ゴルファボ TOP初心者ユーティリティー(UT)の打ち方は?初心者が守るべき5つの掟

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ユーティリティー(UT)の打ち方は?初心者が守るべき5つの掟

常識的に考えれば、ユーティリティーで打てば誰でも簡単に飛距離アップするはず……でも「なぜか飛ばないんだよね~」という初心者は、打ち方が間違っているかもしれません。「それで飛ぶの?」と意外や意外な秘密をお伝えします。

初心者ゴルファーの強い味方がユーティリティーです。ユーティリティーを使いこなせればとても良い武器になります。欧米では「ハイブリット」と呼ばれていて、万能なクラブということで現在では男子プロもバッグの中に入れています。

ユーティリティーにはたくさんのメリットがあります。ヘッドスピードが遅いゴルファーやシニアゴルファーにとっては、ロングアイアンと同じくらいの飛距離が出ます。

今回は、初心者ゴルファーが簡単にユーティリティーを打てるようになるための守るべき5つの掟をご紹介します。初心者の心強い武器になりますので、是非トライしてみてください!

ユーティリティーの種類と特徴

ユーティリティーが出てきた背景には、初心者ゴルファーが簡単に飛距離を出せるクラブが欲しいという声によって生まれたそうです。打ちやすさと球の上がりやすさを追求したクラブです。

ユーティリティーにはアイアン型とフェアウェイウッド型と2種類のモデルがあります。ソールの幅が広めに設計されていますので、どのモデルもオススメです。

ユーティリティーは、ヘッドが地面に接地した後に滑るように抜けていくため、ダフリにくいという特徴もあります。重心がずっと低い位置にあるためボールが上がりやすく、スイートスポット(芯)も広いので、左右にブレにくくなります。

ユーティリティーの種類

・アイアン型

出典:スリクソン

ウッド系は苦手という人にオススメです。アイアンが得意な人はダウンブローに打つ感覚が身についているので不安なく打てると思います。

・フェアウェイウッド型

出典:キャロウェイ

アイアンが少し苦手という人にオススメです。ドライバーやフェアウェイウッドを打つのが得意な人は抵抗なく打てると思います。

ユーティリティーを使うメリット

・フェアウェイウッドよりシャフトが短いから振りやすい

・ダフリにくい(ソールが広い)

・重心位置が深い。スイートスポットも広い(高弾道で左右に曲がらないボールが打てる)

・弾道がフェアウェイウッドより低いので風に強く、ランも稼げる

・アイアンよりシャフトが長いので距離が稼げる

ユーティリティーを使うデメリット

フェアウェイには意外とディボット跡がたくさんあります。ユーティリティーで打つと初心者は慣れていない分、ミスをしやすくなります。この時は、冒険はしないで手堅くアイアンを持ちましょう。これもゴルフのマネジメントになります。

ユーティリティーの打ち方|初心者が守るべき5つの掟

ユーティリティーの打ち方は5つの掟を守れば、楽にスイングができますのでぜひ実践していただきたいと思います。

スタンス幅

肩幅程度のスタンスで、力まずにアドレスします。初心者はアドレスを安定させるため7番Iより少し広めでも大丈夫です。重心は両足均等にかけてください。

打ち方の注意点として、ユーティリティーは球がつかまりやすい設計になっていますので、スタンスはスクエアで構えてください。クローズスタンスですとつかまりすぎてフックになる可能性が高くなりますので気を付けてください。

ボールの位置

球を左足寄りに置くことでソールが滑りやすくなります。アイアイ型ユーティリティーの場合は、右足寄りでも大丈夫です。

コンパクトにスイングする

ユーティリティーは低重心で捕まりやすくできているので、球をつかまえようと思って振り過ぎたらいけません。コンパクトに打つことによって自然と上がり、左右に曲がらない安定したショットが打てます。

コンパクトスイングは飛距離、方向性全てをレベルアップさせるもっとも基本的なポイントです。ミスを減らし確実にミートする秘訣も合わせてご覧ください。↓

インパクトゾーンを滑らせる

ダフらないようにボールを上から叩くと芯に当たらなくなり、ユーティリティー本来の低重心の性能が発揮されないので、レベルに払うようにスイングしましょう。

レベルに振る打ち方のコツは、ボールの左側10㎝先を見ながら打つといいでしょう。入射角が緩くなり簡単にレベルにスイングすることができます。

厳禁!すくい打ちをしない

初心者は、球を上げようとしてアッパーブローの打ち方になってしまいますので、飛距離が落ちてしまいます。他のクラブでも同じですが無理に上げようとするとミスを招きます。クラブが上げてくれますので、クラブを信じて安心してスイングしましょう。

同時にフェアウェイウッドも打てるようになると中長距離がとても攻めやすくなります。基本的なスキルはUTと変わりませんので是非以下の記事もチェックしてみてください。

まとめ

初心者は、5つの掟通りの打ち方でユーティリティーを使いこなすことができれば、とても強い武器になります。フェアウェイウッドが打てなくて飛距離が出ないというゴルファーにはユーティリティーがとてもオススメです。ぜひ次のラウンドで活かしてしてみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧