。ドローボールの打ち方の理論がよくわかります。

ドローボールの打ち方

ドローボールの打ち方には3つのポイントがあります。

・インサイドインの軌道で振る

・フェースローテーションを入れる

・振り遅れること

この3つのポイントを意識すれば簡単にドローボールが打てるようになります。

インサイドインの軌道で振る

ドローボールを打つには、クローズスタンスにしてインサイドアウトにスイングすればいいと思っている人が多いのですが、その打ち方はあまりおススメしません。理由は、この打ち方ですとドローボールではなくフックに近い回転になるので一歩間違えるとチーピンかフックになってしまい飛距離を稼ぐことができませんし、OBやトラブルショットが増えます。

インサイドインで打つには、トップからダウンスイングにかけてドライバーのフェースを開くようなイメージで降ろしてください。そうすると自然と右脇が締まり適度にインサイドにクラブが降りてきます。それを維持しながらインパクトを迎えてください。パワーが球に伝わり直進力の高いドローボールになります。

注意点として、球をつかまえようと意識してヘッドを閉じないでください。閉じる動きが入りますとヘッドがアウトサイドから降りてきます。スライスになりますので気をつけてください。

ドローボールの正しい軌道はこの記事に詳しく載っています。とても参考になりますのでご覧ください。

フェースローテーションを入れる

インサイドからクラブを降ろしてくると、フェースは開いて入ってきます。そのまま振ってしまうとプッシュアウトしてしまいます。インパクトからフォロースルーにかけて閉じていかないとドローボールが打てませんので、適度にヘッドを返していきます。

注意点として、腕でヘッドを閉じないでください。腕を使うとクラブの軌道がアウトサイドインになってしまいドローボールが打てなくなりますので気をつけてください。閉じるときは、手首を捻って閉じてください。

ヘッドの閉じる打ち方はこちらの動画で詳しく説明しています。ドライバーでスライスやプッシュアウトが多い人はとても参考になります。

振り遅れること

ドローボールを打つにはインパクトで振り遅れることです。「えっ、振り遅れるとスライスするんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ほとんどの人が勘違いをしています。遅れないように腰を回しているつもりなのですが、実際は浮き上がった状態になっています。

自分の中では回っている感覚になっているので、そのままスイングしてしまいす。しかし、この状態で打つとインパクトの時にフェース面が開くので、ドローボールの回転がかかりません。ほとんどはスライスになってしまいます。

それを遅れて当たっていると勘違いをしています。画像のように腰と肩が先に回転し、ヘッドが遅れてインパクトを迎えるのが理想的です。きれいなドローボール回転がかかります。

スイングスピードも上がるので飛距離も確実にアップします。プロの連続写真のインパクトの画像も、振り遅れの形になっていると思います。こちらの記事がとても参考になります。

まとめ

ドローボールの打ち方はいかがでしたでしょうか。これで飛ばしたい時に飛ばせますね!

・インサイドインの軌道で振る

・フェースローテーションを入れる

・振り遅れること

この3つのポイントの打ち方をぜひ試していただき、飛距離アップにつなげてください。

ドローボールが打てると飛距離が出るのはもちろん、風にも負けない強くて重たい球が打てるのでフェアウェイに残る確率が上がります。セカンドショットも気分良く打てるので、バーディーチャンスも増えるでしょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧