ゴルファボ TOP知識フェードボールの打ち方を3ステップで簡単解説

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

フェードボールの打ち方を3ステップで簡単解説

「フェード」であなたのドライバーが開花する!ドローだけではコースは攻めきれない…左に曲がらないショットが打てると自信を持ってクラブを振り抜くことができます。今回はフェードの打ち方を、3ステップで簡単に解説します。ぜひ試してください!

右ドックレッグのホールやピンがグリーンの右側に切られていると、「フェードボールが打てたらナイスポジションに運べるのにな~」と思っているあなた!今回ご紹介する3ステップの打ち方とおりにするだけで簡単に打つことができます。

フェードはスライスとは違うので、小手先だけでは打てません。体の回転を使って打たなくてはいけませんので打てるようになると、ドライバーを思い切り振っても左に曲がるOBも少なくなります。

人によっては飛距離も大きく伸び、スコアの大崩れも減り、ハンデキャンプもシングルに向かっていくでしょう。

フェードとドローの違いとは?

フェードとは、ストレートの軌道から落ちぎわに”スーッ”と右に曲がる球筋です。

ドローとは正反対になります。

ドローボールよりはランは稼げませんが、キャリーで飛距離が稼げます。また、コントロールしやすいので、プロやゴルフ上級者は、ドライバーなどで左に絶対曲げたくない時や、コントロールショットを打つときによく使います。最近では距離も出るようになり、「パワーフェード」と呼ばれるようなりました。

ドローの正しい軌道と打ち方のコツです!参考にどうぞ!

フェードを打つメリット

コントロールしやすい

ドローボールは、前へ前へランが出るので飛距離を稼ぐことができますが、飛びすぎると次のショットが打ちにくくなる可能性があります。しかしフェードボールは、ランも少なく、狙いたいところに打っていけます。また、風が強い日などは、低く抑えやすいので、コースではとても重宝します。

コントロールのしやすさを、ゴミ箱にゴミを投げるときの状況に例えますと、上から投げるよりも下から投げる方がゴミ箱に入りますよね。フェードは下から投げるような感じでフェアウェイを狙っていけます。

軌道がイメージしやすく打ちやすさ感が出る

フェードは、ヘッドを振り抜いた方向から右へ曲がっていくので、弾道が見やすくイメージがとてもしやすいです。ドローを打つときより、力を入れる必要がないので、スタートホールのドライバーなどプレッシャーがかかっても楽に打つことができます。

こんな人にフェードはおすすめ!

球がバラつくゴルファー

フェードボールを打つことによって、コントロールしやすいので、自然とクラブの軌道が安定してきます。スライスやフックなど、どんな球が出るのかわからない状態でコースにでると、不安で仕方ないですよね。フェードを打つことによって安定してきます。持ち球にしてもいいでしょう。

ゴルフ初心者や非力な方

初心者の頃は、スライスばかり出て嫌になると思いますが、最近のクラブはつかまりやすいので、打ち方を少し変えるだけでフェードになって飛距離もでます。曲がり幅も小さくなるので、狙った場所に運ぶことができます。

プロのフェードです!アマチュアゴルファー必見です!

3ステップ|フェードの打ち方

フェードの打ち方で、絶対やってはいけないポイントがあります。

・スイング軌道

・フェース面

を変えることです。スイングを変えればリスクが高くなるので変えてはいけません。通常と同じ振りでフェードを打っていきます。この打ち方が意識できれば、簡単に打つことができます。詳しい練習法3ステップをご紹介します。

ステップ1|通常のアドレスを取る

通常のアドレスで構えます。フェースを開いたり、閉じたりしてはいけません。しっかりと飛球線方向に対して、スクエアに構えます。

ステップ2|スタンスの位置

ボールは基本的に、フェースが向いた方向に飛んでいき、ヘッドの軌道で球は曲がります。スタンスをクローズにしてフェースを目標方向に向けてスタンス通りに打つとドロー、オープンにすればフェードになります。

打ち方の注意点として、ただ単に左足を引いてはいけません。引いてしまうと、ボールが右寄りになり、フェース面も開いって入ってくるので、右にプッシュアアウトして、スライスになってしまいます。

それを防ぐには、ボールを中心にした円をイメージし、その円に沿って移動するとスタンスがオープンなります。球の位置も自然と左側に寄り、インサイドに振りやすくなります。

ステップ3|スイング軌道、フェース面は変えない

いつもと同じような打ち方をします。スタンス通りに振ると、インサイドに入り、少しカット軌道になるので、フェードボールになります。

注意点として、スライス回転がかかるようにアウトサイドから降ろしたり、フェースを開いたりする打ち方は絶対にやめてください。曲がり幅が大きくなってコントロールできなくなります、必ずいつもと同じようなスイングを心掛けてください。コツは、打ち方を変えるのではなく、スタンスやアドレスを変えるだけす。

↓↓↓まっすぐ飛ばない時にまず試して頂きたいポイントをまとめました!

まとめ

フェードボールは、思い切り振っても左に曲がる心配がないので、コントロールしやすく安心してスイングすることができます。ご紹介した3ステップは簡単に実践することができます。フェードが打てるようになると、飛距離アップだけでなく、OB率も自動的に低くなります。ぜひ練習で試してください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧