ゴルファボ TOP知識ゴルフ:アプローチ練習法を1分解説で総まとめ!

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ:アプローチ練習法を1分解説で総まとめ!

ゴルフでアプローチが寄るとうれしいですよね!でも、いつもダフったり、トップしたり失敗ばかり…どうすれば成功できるのか?今回は、そんなあなたでも簡単に実践できる練習法を1分解説でご紹介します。寄せたい方、チップインしたい方は必見です!

ゴルフのスコアアップのポイントは「アプローチ」です。でも、なかなか安定して寄せられないゴルファーも多いのではないでしょうか?今回は、ゴルフのアプローチ練習法を1分解説で総まとめをご紹介します。

ドライバーやアイアンの打ち分けはある程度でかまいませんが、アプローチは別モノです。1ヤード単位でしっかり寄せることによってゴルフのスコアは劇的に伸びてきます。アプローチはスコアを伸ばすには欠かせない要素ですが、毎日仕事で忙しいゴルファーはなかなか練習ができないのも事実です。大切なことは自宅でも効果的な練習法で継続することです。

ゴルフのアプロ―チショットを安定させるコツは、振り幅、距離感、弾道などの安定が不可欠です。毎ショット同じようにインパクト出来るようにしましょう。

ゴルフ練習場でできること

工夫することで、ゴルフボールをクリーンに芯で捉えることができ、さらに距離感を養うことができます。

ティーアップドリル

このドリルは、アプローチの基本、球をクリーンに打つ感覚を養うためのものです。ここ1番で寄せたいときにダフったり、トップしたりしてしまうゴルファーにはとても効果的です。

ドライバーショットのときに使うゴムティーの上にゴルフボールを置き、直接打ちます。ゴルフクラブはサンドウェッジかピッチングウェッジを使います。そのときグリップは短く持ちます。

浮いた状態の球を打つのは難しいのですが、このドリルを行うことによって打点を一定に保つことができます。

はじめは、ティーの高さをドライバーショットの時と同じにします。スイングしてクラブの芯で捉えられてきたら、徐々にティーを低くしていき、最後はマットの上から打ちます。

ティーなしでマットの上から打つ時のポイントは、これまでティーアップして打ってきた余韻を感じながら打つことです。ティーの上からしっかりと打てた感覚を持ったまま打つことができれば、マットの上からでもクリーンヒットすることができます。

↓↓↓ティーアップレッスン動画です。ご覧ください!

振り幅で距離感を養うトレーニング

30ヤードの看板を使った距離感を養うためのドリルです。

30ヤードの看板に向けて打つのですが、最初は5ヤードくらいの短いアプローチショットをします。次は最初のゴルフボールを超える球を打ちます。3球目は2球目を超えるようにします。

それを30ヤードの看板に当たるまで続けます。30ヤードの看板に到達するまでにできるだけ多く打つように繰り返してください。

途中で前の球を超えられなければ最初からやり直しです。なかなか難しく、とてもいいトレーニングになります。このドリルで大切なことは、振り幅で距離を打ち分けることです。距離感をつかむにはとてもいいドリルですので、練習に取り入れてください。

注意点として、手首だけで振り幅を作らないようにしてください。手首をこねたりするとインパクトが不安定になります。身体の回転を使って振り幅を作ってください。

自宅でのゴルフ練習方法

パターマット

ご自宅にあるパターマットを使います。もしなければ、カーペット、絨毯の上でもOKです!

パターマットを使ってウェッジで打ちます。カップインさせるように狙って打ちます。最初はヘッドの刃を使ってパターのように転がす感覚で打ち始め、徐々にフェース面に当てるようにします。

1バウンド、2バウンドでチップインできるようになると短い距離の感覚がつかめてくるでしょう。

リフティング

ゴルフクラブでのリフティングはアプローチの上達に非常に効果的です。特に初心者はゴルフボールと仲良くなれるチャンスです。球を落とさずにリフティングするにはクラブの芯でまっすぐ打つ必要があります。何度も繰り返すうちに体とクラブが一体になって、芯に当てる繊細な感覚が身に付いてきます。

ウェッジの打ち方などで、「ゴルフボールの下にソールを滑り込ませましょう」そう言われてもなかなかイメージが出来ないゴルファーも多いのではないでしょうか。ぜひこのリフティングでゴルフクラブと体の感覚をマッチさせてみてください。クラブがどうやって入っていくのか段々見えてきます。

このリフティングを行う時は、床にゴルフボールが落ちると大きな音がしますので、落ちそうなところにマットなどを敷くか、畳の間で練習してください。家族からの苦情が減るでしょう!

↓↓↓石川遼選手のリフティングです!

まとめ

今回のゴルフアプローチのトレーニングは自宅でもできます。普段からゴルフクラブとボールに触れるだけで、アプローチが好きになり得意になっていきます。ぜひ試してみてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧