ゴルファボ TOP知識ゴルフ左腕を伸ばすと飛距離と方向性がアップする理由

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ左腕を伸ばすと飛距離と方向性がアップする理由

ゴルフではトップの切り返しの”間”がないとヘッドスピードが遅くなり飛距離が伸びません。その”間”を無くしているのが左腕の曲がりです。今回は左肘を無理なく伸ばす方法をご紹介します!最近、調子を落としているゴルファーは必見です!

ゴルフのスイングを教えてもらうとき、「左腕は真っ直ぐ伸ばせ!」と聞いたことありますよね!また、友人や後輩に教えるときも同じように言いますよね!なぜ、まっすぐにするとナイスショットが打てるのかあなたはご存知ですか?

今回は、左腕を伸ばすと飛距離と方向性がアップする理由をご紹介します。

ゴルフでは、身体の左側の「腕」「足」「腰」の動きがとても重要です。その一端を担う”左肘の伸び”がすべてのスイングの肝になってきます。ぜひ、今回ご紹介する内容を一読していただき、飛ばしと方向性のアップにつなげてください。

左肘が曲がると…どんな弊害が起こるの?

ゴルフでは、左腕主導でムチのように使うことで飛距離がアップすると言われていますが、肘が曲がると…

・手打ち
・オーバースイング
・体重移動ができない
・フォローで左肘が引ける
・フォームが格好よくない

などのゴルフスイング全体に弊害をもたらします。特に手は簡単にコントロールできるので、手だけでクラブを上げるとヘッドが下に垂れ、タイミングも遅れフェースが右を向きスライスになります。

また、スライスを嫌がり、手を返すとフックになります。こうして負の連鎖が始まり、スランプに陥っていきます。

なぜ?左腕が曲がるメカニズム

伸ばす意識を持っていても、なぜ曲がってしまうのでしょうか?チェックしていきましょう。

クラブの動きを意識しすぎるから

初心者や中級者に多いのですが、スイング軌道を意識するあまり、ゴルフクラブの動きばかりに目が奪われてしまい、身体の動きを連動させていません。

よくあるのが、テークバックやトップの位置を何度もチェックしているゴルファーです。確かに大事なことですが、この動作が手打ちを誘発する原因になってきます。手だけを使うと、力が入らないので肘を曲げて勢いをつけてしまいます。

体重移動ができないから

ゴルフの基本は、右股関節を軸に腰を回しトップポジションを作っていきます。クラブを降ろすときは左腰に体重を移動させてインパクトを迎えます。こうした下半身の動きがないと上体だけを使うようになり、手だけを使ってクラブを振ってしまい、左腕を真っ直ぐにすることができなくなってしまいます。

いわゆる右足体重になり、上手くヒットすればゴルフボールは高く上がりますが飛びません。最悪、ダフリやチョロになるので、谷越えのホールではペナルティを受けてスコアを大幅に崩してしまいます。

左腕を伸ばすスイングができると…

ゴルフでは、左肘をまっすぐにして振ると下記のようなメリットがあります。

上半身が回りやすくなる

手だけで”ヒョイ”と上げるのではなく、しっかりのばしてバックスイングをすると、背骨を軸にして回転できますので、上半身と下半身の捻転差が作りやすくなります。

ゴルフで、飛ばしたりコントロールしたりするときは、このねじれが必要になります。また、ねじれの強弱を使うとアイアンやアプローチの距離感も身についてきます。

コックが使える

ゴルフで、テークバックやダウンスイングのときに左腕が伸びていたら、手首のコックが使えますので、タメが作れて力強くて厚いインパクトを迎えられます!

ボールをしっかりと捉えることができるので、ミスが減ります。また、フェースの芯に当たるとアプローチではスピンが効きます。カップやグリーンの傾斜を狙って打っていけるので、パッティングが楽になります。

ゴルフでは右手首が大切です。飛ばないゴルファーは必見です!

体重移動がしっかりできる

肘を伸ばすと、腕とクラブが長いシャフトのように一体となるので、体が自然に長いものを振るという意識になります。そうなるとしっかりと体重移動を取ろうとしますので、ゴルフではタイミングが取りやすくなります。

体もスムーズに速く回転するので、ヘッドスピードも上がり飛距離が伸びます。また、小手先ではなく体全体でスイングしていますので、ボールの方向性も良くなります。

左腰の使い方がわからないゴルファーはこちらをチェックしてみてください。目からウロコです!

左腕をのばして打つときの注意点

注意点として、肘を”ピーン”と張ることはやめましょう。伸ばし過ぎると腕全体にロックがかかってしまい、手首、肩がスムーズに動かなくなります。

そうなると、腰の動きも影響を受けてしまうので、ぎこちない動きになりヘッドスピードも上がらずボールは遠くまで飛びません。適度な曲がりと柔さをキープしましょう。

ゴルフで左腕を伸ばす練習方法

ゴルフの基本を練習することで、曲がりも修正できるので、理想のきれいなフォームも身につきます。ぜひトライしてみてください。

片手打ち

出典:ゴルフネットワーク

ゴルフで左腕を伸ばすには、左手の片手打ちが効果的です。最初は、アドレス幅で小さく素振りを行ってください。いきなり大きな振りをするとケガの恐れがあります。右手で左肘を持つと曲がりがなくなります。徐々に大きくして、出来るようになったらゴルフボールを打っていきます。

腕で振るのではなくて、しっかりと身体を回してスイングしましょう。フォローで体の正面がターゲット方向を向いていればOKです。最初は、トップやダフリが出ると思いますが、根気よく続けてみましょう。上手く打つコツは左脇を締めることです。

右肘の角度を90度より小さくしない

片手打ちが終わったら、今度は両手で振ってみましょう。胸の前にできた腕の三角形を崩さないようにして、小さな振り幅から行い、徐々に大きくしていきます。

ポイントは、トップポジションで右肘の角度を90度より曲げないことです。曲げると左腕も一緒に曲がってきますので、右肘の角度を90度にキープすることがゴルフでは大切です。

小平智プロの動画です!理想の三角形をキープし続けています。参考にどうぞ!

■フォローを大きくする

ゴルフでは、インパクトからフォローにかけて両腕を伸ばすのが理想的です。見た目も格好良く見えますし、ショットが劇的によくなります。まっすぐにすることによって、胸とヘッドの間隔の距離が長くなるので、スイングアークが大きくなって飛距離を出すことができます。

大きいフォロースルーを作るには2つのポイントがあります。

・左の肩・腰をターゲット(飛球線)よりひだり側に回転させる
・グリップを飛球線上に真っ直ぐ出していく

という2つのポイントを意識してみましょう!

フォローを大きく取る場合の注意点として、無理に手を伸ばそうとしてはいけません。少し感覚的になるので難しいのですが、ゴルフクラブを振ったときのヘッドの遠心力を感じて行いましょう。

まとめ

ゴルフのスイングで、左腕を伸ばすと体の回転がスムーズになり、ショットのバランスも良くなります。ヘッドの遠心力も使えるようになりますので、ゴルファーの求める理想のインサイドインの軌道が手に入り、ドローボールで飛距離アップも期待できます。

また、スライスやフックも減るので方向性も良くなり、曲がらないドライバー、切れの鋭いアイアンショットが打てます。ぜひ、ご紹介した練習方法を試していただき、次のゴルフにつなげてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧