ゴルファボ TOP知識ゴルフのロングパットを確実に寄せるための3つの鉄則

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのロングパットを確実に寄せるための3つの鉄則

ゴルフのパッティングは距離感をつかめば、アマチュアゴルファーでもプロのようにロングパットを1発で沈めることができます!知識を入れるだけでもパット数は減らせますので、ラウンド前や自主練のときは、この記事を読んでスキルを身につけましょう…!

ゴルフで、ロングパットを苦手にしているアマチュアゴルファーは多いのではないでしょうか?その原因は、短い距離なら打てば入る気がしますが、長いとどれくらいの強さで打てばいいのか迷うからです!

今回の記事は、ゴルフのロングパットを確実に寄せるための3つの鉄則についてご紹介します。

パットの数を減らすことで、ゴルフのスコアをアップさせることが簡単になります。ドライバーやアイアンショットを上手く打つには時間がかかりますが、パターだと距離感をつかむだけで入る確率が格段に上がります。

ぜひ、ご紹介する内容を試していただき、プロのようにロングパットを1発で沈めてください!

ロングパット|なぜ失敗をするのか?

ゴルフのロングパットは難しいですよね!なぜ、上手くカップインさせたり、寄せたりすることができなのでしょうか?その原因を探ってみましょう。

芯でヒットできない

ドライバーやアイアンと同じで、芯に当たらないとゴルフボールはころがってくれません。芯に当たらない原因は、「入れないといけない、しっかり打とう」という気持ちが、焦りにつながり、ついついタイミングが速くなり、打ち急いでしまい、手だけが先行してしまい、芯でヒットすることができません。

距離感を合わせられない

芯で当てられないので、自分がイメージする距離を出すことができません。手首を固定して肩を振り子のようにしてストロークします。

しかし、アマチュアは手先で合わせにいく傾向があるので、ゴルフボールの勢いが強かったり、弱かったりして距離がまったくつかめません。そうなると寄せることが不可能になってしまいます。

ゴルフで確実に寄せるための3つの鉄則

ゴルフでロングパットを確実によせるには3つの鉄則があります。

・今日の感覚を知る
・カップを直接狙わない
・ルーティーンを取り入れる

これをコースで守ることで格段に寄る確率は上がります。ぜひ、意識して試してみてください。

今日の感覚を知る

スタート前には必ず練習グリーンで球を転がしてください。これをしないとなかなか寄せることはできません。

まず、練習グリーンの端から端までボールを打ってください。この時、打った振り幅でゴルフボールがどれくらいのスピードで転がっているのかを確認しながら、2~3球打ってください。

そして徐々に距離を短くしていき、今日の振り幅とボールのころがりの感覚を確認してください。日によって感覚は違ってきますので、必ずスタート前にはゴルフボールをころがしてください。

カップを直接狙わない

傾斜を読んで、カップの周辺で、1パットで入れられる所によせるようにします。狙いにいくと必ずと言っていいほどオーバーします。

ロングパットを寄せるのにおすすめなのが、カップの直径を1mくらいにイメージして、その1mの円に入れるように打ちます。そうすることでゴルフの距離感がつかめてきます。運が良ければ入ります。

しかし狙ってはいけません。あくまでも寄せることを目的としてストロークしてください。

ゴルフのパターの構えは、はっきり言って好みになりますが、あなたの感覚に合えばさらに上手くなること間違いなし!ぜひ、試してみてください!

ルーティーンを取り入れる

ゴルフは、同じ手順をふむことで普段どおりのストロークをすることができるようになります。特にパッティングは、他のショットより緊張もしますし、メンタルの部分が大きくなってきますので、ルーティーンを入れることによって落ち着いてロングパットを寄せることができます。

ルーティーンの方法として、例えば…グリーンに上がったら

①ラインを読む
カップ側からとゴルフボール側からラインを確認する

②ボールを打ち出すスパット(目印)を見つける
カップを見るよりも打ち出す場所に正確にストロークすることで寄る確率が上がります。

③素振りをする
ストロークの強さや方向をイメージしながら、素振りを行います。このときボールが実際に転がるイメージをすることで、寄る確率がグンと上がります。

ご紹介した3つの方法の他、あなたがこれまで上手くいったことを取り入れることで、いつもと変わらずにゴルフをすることができます。ぜひ、自分のルーティーンを作ってみてください。

ロングパットのストロークが上手くなる練習方法

狙った場所に止める

「届かないと入らない!」といって、いつも強気で強めに打ってオーバーすると返しのパットが難しくなります。それを防ぐためのドリルです。

パターマットの平な部分の端に目印を置いてください。マットによっては、フラットから登っていっていくタイプもありますが、そういう場合は登っていく手前の方に置いてください。

目印の手前ギリギリでボールが止まるように打ちます。ギリギリで止めることによって感覚を覚えることができます。練習グリーンでもカップの手前で止めることで同じような効果を得られます。

ゴルフのパターは練習をしなくても簡単にヒットできますが、距離を合わせるのには苦労します。ストロークを安定させるレッスン動画です。

ゴルフ|ショットタイプ別ロングパット打ち方

ショットタイプ別の打ち方のコツとして、

インパクト後に…

・フォローを大きく取る
・フォローを小さくする

の2つがあります。

<フォローを大きく取る>

普段のゴルフクラブを振るスイングが、フォローを大きく取るスイングをしているゴルファーは、インパクトのときに右手を押してフォローを大きく取ることで距離が合わせやすくなります。

<フォローが小さい>

パンチショット気味に打っているゴルファーは、青木功プロのようにインパクトで”コツン”と打つと合わせやすくなります。

利き手でボールを転がす

ゴルフボールを利き手で持って、下手投げでカップに向かって転がします。「振りかぶる大きさ」や「ホールまでの距離」がコントロールできるので、距離感を養うことができます。

手で転がした感覚を思い出しながらストロークするとよせやすくなります。パターを持たなくても練習ができるので、自宅のマットで試してみてください。

ゴルフの100切りにはパッティングが重要です。今年中に100を切りたいゴルファーは必見です!

どうしてもロングパットが寄らない時は…

パターの重量をチェックする

まったく寄せられない場合には、重さをチェックしてみましょう。いつもオーバーするときは軽くします。逆にいつもショートばかりだと重くします。この場合、極端に重量を変える必要はありません。

ゴルフショップなどで販売されているクラブ専用の鉛を貼って調整することができます。球の転がりが変わります。

重くするにはヘッドのソール(地面に接着するところ)部分に貼ります。または、重いグリップに変えることで重量をアップすることができます。逆に軽くしたい場合は、軽量のグリップに変えます。パターの重量で、ボールの転がりも調整できますので、一度試してみてください。

構えのスタンスを変えてみる

スタンスを広くしたり、狭くしたりすることでもゴルフボールの転がりが違ってきます。交互に行って確認してみてください。特に調子が悪いときなど、良いきっかけになるときもありますので、試してみる価値はあります。

↓↓↓ロングパットをしっかり寄せて次で決めるためのコツとは…?

まとめ

パッティングにはスイング理論は必要ありません。ただ転がすだけです。難しいことはあまり考えず、距離感を大切にすることがとても重要です。特にロングパットでは、入れるよりよせる感覚が必要です。

練習グリーンでは、必ずロングパットから練習し、最後は短い距離を入れてストロークを確認してください。3~4パットを1つでも2でも減らすことでスコアをまとめることができます。ぜひ試していただき、次のゴルフにつなげください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧