ゴルファボ TOP知識アイアンパンチショットで”まっすぐ飛ばす”方法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

アイアンパンチショットで”まっすぐ飛ばす”方法

初心者ゴルファーが怒涛のパーオン!これが、まっすぐ飛ばす”アイアンパンチショット”だ!球を掴まえて風を切り裂きグリーンに一直線のボールが打てたらもう初心者は卒業です。今回はアイアンパンチショットで”まっすぐ飛ばす”方法をご紹介します。

パンチショットという打ち方を知っていますか?アイアンで打つ技術ですが、低い弾道で方向性を出していく打ち方です。別名「ライン出し」とも言います。有名なプロだと、タイガー・ウッズ、青木功、ジャンボ尾崎、友利勝良、丸山茂樹など…ローボールで一世を風靡しました。アイアンの名手はみんな身に付けています。

今回はアイアンパンチショットで”まっすぐ飛ばす”方法をご紹介します。

アイアンパンチショットが打てるようになると、フェアウェイバンカー、ディボット跡やフェアウェイ以外の林の中などの難しいライから打てるようになります。また、インパクト時の力の入れ方もわかるようになるので、非常にメリットの多い打ち方になります。ラウンドでは必ずゴルファーの強い味方になりますので、ぜひマスターしたいアイアンの打ち方です。

なぜ?アイアンパンチショットがいいのか…

アイアンが調子いいとスコアに直結します。特にトラブルを上手くリカバリーできればスコアの大崩れがなくなってきます。

そのトラブルを救ってくれるのがアイアンパンチショットです。コンパクトなスイングから繰り出され、クラブヘッドが球に当たる瞬間に右手に力を入れてフォロースルーを取りません。コンパクトなスイングなので、アイアンでライン出しができ、狙ったところにゴルフボールを運ぶことが出来ます。そして、球が低いので風に翻弄されることもありません。

メリット

・低い球になるので風の影響を受けない

・ピンまでの方向をイメージしやすい(ラインが出しやすい)

・林の中などの脱出時のトラブルに使える

・ディボット跡やフェアウェイバンカーなど悪いライの時に役に立つ

・ショートアイアンでのグリーンの攻め方の幅が広がる

・ロングアイアンも打てるようになる

デメリット

インパクトでスイングを止める打ち方をするので、手首に負担がかかります。ストレッチなどをすれば怪我を予防することができます。日頃から体のケアは十分にしておきましょう。

↓↓↓ハンドファーストについてはこちらで詳しく解説をしていますのでチェックしてみてください。

アイアンパンチショットの打ち方

コツは5つあります。

・ゴルフボールの位置を真ん中から右足寄り

・ハンドファースト

・トップでしっかりと肩を入れる

・フォローは取らない

・腕と体の一体化

この5つを意識すると面白いように打てます。基本的なポイントですので覚えておきましょう。

ゴルフボールの位置を真ん中から右足寄り

アイアンのロフトを立てて低い球を打つために右足寄りにセットします。アイアンの番手が長くなった場合は真ん中のほうにセットします。

ハンドファースト

右足寄りにセットすると自然とハンドファーストになります。絶対にハンドレイトにならないようにしてください。ハンドファーストにならないとアイアンは打てませんので気をつけましょう。

トップでしっかりと肩を入れる

アイアンパンチショットを打つときにとても重要になります。ヘッドスピードを上げてインパクトで止めるような動きがあるので、打ち急ぎの傾向になります。そこを我慢してしっかりとトップで肩を入れてからダウンスイングしてください。

肩の入りが悪いとトップをしたり、最悪シャンクしたりしてしまいますので注意してください。イメージとして弓矢の弓を引けるところまで引いて矢を放つ感覚です。トップで肩を入れてパワーを溜めれば溜めるほど風を切り裂く最高の良い球が飛んでいきます。

フォローは取らない

トップで溜めたパワーをアイアンヘッドに伝えてインパクトで爆発させるには、フォローを取らずにインパクトで止めるようにスイングします。この時手首に負担がかかりますが、頑張ってフォローを取らないようにしましょう。できない場合は、ボールに当たる瞬間にヘッド引く練習をしてみましょう。インパクトで止める感覚が身につきます。

腕と体の一体化

腕だけで打っているように見えてしまいますが、アイアンと腕、体が一体化していないと打てません。腕だけで打つとボールがまっすぐ飛んでいきませんし、手首を怪我してしまいます。体と腕でインパクトを止めることで怪我を防止できます。

 

↓↓↓体が固くても打てる!パンチショットのイメージは動画で確認してみましょう!

↓↓↓スイングの基本を総まとめしました。ぜひ一通りチェックしてみましょう!

まとめ

実は、アイアンパンチショットを応用するとすべてのスイングが良くなります。応用といっても難しいことはなく、ただフォローをとるだけです。ゴルフの基本に通ずる打ち方ですので、マスターすれば、狙ったところに球を運べるようになりますので、初心者ゴルファーすぐに100を切れるでしょう。ぜひ、試してみてください。

 

↓↓↓アイアンの飛距離アップさせるポイントとは…?

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧