ゴルファボ TOP知識ゴルフ|飛距離アップにオススメの練習【+30ヤード】

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ|飛距離アップにオススメの練習【+30ヤード】

ゴルファー永遠の課題「飛距離アップ」に欠かせない2大ポイントは、ヘッドスピードとミート率です。ヘッドスピードを上げて、ダウンスイングで生み出した大きな力をインパクトで正しくボールに伝える為の効果的な練習法をご紹介します。

すごくナイスショットしたはずなのに吹き流し(白旗)にすら届いていない・・・

同伴者は軽く振っていたのに自分よりずいぶん先まで飛んでいて悔しい思いをしたことがあるゴルファーも多いのではないでしょうか。

飛距離アップにはたくさんのコツがあります。ただ思いっきりクラブを振り回しても飛距離は全然出ません。大切なことは力強くヘッドを加速させてボールをしっかり捉えることです。

聞くだけだと簡単ですが実際はとても難しいですよね。

しかしポイントを押さえた練習を繰り返せば飛距離は必ずだれでも伸びます。今回は誰でもできる簡単練習法で飛距離アップを実現する秘訣をご紹介します。

飛距離アップに効果的な練習とは?

  • ボールに力を伝える練習
  • ヘッドスピードを上げる練習
  • ミート率を上げる練習

ボールに力を伝える練習

もしもあなたが重たいものを思いっきり押すとしたら手と体はどのような形になるでしょうか?力を入れて全身で押す時に手は必ず体の近くに来るはずです。これはゴルフのスイングにも言える事です。

アマチュアゴルファーはボールと体が離れすぎているとよく言われます。ボールと自分との距離を離してスイングしたほうがスペースが出来るので早く振れそうな気がしますが実際は反対です。体から遠く離れた手は力が入りません。インパクトの衝撃にも負けてしまう弱いスイングになってしまうのです。

インパクトの瞬間に手(グリップ)が体の近くを通ることで力強いスイングが可能になり飛距離アップができます。もっとも簡単な方法はアドレスの時点でボールと自分の距離を詰めておく方法です。慣れないうちは少し窮屈かもしれませんがある程度手の可動域を制限したほうが方向性、ミート率が上がり飛距離アップ出来ます。

普段のアドレスの前傾角度から真下にだらんと腕を垂らしてください。その垂らした手の所にクラブのグリップを持ってくることで、理想的な距離にアドレス出来ます。決して手を前に出したり、クラブをセットしたところに手を持っていかないでください。

ヘッドスピードを上げる練習

ヘッドスピードを上げるにはフルスイングしてヘッドを加速させる感覚を身につける必要がありますが、ただ力いっぱい振るだけではなかなかその感覚は身に付きません。フルスイングに必要なポイントを押さえた練習をすることによって思いきり振る感覚が身に付きます。

飛距離アップに効果的な練習法

一本足スイング
野球のスイングの様に片足を上げて大きく踏み出して素振りをします。足を上げて踏み出すことで体重移動の感覚や大きな軌道を描く感覚が身に付きます。

連続素振り
両足を地面に着けたまま、素早いスイングをおもいきり10回行うゴルフ練習法です。ポイントはしっかりいつものように連続して振る事です。最後の方になると疲れて余計な力が抜けたフォームになります。力を抜いて振るイメージが身に付きます。

重量を上げてスイングする
練習用の重たいクラブ、もしくはゴルフクラブを2~3本持ってスイングしましょう。飛距離アップに欠かせないクラブを振るために必要な筋肉が鍛えられます。この練習法は打ちっ放しなどの練習の時だけでなく、本番ショットの前に行っても効果があります。

ミート率を上げる練習

ひと昔前のゴルフクラブでは飛距離アップのためにはスイングスピードが欠かせませんでした。しかし現代の進化したゴルフクラブはヘッドも大きくなりミート率を上げることによって飛距離が大きく伸ばせるようになりました。女子プロゴルファーが小柄ながらも250ヤード以上飛ばせるのはミート率にあります。

飛距離アップに効果的な練習法

小さいスイングでボールに当てる
右腰まで上げて左腰まで振る小さなスイングでクラブの芯で打つ感覚を身につけましょう。プロとアマのもっとも違うところがこのミート率です。真っ直ぐ飛んでいるようでも実際100%ミートしていることは稀です。小さなスイングで芯に当てる感覚が掴めてきたらだんだんとスイングを大きくしていきましょう。最近当たりが悪いなと感じている方にもオススメの練習法です。

少し地味な練習ですがミート率を上げる為には非常に効果的です。

まとめ

ゴルフで飛距離アップをするためにはさらにリラックスが重要です。グリップなどガチガチに握っていてはデメリットしか生ませません。インパクトの瞬間だけ100%の力を入れるくらいのイメージでショットすれば飛距離アップも可能になります。

効果的な方法を丁寧に実践して+30ヤードを実現させましょう。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧