ゴルファボ TOP知識なぜ?キャディを付けるとゴルフが上手くなる説

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

なぜ?キャディを付けるとゴルフが上手くなる説

キャディをつけてラウンドしていますか?コース状況やヤード数を的確にアドバイスしてくれる存在はスコアUPに大きなメリットを生みます。今回は、キャディを付けるとゴルフが上手くなる説について考えてみたいと思います。

最近では、各ゴルフ場ともプレーの価格をおさえるためにセルフプレーが増えました。そのかわりにゴルフコースのナビをしてくれるデジタル機器や自動計測機でコースの状況を教えてくれます。

でも、やはりキャディを付けるラウンドはとても快適で楽しいです!コースの案内もしてくれますし、クラブも渡してもらえます。グリーンではゴルフボールも拭いてもらってラインも読んでもらえます!しかし、ただのプレーヤーの付添人ではありません。風を読み、距離を測り、ラインを読むスペシャリストです。プロの試合を見ても分かるとおり、選手がプレー中に唯一アドバイスを求めることができます。選手のプレーと心を支えスコアメイクをしてくれています。

今回は、キャディを付けるとゴルフが上手くなる説について考えてみたいと思います。

ゴルフのキャディとは!

ゴルフ場で勤務している「ハウスキャディ」、プロゴルファーに帯同している「プロキャディ」がいます。どれもJGAゴルフ規則に従っていて、下記のように定義されています。

プレーヤーに行ってもよい行為

ゴルフ規則には明記されていませんが、下記のようなことは承認がなくても行ってもよい行為です。

・プレーヤーの球の捜索

・プレーヤーのクラブをハザード内に置くこと

・古いホールの埋跡とボールマークの修理

・パット線上などにあるルースインペディメントの除去

・球を拾い上げずに、その位置をマークすること

・プレーヤーの球を拭くこと

・動かせる障害物を取り除くこと

(参考:JGA日本ゴルフ協会)

↓↓↓ゴルフ初心者の為のルール解説はこちらから

キャディを付けると上手くなる!?

ゴルフのラウンドは、18ホールで4時間はかかります。その大半を次の一打を打つための「考える時間」に充てます。その考える時間にどれだけの情報を入れるかが次のショットの鍵になります。

ゴルフクラブの手渡しサポートをするだけではなく、打ち上げ、打ち下ろし、ハザードの位置、グリーンエッジまでの距離、ピンまでの距離、風の向き、プレーヤーの飛距離に合わせた狙い場所、グリーンの芝目・傾斜などプレーに関することを的確にアドバイスしてくれます。

メリット

特に初めてのゴルフコースでのアドバイスはとても役に立ちます。

・ティーショットはどこを狙ったらいいのか、セカンドショットをどこに打っていくべきかを教えてくれます。

・打ち上げや打ち下ろしのホールで距離が把握しづらい時、グリーンで、傾斜や芝目、遅い早いなどを聞けば正確に教えてくれます。

・初心者なら的確に残りの距離の番手を渡してくれます。

・クラブを取りに走ったりしていると体力が減ります。疲れからくるスイングリズムの崩れが起きにくくなるので、スコアが上がるかも?

良いアドバイス、的確な情報が事前に分かれば、体調やショットの調子にもよりますが、スコアが格段によくなることは間違いないでしょう。

ショットの調子を維持するには、インパクトがとても大切です。この動画がとても参考になります。

デメリット

注意点として、すべてを任せにするとゴルファーとしての感性が衰えてきます。あたなの読み、決断でゴルフは上達します。あまり頼りすぎずに、あなたの感性で楽しんでくださいね!

名キャディ特集

ブルース・エドワーズ(アメリカ)

出典:フジテレビ 奇跡体験!アンビリバボー

近代プロキャディの草分け的存在です。トム・ワトソンとコンビを組んで、1997年から4年連続で米ゴルフツアーの賞金王になります。その後、トム・ワトソンのスランプからコンビを解消しました。一時期世界ナンバーワンのグレッグ・ノーマンからのオファーを受けバッグを担ぎますが、2年後にコンビを復活させます。

復活から4年後、トム・ワトソンはスランプを抜け出し、9年ぶり米ゴルフツアー優勝を手にします。しかし、ブルースは筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症します。2003年全米オープンで担いだのを最後に、翌年の4月8日、49歳で逝去しました。

↓↓↓2人の数十年におよぶ感動のストーリーはこちらで紹介しています。男の熱い友情って素晴らしいですね。

まとめ

キャディの力で、何ストローク減らされているのかを正確に計るのは難しいですが、コースを熟知しているのでそのアドバイスをもらったらゴルフが上手くなる気がしませんか?

これまでのプレーヤー(お客様)の打ったショットのデータを記憶していますので、風の影響をもろに受けるコース、セカンドショットが狙いやすい場所、グリーンのラインの読みで「スライスする」「フックする」「ここから早くなる」「今日のグリーンは遅い」などをしっかりと教えてくれます。信頼してラウンドをすることで、いいスコアもきっと出るでしょう。コースの攻略方法をレクチャーしてもらえれば次のゴルフに必ず活かせること間違いありません。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧