ゴルファボ TOP知識ゴルフ引っ掛けの原因5つのポイントと改善点

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ引っ掛けの原因5つのポイントと改善点

「飛ばしたい!」と思うときほど、引っ掛けていつもOB…そんなアマチュアゴルファーでも5つの原因と修正方法を知るだけで、ゴルフボールが左に飛んでいくミスを減らすことができます。フックや引っ掛けに悩んでいる方、もっと真っ直ぐ飛ばしたい方必見です!

ゴルファーを悩ます原因の一つに「引っ掛け」があると思います。初めのころは、ボールを捉えることができずにスライスに悩み、クラブが振れてきたら球が左に曲がることが増えてきたのではないでしょうか?

曲がる要因はたくさんありますが、最大の原因は、クラブヘッドの軌道が正しくないということです。球を捉えても、ゴルフコースの林の中に飛んでいってしまっているわけです。

スタートホールやロングホールで飛ばしたいと思ってドライバーショットを打ってもOBになってしまい、「今日もまたか~」とガッカリした経験があなたもあるはずです。

今回はゴルフの引っ掛けの原因と改善法をご紹介します。

ゴルフ|引っ掛けとは…

ゴルフの右打ちの場合、ゴルフボールがターゲット方向よりも左に真っ直ぐに飛んでいくショットになります。またスイングが悪くなると、ダグフックやチーピンになる場合もあります。

引っ掛け|5つの原因

なぜ、ゴルフで引っ掛けが出てしまうのでしょうか?原因は5つ考えられます。

・ストロンググリップ

・手首の返し過ぎ

・下半身が止まり手打ちになる

・アウトサイドインの軌道

・ゴルフボールの位置

ストロンググリップ

左手をかぶせて握ったグリップのことを言います。別名「フックグリップ」と言います。ゴルフのグリップの中では、一番球を捉えやすいので、スライスが出る人や非力の人、ゴルフ初心者におすすめしているグリップです。

しかし、構えた時からフェースが閉じた状態になりますので、ゴルフボールが左方向に飛びやすくなります。ひだりに球が飛びはじめたら、スクエアグリップにしながら調整してみましょう。

手首の返し過ぎ

スライスしたくないためにリストを返しすぎると、今度はフェース面が閉じてしまうので、ゴルフボールが左方向に飛んでいってしまいます。フック回転がかかっていますのでさらに曲がってしまいます。リストターンの度合いを少なくするなど調整してみましょう。

下半身が止まり手打ちになる

「飛ばしたい!」と思うときほど上体に力が入り、下半身の回転よりもクラブヘッドが先に球に当たってしまうので、引っ掛けを起こしてしまいます。下半身が止まると手打ちになってしまい、前述した手首が返り過ぎることにもなります。

バンプを使うゴルフスイングを行うと、下半身が止まることはありません。参考にどうぞ!

アウトサイドインの軌道

ゴルフで「アウトサイドイン」と聞くと「スライス」を連想するかもしれませんが、フックや引っ掛けも出ます。その原因はフェース面の向きが問題になってきます。

アウトサイドインの軌道に対してフェース面がスクエアであれば、左方向に球は飛んでいきます。フェースが開くと逆にスライス回転がかかってしまい右に曲がってしまいます。

フェース面が閉じて入ってくると、球はフック回転がかかりチーピンのようなひどい曲がりになります。

ゴルフボールの位置

クラブの番手ごと適正な位置にボールを置かないと、インパクトでフェースが閉じるので左方向にいきやすい状態になります。

ショートアイアンは真ん中寄り、ミドル・ロングアイアンは真ん中よりゴルフボール1個分ひだり、FW・UTはミドル・ロングアイアンより1個分ひだり、ドライバーは左足かかとでいいでしょう!

ゴルフ|引っ掛け対策法

インサイドインの軌道にする

インサイドインとは、クラブヘッドが飛球線の内側(インサイド)から入り、インパクト後も内側に抜けていく軌道です。アウトサイドインでは、いくらフェース面をスクエアに戻しても左にしか飛びません。

ゴルフスイングをインサイドインにすれば、曲がったり、飛距離が出なかったりすることはありません。ナイスショットを打つためのクラブヘッドの軌道で正しいのは「インサイドイン」だけです。(インテンショナルでスライスやフックを打つ時は除きます)

では、インサイドインで打つにはどうしたらいいでしょうか?それは・・・

Vゾーン内でスイングする

ゴルフで引っ掛けをしないカギは、Vゾーンが握っています!Vゾーンとは、「アドレスを構えた時の球から首筋を結ぶライン」と「ゴルフクラブのシャフトの延長線を結ぶライン」の内側のゾーンのことを言います。

Vゾーンの中で振るとゴルフスイングが安定します。逆に外れるとフックやスライスなどのミスショットが出やすくなります。このVゾーンの中にクラブヘッドを通すには、、、

<腕と体を同調させる>

腕と体がバラバラに動くと手打ちになり、スイングが安定しません。構えた時、胸の前にできた三角形を崩さないように振りましょう。両脇にタオルを挟み落とさないようにハーフスイングで練習すると同調する感覚がわかります。

<前傾角度をキープする>

上体が起き上がると球との距離も変わり、突っ込んで打ちにいってしまいます。Vゾーンから外れる原因になります。前傾姿勢はフィニッシュまでキープしましょう。

特にトップのポジションとインパクトでは前傾角度が崩れやすいので注意が必要です。

スイングの基本!前傾姿勢を維持できると、飛距離アップの起爆剤になります。詳しくはこちらからどうぞ↓↓↓

<トップからの切り返しで右肘を真下に降ろす>

トップのポジションからゴルフクラブを降ろすときに腕に力が入ると、右肩が前に出ようとします。結果、Vゾーンの外側に外れ、アウトサイドインになります。

トップからダウンスイングでゴルフクラブを降ろすときは、腕の力を抜いて右肘を真下に降ろしましょう。この3つを意識してゴルフスイングすることでインサイドインになり、引っ掛けを防ぐことができます。

アイアンとドライバーで必ず変えなければいけない基本ポイントとは?詳しくはこちらからどうぞ↓↓↓

まとめ

ゴルフの引っ掛けの原因、改善法をご紹介してきました。いかがだったでしょうか?もうこれで、悩むことが無くなりますね!もし次のラウンドで引っ掛けのショットが出てもすぐに修正もできますので、ぜひ参考にしてみてください。

〜原因〜

・ストロンググリップ

・手首の返し過ぎ

・下半身が止まり手打ちになる

・アウトサイドインの軌道

・ゴルフボールの位置

〜改善法〜

・インサイドインで振る

・Vゾーンで振る

腕と体を同調させる

前傾角度をキープする

トップからの切り返しで右肘を真下に下ろす

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧