ゴルファボ TOP知識パッシブトルクとは?飛距離10y伸びるゴルフ最新理論

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

パッシブトルクとは?飛距離10y伸びるゴルフ最新理論

超一流のゴルファーは「パッシブトルク」を使っていた!トップからダウンにかけてシャフトを倒しながら打ちますが、世界のトッププロは、多種多様のスイングにもかかわらずほぼ全員が「パッシブトルク」で打っていた!これがナイスショットを打つ条件です!

ゴルフのスイングは、ボールから肩を結ぶスイングプレーンに沿って、積極的にフェースローテーションを入れて振ればビッグドライブをすると言われていますが…この常識はもう古いかもしれません。

実は、クラブヘッドを受動的(身を任せる)にするだけで自然にヘッドが返ってきて加速するんです。今回は、世界のトッププロが実践する「パッシブトルク」の最新理論で飛距離が+10y期待できる方法をご紹介します。

超一流選手にはパッシブトルクの共通点があります。これまでの動きと逆の動きになるので、最初はかなり違和感を覚えると思いますが、欧米のプレーヤーがなぜあんなに飛ばせる理由がわかります。理解するまでは少しややこしいかもしれませんが、ぜひ一読していただき最高のスイングの参考にしてみてください。

パッシブトルクとは?

出典:GDO

パッシブトルクとは、トップポジッションの切り返しでクラブヘッドを倒すような動きをすることによって、筋肉の作用を利用してパッシブ(受動的)に行なうスイングのことです。

積極的にフェースローテーションを使ってインパクトを迎える能動的ではなくて、フェースの動きを自動的にさせようという最新のゴルフ理論です。

パッシブトルクを使っている代表的な選手は、2017年のマスターズ覇者のセルヒオ・ガルシア、メジャー4勝のローリー・マキロイ、2015・2016年国内賞金女王のイ・ボミなどがあげられます。

ダウンスイング始動の瞬間、切り返しでヘッドが後方に倒れているのがわかると思います。

なぜ、パッシブトルクで飛距離が出るのか

スイングには、「手首の縦の動き」「手首の横の動き」「シャフトの軸回転」で発生する3つのトルクがあり、この3つのトルクの複合体が、パッシブトルクになります。インパクトでシャフトの回転軸を受動的(自動的)に発生させることでとても楽にショットをすることができます。

飛ばし屋と言われるプロの切り返しをよく見ると、ヘッドが垂れて一旦後方に倒れる動きがあると思います。その後は手元が体に巻きつくように引きつけられて、ヘッドが加速しながらインパクトを迎えます。

ゴルフクラブがオンプレーン上を通るより、パッシブトルクでシャフトを倒してプレーンの下から降ろしたほうが、ヘッドのスピードが出ます。クラブを倒すと左腕にパッシングトルクがかかり、その反作用で、腕とクラブが左回転してきます。

意識してフェースローテーションしなくてもクラブフェースが自動的に閉じていきます。プレーン上にクラブを振って飛距離を出すには体力が必要ですが、パッシブトルクを使うと少しの力で効率的に飛ばすことができます。

👇ドライバーショットは、スライスがなくなると平均飛距離が伸びます!ゴルフ初心者は必見です!

スピードを上げる『サイクロイド曲線』

なぜ、パッシブトルクで飛距離が出るかと言いますと、「サイクロイド曲線」(サイクロイド曲線とは…円を転がした時、円の外周が一回転した時にできる曲線)の効果を得られるからです。

上記の図を見てください。一番上にあるボールを黒い線(直線)と赤い線(曲線)からボールを転がしたとき、サイクロイド曲線のほうが球が速く転がります。身近なもので言えば、滑り台などです。直線よりも曲線を描いた滑り台の方が早く滑れます。

この理論からいくと、高いトップから直線的にそのままボールを打ちにいくよりも、シャフトを倒してあえてパッシブトルクで遠回りさせてスイングするほうが、ヘッドスピードが上がるので飛ぶことになります。

このサイクロイド曲線の理論は、メジャーリーグで活躍している大谷選手やイチロー選手も活用しています。バッターボックスに入るとき、わざとアッパースイングで素振りをしているのがそれです。彼らもヘッドスピードを上げるコツに利用しています。

👇ゴルフでは「すべてのミスはグリップが原因」と言われています。間違った握り方をしていると飛ばなかったり、ボールが左右にブレたりします。

パッシブトルクのメリット・デメリット

最新でも、メリットとデメリットがあります。

メリット

パッシブトルクは、トップからの切り返しでヘッドが垂れてシャフトが後方に倒れます。そうすることでオンプレーン上よりもクラブが内側を通り、腕とクラブがねじれ(トルク)ることで、小さな力でもヘッドスピードが上がり強い球を打つことができます。

インパクトも安定し再現の高いスイングができますので、飛距離もアップします。

デメリット

パッシブトルクのデメリットは2つあります。

1つ目は、フェースローテーションが大きくなり過ぎて球が左右に曲がりやすいことです。また、ダウンスイングでフェースを開くとインパクトのタイミングがズレやすいので、プッシュアウトやスライス、チーピンなど、左右に球がブレる原因になります。

2つ目は、身につけて慣れるまでに時間がかかることです。これまで、プレーンをなぞる打ち方を覚えているので、トップでクラブを倒すのは感覚的にとても違和感が出てくると思います。ゴルフ理論の中でも難易度は高い方ですので、地道に習得する必要があります。

パッシブトルクを体現してみよう!

トップポジションを作ります。そのときクラブヘッドはクロスするのではなく、レイドオフ(ヘッドの位置が後頭部側)の状態にします。切り返しでシャフトを倒します。倒すとき、右手の平が空を向くようにすると感覚がつかみやすいでしょう

パッシブトルクの注意点として、ただクラブを倒すのではなく、しっかりと左足に体重移動をしながら回転させていきましょう。そうすることによって、手元が身体に巻つくように引きつけられて、パワーを最大にしてインパクトを迎えることができます。

あなたの理想的な右手首の角度を探しましょう!練習ではなかなか見ることができないポイントです。右手首の角度についてのレッスン動画です。https://pro-golfacademy.com/method/8299/

まとめ

パッシブトルクでスイングができるようになると、ヘッドスピードが上がりミート率もアップしていきますので、確実に飛距離もアップします。少しの力で最大限のパワーが出せるようになると、疲れませんのでラウンド後半でもコースマネジメントに専念することができます。

ぜひ、ご紹介した「パッシブトルク」を試していただき、次回のゴルフに活用してください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧