ゴルファボ TOP知識ドライバーのスライス原因と3ステップかんたん解決法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ドライバーのスライス原因と3ステップかんたん解決法

ドライバーがスライスしてしまうのには2つの原因があります。改善をするためのチェックポイントと、曲がらない弾道を打つためにおすすめの練習ドリルをご紹介します。ここぞというときに安定したティーショットを打つためにぜひチェックしてみてください!

ドライバーはいつでも真っすぐ遠くまで飛ばしたいですよね。ただ飛ばそうと思えば思うほどボールは右に曲がり…、林に入ったりOBになったりと散々な結果になってしまいます。

ドライバーはもっとも飛距離が出るクラブですが、一番ミスが出やすいという特徴もあります。その中でも代表的なものが「スライス」。昔から多くのゴルファーを悩ませています。

ドライバーでスライスが出ている原因には必ず理由があります。今回はその対処法やおすすめ練習法もご紹介しますので、いつまでたっても改善しない…というゴルファーはぜひ参考にしてみてください。

ドライバーが曲がる3つの理由とは?

ドライバーがスライスする3つの理由を紹介します。

フェースが開く

一つはフェースが開いてボールに当たることです。ターゲットよりも右を向いた角度でボールに当たるのでスライスになります。

ドライバーで飛距離を出そうとすると、全身の動きが速くなりがちです。特にドライバーの場合、シャフトが長いので、上半身は回転しても腕がついてこれずに振り遅れることが多くあります。体がターゲット方向を向いていても、腕がついてこないとヘッドも遅れて開いたままボールに当たってしまいます。

アイアンでは曲がらないのにドライバーを使うとスライスが出る場合は、振り遅れが原因になっている可能性があります。防ぐためには腕と上半身が一つになったスイングを意識することが必要です。

改善のためには前傾姿勢を保って、上半身と腕、クラブが一体になるように振りましょう。

インパクトのときにはクラブがアドレスのときと同じような状態に戻ってくることが理想です。特にドライバーで大振りしがち。コンパクトに振り抜くように意識することも大切です。

また腕の返し、ローテーションができていないとフェースが開いたままで打ってスライスになってしまいます。インパクトからフォローにかけては右腕が左腕を追い越していく動きが必要です。

体の開きが早い

ゴルフでスイングをするときに体が早く開いてしまうと、クラブの動きが遅れてくるためにフェースもオープンになったままボールに当たってしまいます。

原因としてはボールを無理に上げようとして起き上がったり、目標方向を早く見ようとしてヘッドアップすることが挙げられます。

また、飛距離を出そうとして身体を速く回転させようとし過ぎると、腕とのバランスが悪くなって振り遅れになります。

特にダウンスイングの動作では肩が開かないように注意することが必要です。インパクトまでに肩が開かなければ、ゴルフクラブはずっと体の正面にある状態になります。正面よりも左側でインパクトするイメージを作ると、肩が閉じた状態で打つ感覚がつかみやすくなります。

アウトサイドインの軌道

もう一つの原因は軌道がアウトサイドインになっていることです。

アウトサイドインというのは、ヘッドが外側から入ってきて内側に抜けるような軌道になることです。ドライバーがボールに真っすぐ当たらずこすって打つことで右回転がかかりスライスになってしまいます。

ドライバーが外側から入ってくる軌道になるのには、いくつかの原因があります。

原因の一つはアドレスです。

構えた時点で右肩が前に出ていると、最初から身体が開いた状態になってしまいます。グリップを握ると右手が遠い位置になるためにどうしても右肩は前にいきがちになります。構えたときにターゲット方向を確認して肩が平行になるように注意しましょう。

また、上半身を使わずに腕だけで振ってしまう「手打ち」もアウトサイドインにつながってしまいます。ゴルフでは、ダウンスイングの始動を手から始めたり、飛ばそうと力んで振ると、手打ちになってヘッドが外から入ってくる原因になってしまいます。

スライス防止のチェックポイント

グリップ

ドライバーの握り方がウィークグリップになっていないかチェックしてみましょう。

握ったときに左手の指の付け根が2個から3個見えていればOKです。1個しか見えないウィークグリップだとフェースが開きやすくなるので修正しましょう。

↓↓↓グリップについて解説したレッスンです。ゴルフでは握り方次第でミスを減らせることもありますので、ぜひチェックしてみてください。

アドレス

アドレスで右肩が前に出ると軌道がアウトサイドインになってしまいます。

防ぐためにはドライバーを持ったときにボールの右側面を見るように意識して構えるのが効果的です。自然と軸になる背骨が右へ傾くので右肩が前に出ず、フェースが開くのを防ぎやすくなります。

重心の位置にも注意。かかと寄りに体重をかけて振っていくと腰が引けてアウトサイドインの軌道になってしまいます。足の親指のあたりに体重がかかるよう意識してみてください。

手首の角度

構えたときの手首の角度を保ったままドライバーを振っていくことも重要です。

左の手首が甲側に折れてしまうと、フェースも開いてスライスが出てしまいます。スイング中は左手首の角度をキープしたままにするようにしましょう。

↓↓↓ゴルフで遠くまで飛ばすために共通する3つのポイントとは?今よりもっと飛ばすためにぜひご覧ください。

スライスを直す練習ドリル3選

アウトサイドインを修正する方法

ドライバーを構えた状態で右足の位置を少しだけ後ろ(かかと方向)に引きます。クローズスタンスの状態です。

この時、腰は右を向かないように注意してください。上半身もスクエア。右足だけ後ろに引いた形を作っていきます。

右足を後ろに引いてスイングをしていくと、クラブが外側から下りにくくなります。右足が後ろにあって、スペースがあるので内側から降ろしやすくなり、アウトサイドインが改善されます。また腰の回転もスムーズになります。

何度か繰り返してイメージがつかめたら足の位置を戻して振っていきます。ドライバーを内側から下ろしてくるという感覚を保ったまま振ってみましょう。

肩の開きを修正する練習法

肩が早く開くのを押さえるためにはインパクトで止める練習が効果的です。

クラブは短いアイアンを使います。ボールはティーアップしてもOKです。いつも通り打ち、インパクトのところでアイアンを止めます。フォロースルーは一切取らない形です。

打ったその瞬間にスイングをストップします。実際には遠心力が働いているのでピッタリ止めるのは不可能だと思いますが、そういう意識を持って振っていきます。

ゴルフでは、フォロースルーに気持ちが向いて体が開いてしまう例が多いのですが、インパクトで終わりにすると、開く動きが改善します。

出典:amazon

インパクトバックを使った練習もおすすめです。

インパクトバッグは中に布などの柔らかい物を詰め込んだもので、アイアンを使って「打ち込んで終わり」の練習をするゴルフ専用のアイテムです。自分の正面でクラブを扱う感覚が身につきます。

フェースの開きを改善するドリル

普段と同じようにドライバーのグリップし、そこから右手と左手の間を5センチほど離して握り直してください。左右の手を離してスイングすると、ドライバーのヘッドをしっかり「返す」ことができます。

両手の間を離せば離すほど返す動きがわかりやすくなります。最初は半分の振り幅などで動きを確認してみましょう。

イメージがつかめてきたら振り幅を大きくしていってください。ドライバーを使って実際に打つときにも同じように動かせるように意識します。

↓↓↓ドライバーを振っていくときのボール位置の正解は?あなたに合ったポジションが見つかりますのでぜひチェックしてみてください!

打ち急ぎは絶対NG!

ドライバーで打つときはどうしても力が入り、リズムも早くなりがち。「打ち急ぎ」はスライスの大きな原因になります。

力いっぱい回転させた上半身に腕が付いてこない、そしてクラブも遅れてきてしまうと「振り遅れ」の状態になってしまいます。その結果、ドライバーのフェース開いてスライスが発生します。

改善するためにもっとも簡単で効率の良い方法は『力を抜く』です。

単純すぎると思われるかもしれませんが、実はこれがドライバーのスライス改善に一番効果があるかもしれません。

ドライバーはヘッドに重みがあるので、普通に持ったときと振ったときでは感じる重さが違います。その違いに気付かず回転すると、腕が振り遅れてしまいます。

リラックスした状態で、1割2割程度でも良いので力を抜いて打ってみてください。力を抜くとミート率、方向性もアップしますし、フルスイングより何十ヤードも違うといった結果にはならないでしょう。

飛距離は多少、落ちてもドライバーはスライスせずにまっすぐ飛んだ方がスコアもアップします。OBになるより気分もはるかに良いです。ぜひ力を抜いてドライバーを振ってみてください。

↓↓↓下半身の使い方でドライバーの飛距離をアップさせる方法を紹介します。ゴルフであと10ヤード伸ばすためにチェックしてみてください。

↓↓↓ゴルフの基本を徹底解説!ドライバーからアイアン、ウェッジまで使い方のポイントを紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は多くの方が悩んでいるドライバーのスライスについて解説しました。

ドライバーを持つとどうしても飛ばそうと思ってしまいますし、知らず知らずのうちに力が入っていることもあります。気合いを入れたそのときこそ、いったんリラックスして振っていくようにしましょう。

ご紹介したドリルにもチャレンジして曲がらないドライバーショットをマスターしていってください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧