ゴルファボ TOP知識オーバースイングになってしまう5つの原因と改善法5選

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

オーバースイングになってしまう5つの原因と改善法5選

あなたのドライバーの飛距離はそんなものではないはず…!遠くに飛ばしたいからとってオーバースイングをしていたらいつまでたっても並みの飛びだ!原因と直し方がわかれば、飛ばしの潜在能力が目覚めます。効率的にボールを遠くに飛ばしたい方必見です!

ジョン・デーリー、横峯さくらプロと言えば…「オーバースイング!」

よくあれだけ振れるな~と感心しますが、あれをアマチュアゴルファーがするのはあまりおすすめできません。なぜかと言いますと、プロのオーバースイングは、

・リズムが取れていて、軸がぶれていない

・上半身がしっかりと捻転している

・身体が柔らかい

のですが、アマチュアがオーバースイングをすると、

・腕だけで上げている

・軸がブレた振りになっている

・上半身と下半身が一緒に回転している

になってしまい、プロのような振りができないケースがほとんどです。今回は、オーバースイングになってしまう5つの原因と直し方をご紹介します!

オーバースイングというのは…!?

オーバースイングとは、テイクバックからクラブを上げ過ぎることをいいます。トップでのヘッドの位置が地面を指していると「オーバースイング」になります。

オーバースイングで活躍しているプロもいるので、そんなに悪いことではないと思うアマチュアの方もおられます。しかし、アマチュアのオーバースイングは、身体が回っているように見えますが、軸がブレて腕だけを使っています。これによって、振り遅れやミート率が低下して、再現性がなくなります。

オーバースイングは直す必要あるの?

出典:GDO

アマチュアのオーバースイングでも、プロのように

・リズムが取れていて、軸がぶれていない

・上半身がしっかりと捻転している

・身体が柔らかい(特に女性の方)

ができていれば、オーバースイングを直す必要はありません。ゴルフはリズムがとても大切ですので、タイミングが合えば何の問題もありません。しかし、軸がブレて腕だけでクラブを上げるようなオーバースイングは直した方が、すぐに上達します。ぜひ、トライしてみてください。

オーバースイングになってしまう5つの原因と改善法5選

オーバースイングの人は、振り幅の調整があまりできません。オーバースイングを直すことができれば、加減も分かってくるので、距離の打ち分けができるショットが打てるようになります。振り幅がコントロールできれば、アプローチの距離感も合ってきます。スコアアップ、レベルアップが図れます。

身体が回転していない

アマチュアゴルファーは、手で”ヒョイ”とクラブを上げる人がたくさんいます。上半身が回転していなのに手だけが上にあがっているオーバースイング状態です。そうなると、いくらでも上がります。

左肘も曲がって右脇も開くので、ヘッドはどんどん下がり地面を指します。手で上に持っていっただけなので、パワーも溜まらずボールは遠くに飛んでいきません。

<改善法>

腕だけでトップを作るのではなく、肩をしっかり回してください。両腕と肩でできた三角形を崩すことなく上げていきます。オーバースイングの方は、コンパクトすぎて何か物足りない感が出てくると思いますが、慣れるまで練習してみてください。

米ツアー初優勝した小平智選手も三角形は崩しません!

コックが解ける

プロ選手のオーバースイングは、左腕が伸びて、肩がしっかりと回っています。身体の柔軟性があるので、オーバースイングになります。しかし、アマチュアゴルファーの場合は、腕だけで上げているので、コックが解けてきます。ゴルフでは、コックが使えないとボールを遠くに飛ばすことはできません。

<改善法>

左手一本の素振りです!左腕だけでトップを作ってください。トップのときに左手親指にクラブの重さを感じてください。そこに右手を添えて握り、そのまま一気振り抜きます。繰り返しするとオーバースイングは直ってきます。

ゴルフのトップポジションが決まるレッスン動画です!

テイクバックで腕がローリングしている

テイクバックのときに、左手甲が上、右手のひらが上を向いてしまうと、ヘッドは開いて下がり、どこまでも回ってしまいオーバースイングになります。フェース面が開くと、スライス、フックの原因になります。

<改善法>

テイクバックのときに、肩から始動して、左手よりも右手が上になるようにします。右手が上にある状態にすると、右脇も自然と締まるのでオーバースイングすることがなくなります。

軸がブレている

体重移動を意識するあまり、右足側に寄り過ぎたり、左足側に寄り過ぎたりとすると「スウェー」して軸がブレてしまいます。スウェーするとミート率が下がるので、ボールは飛びません。飛ばなくなった分を取り戻すために、余計に腕に力が入るので、オーバースイングになりやすくなります。

<改善法>

一本足で立ってから踏み込んで打ちます。飛距離アップには下半身のフットワークが必要です。このドリルをすると、体重移動の感覚が身につきます。最初は、素振りで感覚を掴み、徐々に大きくしていき実際に打ってみてください。「ビハインド・ザ・ボール」を意識するとさらに良くなります。

谷原秀人選手の1軸打法もとても参考になります!

慣性力の働き

ゴルフクラブを振ると、ヘッドに遠心力がかかり慣性力が働くので、自分は良い位置で止めているつもりでも、オーバースイングになりやすくなります。特に振るスピードが早い人ほどトップが深くなりオーバースイングになる傾向があります。切り返しも早くなるので、コントロールすることができません。

<改善法>

オーバースイングを直すには、ゆっくりテイクバックをすることです。宮里藍プロが練習でよくやる「太極拳素振り」(スローモーション)がいいでしょう。

イメージがつかめたら、実際に打ちます。グリップが肩口辺りまで上がったら、そこからクラブを下ろしてボールを打ちます。振るスピードを変えるだけでも改善されます。また、松山英樹選手のようにトップで一時停止するようなイメージで振るのも、オーバースイング矯正には効果的です。

松山英樹選手のドライバーショットです。参考にどうぞ!

まとめ

オーバースイングを矯正するには・・・

・腕と肩の三角形を崩さない

・左親指にクラブの重さを感じる

・テイクバックは肩から始動し、左手よりも右手が上になるようにする

・体重移動をしっかり行う

・振るスピードを遅くする

力一杯振っていると感じたら、この5つのポイントを確認してください。余計な力を入れなくても飛距離はアップします。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧