ゴルファボ TOP知識ゴルフのフライヤーとは?原因と2つの改善法のまとめ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのフライヤーとは?原因と2つの改善法のまとめ

ゴルフのフライヤーとは…どういう意味でしょうか?ラフから打ったとき、思った以上にボールが飛んだ経験ありませんか?その現象のことです。ある条件のもとによく起こります。プロも手を焼くほどですので対処法を身につけることでスコアアップが望めます。

ゴルフのフライヤーとはどのようなことか、あなたはご存知ですか?ゴルフは曲げると、ある程度リスクを背負って次のショットを打たなければいけません。ラフはフェアウェイと違って芝生が伸びているので、クラブヘッドの抜けが悪くなり、ボールの飛びに影響を与え、距離感をコントロールできないという現象が起きてしまうことがあります。

今回は、「ゴルフのフライヤーとは?原因と2つの改善法」についてご紹介します。

ゴルフではいかなるときでも、その状況に応じたショットを打つことが求められ、それができると技術が向上しスコアを伸ばすことができます。ぜひ、今回ご紹介する改善法を試していただき、次回のゴルフにつなげてみてください。

ゴルフのフライヤーとは?

フライヤーとは、ゴルフクラブの番手以上の飛距離が出てしまうことをいいます。例えば、通常のスイングでは8番で140ydだけど、160ydくらい出てしまいます。こうなると、グリーンをオーバーしてしまい距離感をコントロールすることが難しくなります。

原因は…

フライヤーとは…説明しますと、ゴルフではボールはフェースの溝に当たることで、バックスピンがかかり、高さで距離をコントロールすることができます。

ゴルフのフライヤーとは、インパクトのときにクラブヘッドとボールの間に芝生が挟まることで起こります。そうなるとスピンがかからず、上がらないので、棒球になり予想以上に距離が出てしまいます。

特に9番アイアン以下のウェッジなど打ち出し角度のあるクラブで打つと、球の初速が落ちずにバックスピンだけが減るので、思った以上に飛んでいきます。クリーンヒットすれば、スピンが効き、グリーンで”ピタっ”と止められますが、スピンがかからないことで、地面に着弾しても予想以上に転がっていきます。

どんな時に起こりやすい?

フライヤーとは、ラフからのショットのときに起こりやすくなります。どうしても芝生がからんでしまうので、ヘッドの間に芝生が入ってしまいます。

ゴルフのテレビ中継などで、よく「フライヤーになりましたね~」という用語を聞くので、プロだけしか出ないと思っていませんか?実はアマチュアでも出るときはあります。

フライヤーとは、ある程度ヘッドスピードがないと出ませんので、思ったより気持ち良く振り抜けたときに起こりやすくなります。気をつけましょう。

雨の日にも同じ現象が…

フライヤーとは、実は雨の日のラウンドでも起こりやすくなります。フェースの溝が埋まってしまうと、スピンがかけられないので、高くゴルフボールをあげたり、止めたりすることができません。

フェアウェイからでも水滴が入ってしまうと、同じ現象を起こしてしまいます。最悪の場合は、雨の日のラフになります。芝は重たいし、水を多く含んでいますので、
スイングもしにくくなり、どこに球が飛んでいくのかわからなくなります。

雨の日にゴルフはすぐスコアに影響してきます。7つのポイントをおさえるだけでミスを減らせます。

逆にドロップする時もある

ゴルフ場のラフからだと、フライヤーとは逆に飛ばないときもあります。ゴルフでヘッドスピードが遅い人は、逆に「ドロップ」して飛ばなくなる場合があります。

芝が茂っていると出すだけでも大変なライでは、葉の抵抗を大きく受けるので、ヘッドスピードが落ちたり、芝が入り過ぎたりして、ドロップするときがあります。野球のピッチャーが投げるフォークのような軌道です。すぐにお辞儀をして地面に着弾します。そして勢いなく転がっていきます。

そうならないためには、ロフト角度が寝たゴルフクラブを使うと、抜けがよくなるので、ヘッドスピードも上がりボールをヒットすることができます。注意点として、抜けがよくなると今度は飛びすぎる可能性があるので気をつけましょう。加減が難しいですね!ゴルフの経験を重ねるしかなさそうです。

ゴルフ改善法|コントロールするには!?

やはり、ゴルフでは曲げないことが大切です。しかし、アマチュアゴルファーは、ラウンド中半分のホールくらいは曲げてしまいます。プロでもフェアウェイのキープ率は、平均で6割強くらいですので仕方ありません。

フライヤーとは、ミスを誘ってきますので、いかにリカバリーするかがゴルフのスコアを崩さない鍵になってきます。

ゴルフクラブ|番手を1~2つ下げる

ゴルフのフライヤーとは、芝が伸びたラフから発生します。そこから脱出するときの鉄則は、クラブの番手を下げることです。ロフトが立ったクラブだと、芝の抵抗に負けてヘッドスピードが落ち、球を外に出すことができませんので、しっかり当たるように短いゴルフクラブを持って振りましょう。

ゴルフ場のグリーン周辺にOBや池、バンカーがある場合は、飛びすぎの発生を防ぐために、2番手ほど下げて打ってみましょう。例えば、8番アイアンの距離だけど9番かPWを選択します。

フライヤーとは、スイートスポットでヒットすることで起こります。ゴルフでナイスショットを求めるのはとても良いことですが、そのことで距離感が出なくなると、ピンを攻めることができなくなるので、スコアを組みてることが難しくなります。一歩間違えると大叩きしてしまうこともあります。

ゴルフでティーショットを曲げてラフに入ったら、球が不規則に飛んでいくことを念頭においてマネジメントすることが大切です。

・このホールはグリーンオーバーしても返しのアプローチは大丈夫だ!
・グリーンの手前に、池やバンカーがあるから、直接狙わず、レイアップ(刻んで)してから次打に賭けよう!

などを考えることによって、ゴルフで大崩れすることがなくなります。どういう球筋が出るのかを知っていることで、フライヤーを防ぐだけでく、バリエーション豊富な攻め方ができます。

ゆっくりスイングする

少しゴルフのレベルが上がりますが、フライヤーとは、ある程度のヘッドスピードでフェースの間に葉が挟まってインパクトを迎えると予想以上に飛んでいくので、あえてスイングスピードを遅くして勢いをなくします。ゴルフクラブを短く持つことで遠心力がかからないのでスピードを遅くすることができます。

注意点として、周辺に池やバンカーが無いかを確認しましょう。上手く上げてナイスショットを打ったのに、距離が足りなくなって、ペナルティをもらうともったいないので、周りの状況を確認してコースマネジメントしていきましょう。

フライヤーとは、ゴルフ場の芝生の種類によっても違ってきます。芝の特性とショットのコツがわかります。

原理を利用してスコアアップ

ゴルフのフライヤーとは、縦の距離感をコントロールしにくくします。その原理を利用することで、パー5のセカンドやサードショットの飛距離を稼ぐことができます。

フェアウェイでもわざと少し噛んで(ダフる)インパクトを迎えると、思った以上に飛ぶことがあります。きっちりピンを狙うことが難しくなりますが、距離を稼ぎたいときは、この原理を利用するのもありと思います。

おまけ|夏のラフから簡単に脱出する方法

フライヤーとは、ラフからのショットで起こりやすくなります。夏のゴルフ場の芝生はとても強いです。力まかせに打つとゴルフボールをコントロールすることができず、また手首を痛める危険性があります。

ここでは確実に脱出する方法をご紹介します。安全な場所に打つこともゴルフでは重要です。

払い打ち

ヘッドを上から打ち込むと芝の抵抗を受けるので、横から払い打ちすることが大切です。クラブは短く持ちます。そのときのグリップは左手小指、薬指、中指をしっかり握り、コンパクトにゴルフスイングします。

払い打ちのコツとして、インパクトを点としてではなく、ゾーンで捉えるイメージを持つことで払い打ちができます。

ゴルフでレベルブローができると簡単にゾーンで打つことができます。「レベルブロー」のゴルフレッスン動画です。参考にどうぞ!

ラフからでもボールを止める方法

<ショートアイアン>


ゴルフクラブのヘッドを下から上にカチ上げるようにスイングします。球を少し左側にセットして右肩を少し下げて右に傾いた軸をイメージします。スイングは、ドローを打つようにややインサイドアウトの軌道で振ります。

そうすることで、打ち出しの角度が通常より高くなるので、スピンがかからなくても高さで止まります。

<ミドルアイアン>

バンカーの要領で、フェースとスタンスをオープンに構えます。アーリーコックで早目にコックを作り、ヘッドはアウトサイドに上げて、体の回転を使い左に振り抜きます。そのときあまり打ち込まないようにします。

スピン量は増えますが、ロフト角が寝ている分、飛距離は出ませんので番手を1〜2つ上げましょう。

芝の抵抗に負けないためには、グリップをしっかりと握ることです。グリップについてまとめました。基本の握りを確認しましょう!

まとめ

フライヤーとは、ゴルファー泣かせのものです。思わぬところにミスショットになる原因が隠されていましたね!

プロゴルファーでも手こずるので、アマチュアがミスするのは仕方がないことです。しかし、ご紹介した改善法を活用すれば、ゴルフコースで困ることはありません。

フライヤーとは、ラウンドでは起こりうる現象なので、それを踏まえたうえでショットをすれば対応することができます。ぜひ、試していただきスコアアップにつなげてみてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧