ゴルファボ TOP知識ダブルペリア方式とは?ゴルフコンペ定番を3分簡単解説

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ダブルペリア方式とは?ゴルフコンペ定番を3分簡単解説

ゴルフコンペをもっと楽しもう!ゴルフは初心者でも上級者でもハンデがあれば同じステージで戦うことができます!今回は「ダブルペリア方式」についてご紹介します。これまでの算出方法よりも不公平感がなくなり、コンペが盛り上がること間違いなしです。

「ダブルペリア」とはどのようなものかご存知でしょうか?現在のゴルフコンペではほとんどダブルペリアを採用しているかと思います。

理由は、公平性があるからです。コンペでは、初心者から90〜80台前後の上級者や中級者が一堂に会して行います。誰でも優勝を狙えるので、表彰式では順位発表が一番盛り上がります。コンペに初参加の方のハンデがわからない時にダブルペリアは便利です。

今回は、ゴルフコンペで盛り上がる「ダブルペリア」方式について3分で解説していきます。

ダブルペリア方式は、初心者ゴルファーが上達すればするほど上位に食い込めるチャンスがある方法です。ぜひ練習やラウンド経験を踏んでスイングなどを上達させてチャレンジしてください。

ダブルペリアとは?

ダブルペリア方式とは、ハンディキャップの算出方法の一つです。合計が「48」となる12H(OUTと INから6Hずつ)を選び、スコアを合計してハンデを算出します。新ペリア方式とも言われています。

ゴルフにはハンディキャップがあるから面白い!大きく分けると2つあります!たくさん楽しめます!

なぜ、ダブルペリア方式が生まれたのか?

昔、多くのコンペでは、「ペリア方式」で行われていました。隠しホールは「6」に設定し、その合計に「3」を掛けて「72」を引き、「0.8」を掛けます。実際のスコアからそこで計算された数字を引けばネットとなります。

ただ、6Hということと、本来ダブルパー(Par4のダブルは8)が上限なのに、日本ではそのままの打数を使うので、大叩きしただけハンディキャップがたくさん獲得できました。運に左右されることが多かったため、不公平という声が上がり、12Hの上限があるダブルペリア方式が採用されるようになりました。

「ダブルペリア」算出の計算方法

隠しホール

ダブルペリアは、OUT「6」、IN「6」の12Hを設定します。基本は、OUT・INとも「パー5は1つ、パー4は4つ、パー3は1つずつ」ですが、ゴルフ場やコンペの開催頻度によって変わります。12Hにすることで、ダブルペリアでは公平感が出るようになりました。

ダブルペリア|ハンデ計算方法

12Hの合計打数を出し、合計の数字に「1.5」を掛けて、その数から「72」を引き、「0.8」を掛けた数字がハンディキャップとなります。

例えば…12Hのスコアがすべてダブルボギーだとしたら、「28.8」となります。

12H×6ダボ=72

72×1.5=108

108ー72=36

36×0.8=28.8

実際のスコアもすべてダブルボギーの「108」だったとしたら、ネットは『108-28.8=79.2』の「79.2」となります。

ダブルペリアの場合、実際のスコアから算出ハンデを引いた数がネットになります。オーバーパーの数に8掛けですが、もっと簡単な方法があります。

ダブルペリア算出には、もっと簡単な「◯×1.2」の方法がある!?

ダブルペリアのオーバーパーの数に「1.2」を掛けたらハンデが出ます。なぜ、「1.2」を掛けるかと言いますと…

①Par5の2つ、Par3の2つ、Par4の8つで、合計12H Par48になります

②Par72に換算して、8掛けすると『(72÷48)× 0.8 = 1.2』よって係数が「1.2」になります

③12Hのオーバーパー分の合計(X)を求める

④12Hの合計が「72」なら、Xは「24」なので、ハンデ=24×1.2=「28.8」となります

ダブルペリアの計算で、「1.2」の係数を覚えておくと便利で簡単ですが、実は、コンペでの集計は、ほとんどゴルフ場が計算してくれます。ゴルファー自身、計算はしません。予約時に相談すると順位表まで作成してくれるところもあります。表彰式のとき順位表があると、大変盛り上がります。

ダブルペリアの上限スコアは?

上限は2つあります。基本は、隠しホールでどんなに叩いても、ダブルペリアでは規定打数の2倍までです。例えば、パー5で13打叩いても「10」、パー4で12打叩いても「8」までとして計算されます。

もう1つの「トリプルボギーカット」の場合は、どんなに叩いてもトリプルボギー止まりです。パー3で10打叩いても「6」になります。

ティーショット上手くいけば波に乗れます。プロのティーグラウンドでの考え方を真似するだけできっとスコアアップできるはず!

ダブルペリアで優勝するコツは?

隠しホールで大叩きして、他は良いスコアで回ること

ダブルペリアで上手く“ハマる”と、たくさんハンデが獲得できるので、ネットが良くなります。どこに設定されているかを予測しながらラウンドすることで、優勝が狙えたり、上位に食い込んだりすることができます。コースやコンペによっても異なりますが、狙い目をつけることはできます…

ダブルペリアの12Hを推測する

もちろん例外はありますが、推測できるのは1、9、10、18番を除いたホールです。出だしと上がりは打数を調整しやすということもあって、多くのゴルフ場では除外されています。

ということは…スタートの1番がミドルまたは9番がロングなら、前半は1番以外の5つあるミドルのうち4つ、ロングはもう1つということになります。後半も同じように考えると、ダブルペリアではある程度は推測しやすくなります。

自分のレベルを上げること

ハンディキャップのルールのことばかり考えるのではなく、自分の実力を上げることで優勝に近づきます。上達するにはまずは、スイングを良くしたり、コースマネジメントをしたりすることが大切です!

コースには難易度、コースレートというものがあります。それを参考にすることでラウンドしやすくなり、スコアアップも期待できます!参考にどうぞ!

まとめ

今回は、「ダブルペリア」についてご紹介しました。コンペの集計では、公平性が保たれるということでよく使われています。

ダブルペリアは、大叩きできるところ、できないところが“ハマれば”高い確率でハンデをもらうことができますが、上達してくれば、おのずと優勝や上位に食い込める確率が高くなります。ぜひ、たくさん練習をして良いスコアを出してダブルペリアでの優勝を目指してください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧