ゴルファボ TOP知識ドライバーを短く持つと100切りが安定する5つの理由

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ドライバーを短く持つと100切りが安定する5つの理由

ドライバーで曲げたくないけど、ラウンドではいつも林の中かOBばかり…そんなあなたでもクラブを短く持つだけで、簡単にボールをまっすぐ飛ばすことができます。スライスやフックに悩んでいる方やもっと飛ばしたい方必見です。

あなたは知っていましたか?ドライバーを短く持つだけでミスを大幅に抑えることができることを…知らないでいるとスコアを大きく崩してしまいます。

今回の記事は、ドライバーを短く持つと100切りが安定する5つの理由についてご紹介します。

実は、プロゴルファーもたくさんドライバーで曲げています。ただ、ミスをしても大怪我をしないようしているだけです。それだけドライバーは難しいクラブということ。大事なのは、曲げてもOBまでいかないようにすることです。そうすることで100を叩くことが無くなりますのでぜひ試してみてください。

どのくらいドライバーを短く持つの?

出典:GDO

ドライバーを短く持つことで有名なのがタイガー・ウッズです。意外と思われますが、飛ばし屋と言われる人ほど短く持つことを推奨しています。国内ツアープロの今平周吾もグリップを余して握っています。元世界ランク1位のリディア・コーは、グリップの握る位置で距離を打ち分けています。

では、どのくらいドライバーを短く持つのが正しいのでしょうか?それは、指3本ほどです。1本くらいでは効果は出てきません。大きく変えることで効果が現れやすくなります。ぜひ、思い切ってやってみてください。

ゴルフはグリップが命です。握り方1つで上手くなるポイントが隠されています。初心者やベテランもチェックしてみてください。

短く持つとドライバーの性能が変わる

重さ

ドライバー自体の重さは変わりませんが、グリップエンドより、シャフト側を握ることで手元にも重さを感じます。逆にシャフト側をもつとヘッドが軽く感じます。それにより、クラブ全体を軽く振ることができます。

バランス

短く持つことでグリップエンドが余るので、カウンターが効いてヘッドの走りが良くなります。ドライバーのバランスも軽くなり、振りやすくなります。

デメリット

<シャフトが硬くなる>
ドライバーを短く持つことでシャフトのしなりも変化してきます。棒が長くなるとしなり、みじかくなると硬くなる原理です。シャフトが硬くなるので、スイングをコントロールしやすくなりますが、硬いと振りにくいというイメージを持っていると苦手意識が出て、スイングそのものが悪くなる場合があります

<ボールが上がりにくくなる>
長いドライバーに比べみじかくなるとボールの弾道が低くなります。なぜ、そうなるかといいますと、シャフトのしなりが使えないことと、ヘッドのロフトがインパクトの時に立ってしまうので、弾道が低くなります。特にアイアンでその傾向が高くなります。

メリット|100切りが安定する5つの理由

ドライバーを飛ばそうと思うと遠心力を活かしたいので、長く握る方が理にかなっています。しかしゴルフは曲げてしまうと飛距離をロスしてしまします。結局、飛んでいないのと同じことになります。

毎回ドライバーをまっすぐ飛ばすことができれば、自ずと距離も伸びてきますので、セカンドやサードショットがみじかくなり、パーオン率が高くなり、安定して100切りすることができます。ドライバーを短く持つメリットについてご紹介します。

方向性がよくなる

ドライバーがみじかくなると遠心力が小さくなるので、ヘッドスピードは少し落ちますが、サイドスピンの量が抑えられるので曲がり幅を小さくすることができます。

同じくバックスピンも減るので、球は上がりにくくなりますが、球のコントロールはやりやすくなるので、自然とドライバーの方向性が良くなります。フェアウェイに残る確率が上がり、グリーンが狙いやすくなります。

ドライバーのスライスを撲滅したいですよね。原因と改善方法を知って練習してみましょう。3ステップで簡単解決!

ドライバーのスイングリズムがよくなる

ドライバーでボールをコントロールできれば、ティーショットで余裕が出てくるのでミスショットを大幅に減らすことができます。精神的に余裕が出てくると安心感が生まれてきますので、スイングに迷いがなくなりリズムも良くなってきます。

スイング軌道が安定する

リズムが生まれると気持ち良く振れるのでスイングの軌道も良くなります。さらにドライバーが短いとボールの近くに立てるので、振りがコンパクトになり、手打ちになりにくく、ミート率が上がってきます。

ミート率が上がると、ボールの飛ぶ初速が早くなるので、遠くに運ぶことができます。男性アマチュアゴルファーは、女子プロとほぼ同じくらいのヘッドスピードなのにドライバーの飛距離が違うのは、このミート率が関係しています。

ミート率についてまとめました。一度確認していただき、飛ばしの秘密を覗いてみてください。

アゲインストにも負けない強い球が打てる

ゴルフ場ではいろいろな方向から風が吹いてきます。アゲインストだと球が吹き上がったり、ドロップしたりして10〜20ヤード落ちます。

ドライバーを短く持つことで、ロフトが立つのでボールの吹き上がりを抑えることができます。また、みじかく持てる分、手首を自由に使えるので、インサイドアウトやアウトサイドインのカット軌道など自在に球をコントロールすることができます。

軌道を操れるとリカバリーショットやドローボールで飛距離アップが図れます。

ドライバーの平均飛距離がアップする

短く持つことでコンパクトな振りになるので芯に当たり正確なショットが打ちやすくなります。曲がりが少ないとまっすぐ飛ぶから、飛距離が伸びます。

ドライバーショットがフェアウェイに残るようになると、コンペなどのドラコンでも記録が残るようになるので、ドラコン受賞のチャンスが増えてきます。

まとめ

ドライバーを短く持つだけで、曲がりにくいことが分かっていただけたのではないでしょうか。

長く持ってたまにしか出ないナイスショットより、グリップを余して握って7割まっすぐ飛んだショットの方が100切りも安定し、飛距離アップにつながります。コツは思い切ってドライバーを3本分は開けてグリップすることです。効果はバツグンです。ぜひ、次の練習やラウンドで試してください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧