ゴルファボ TOP知識飛ばしを極める!小柄男子でも280y飛ばすスイングの秘訣とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

飛ばしを極める!小柄男子でも280y飛ばすスイングの秘訣とは?

ドライバーが飛ぶ人飛ばない人の差はどこにあるのでしょうか?ゴルフでは体格に恵まれていなくても、スイングのイメージや体の使い方次第で飛距離を大きく伸ばすことができます。ぜひ参考ポイントをあなたのスイングに取り入れてみてください!

今回は、ドライバーを遠くに飛ばすための参考ポイント動画をご紹介します。

浅地洋佑プロは身長163㎝と小柄ですが、ドライバーで大きな飛距離を出せる飛ばし屋です。一般的なアマチュアと変わらない体格ながら、抜群の飛距離を生み出せる秘訣は何なのでしょうか?

「小さい頃からゴルフをやっている」「柔軟性が違う」などなどアマとは違うところは多々ありますが、あなたの参考になるポイントがあるかもしれません。ぜひご覧いただいて、気持ちよく飛ばすためのイメージや秘訣を取り入れてみてください。

小柄でも280ヤード飛ばせるコツとは

スイング全体が非常に柔らかいです。トップの位置で停止せずに、そのままダウンスイングに入ることで腕とクラブが鞭のようにしなって見えます。

やわらかいスイングが生む手首のタメや、クラブを落とす力を利用した体重移動は、飛ばしの大きな要素となります。しかし、アマチュアにはなかなか習得が難しいスキルでもあります。簡単な参考ポイントとしてトップまでこれくらい力の抜けたテイクバックを意識してみてください。

ガチガチに固まったバックスイングではその後のダウンスイングも固くなってしまいます。浅地洋佑プロのスイングを目に焼き付けてイメージして振れば、あなたのスイングも更に鞭のようにしなるかもしれません。

しかし、インパクトにかけてはしっかりと力を入れましょう。力を抜いたまま打つとヘッドがブレてボールが左右に散らばってしまいます。ぜひ練習場で試してみてください。

↓↓↓力を抜いて打つためのポイントをかんたん解説いたします。

↓↓↓ゴルフスイングの基本的なポイントはここでチェックしてみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧