ゴルファボ TOP知識ヘッドスピードと飛距離の関係は?+10yアップのコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ヘッドスピードと飛距離の関係は?+10yアップのコツ

「もっと遠くまで飛ばしたい」と思ったら、あなたはマン振りしてヘッドスピードを上げますか?実は、飛距離を伸ばすための一番の近道は◯◯を上げることです。決して速く振る必要はありません。今と同じヘッドスピードでも+10ヤード期待できます!

飛距離アップの鍵は、ヘッドスピード(HS)ではなかった!?「速そうなのに、あまり飛ばないですよね」と言われている人は少なくありません。一般的には、HSが上がればボールは遠くに飛ぶはずです。でも大振りすればするほど、飛ばなくなる…。

そこで今回は、他のアマチュアゴルファーのデータを元にヘッドスピードと飛距離の関係についてご紹介します。

関係が分かれば、今後の練習に役に立ちますので、ドライバーが+10y伸びることは間違いありません。ぜひ、お伝えするコツを試してみてください!

ヘッドスピード(HS)とは…?

ボールをヒットするとき、インパクト前後のクラブヘッドの速度のことを言います。正しいゴルフスイングをすることで、インパクトの瞬間、“グン”と加速します。

みんなのヘッドスピードはどれくらい!?

ヘッドスピードの平均は、男性アマチュアでは「40m/s」とされています。アマチュア女性は33m/s、プロのは48m/s以上です。ご自身のと照らし合せてみていかがでしょうか。ヘッドスピードの割には飛んでいないなあと感じましたか。

【飛ばし屋 飯合肇プロ】60代でビックドライブを生み出せる秘密に迫りました。シニアゴルファー必見です!

ヘッドスピードと飛距離の関係

計算式『ヘッドスピード×5.5=飛距離』

この計算式で表されます。覚えておくとおおよその飛びがわかるので便利です。例えば、HSが40m/s(一般ゴルファーの平均)の場合、40m/s × 5.5=220ヤードくらいになります。

逆算もできます…『飛距離÷5.5=ヘッドスピード』

飛距離がわかれば大体のヘッドスピードを算出できます。例えば、ドライバーショットが250yだとしたら…

250÷5.5=45.4545…

250y飛ばすには、「45m/s」が必要となります。雨・風などによって変わりますので、あくまでも目安としてください。

ヘッドスピードを上げるためには…?

効率よくボールに伝える

出典:別冊ゴルフトゥデイ「女子プロはなぜ飛ぶのか?大研究!」

ヘッドスピードが速いとそれだけ飛距離もアップすることが分かりました。しかし、女子プロと一般男性はほぼ同じでも、平均飛距離が約40ヤードも違います。同じ速度でも、ミート率を上げれば初速がアップするので、球は遠くまで飛んでいくことが分かると思います。

ミート率を上げるには、トップからの切り返しを急がないでください。切り返しを急いでしまうと上体に力が入って、突っ込んだり、逆に起き上がったりして芯を外してしまいます。

切り返しがスムーズにいくと、シャフトもしなってタイミングもよく取れるので、芯に当たる確率が高くなります。リズムも安定するので飛距離アップが期待できます。

2018年はゆっくり振るスイングが流行っています!乗り遅れないようにしましょう!

インパクト後を意識する

ゴルフクラブで素振りをするときと、ボールを打ったときでは、打ったときの方がヘッドスピードは落ちます。理由は、インパクトの衝撃で速度が下がります。インパクト前のヘッドスピードを維持できるかがボールの飛びに影響します。

インパクト前後で、左腕でグリップを捻ってフェースローテーションを行うことで、ボールを押せるので、衝撃に対しての抵抗ができます。

注意点として、手首を返しすぎるとフェースがかぶるので、フックやチーピンが出て、ロスしてしまいますので気をつけてください。

フェースローテーションは意外と簡単!ぜひ試してみてください。

右足の粘り

ヘッドスピードを上げるには、ダウンスイングの時に下半身の踏ん張りが必要です。韓国人女子プロゴルファーのように右足がベタ足になっていることが理想的です。

この状態で腕を振っていくことで、下半身と腕の引っ張り合う形ができるので、クラブが加速して非力の方でも、球を遠くに飛ばすことができます。腕に力が入っているからスイングが速くなるのではなく、下半身の踏ん張りに上体が後からついてくることで、HSが上がり力強いフォロースルーになっていきます。

まとめ

飛距離をアップするには、ヘッドスピードを上げることはとても大切です。1m/s上げるにはとても体力がいります。しかし、ゴルフスイングを磨きミート率を上げることで、今と同じ速度で「+10y」を狙うことができます。ぜひ、今回ご紹介したコツを試していただき、飛ばしを極めてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧