ゴルファボ TOP知識ゴルフは背筋で飛ばす!効果的な使い方と鍛え方まとめ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフは背筋で飛ばす!効果的な使い方と鍛え方まとめ

ゴルフで背筋が上手く使えると飛距離がぐんと伸びます。大きなスイングをしてもっと遠くまで飛ばせるようになる、アドレスと動きのコツを紹介します。ゴルファーに最適な筋力アップ法もお伝えしますのでぜひチェックして練習にも生かしてください。

プロゴルファーはどうしてあんなに飛ぶんだろう…。そう思ったことはありませんか。

いくら思い切り振ってもなかなかプロのようには飛ばせません。力を入れて振るとかえって全身が固まって、大きくスライスしたりドライバーでもダフったりしてしまいます。

飛距離を伸ばすコツは「背筋」にあります。腕ではなく上半身をうまく使うことでスイングは力強くなりインパクトのときに大きなパワーが生まれます。それが飛距離を伸ばすことにつながります。

今回はゴルフで遠くまで飛ばすための「背筋」の使い方、そして鍛えてさらに飛ばせる方法をご紹介します。ぜひチェックしてみてください。

ゴルフで背筋が大事な理由

ゴルフでミスの少ないショットをするためには背筋を使うことがカギになります。上半身をしっかり使って回転運動をすることが大きなパワーを生みます。

手を中心にクラブを振ってしまうと、再現性が低い振り方になってしまうだけではなく、スライスなどのミスの原因にもなります。背中などの大きな筋肉を使っていくことで飛距離が出て、いつも同じような軌道でクラブを使えるようになります。

背筋を使ったスイングとは

ゴルフでアドレスをするときに背中が丸くなっていませんか?猫背になっていると上半身がうまく回転せずにパワーをロスしてしまいます。また伸びあがったり沈み込んだりする動きが生まれてしまうのでダフリやトップなど原因にもなります。

まずは構えたときの姿勢を見直してみてください。クラブを持って前傾姿勢をとったときに、頭の先からお尻まで1本の焼き鳥の串が刺さったようなイメージです。上半身が丸くなること、反りすぎることはNGです。

ゴルフで前傾姿勢をとるときには猫背になるのではなく、脚の付け根の部分から身体を前に傾けるようにします。

上半身が真っすぐになって脚の付け根から前傾した状態でクラブを振れると、頭を中心として肩と腰がしっかり回転できます。その際に背筋を使うことパワーが生まれてスイングのスピードも上げることができます。腕を使うのに比べてとても大きな筋肉を使うので、強いショットをすることができます。

猫背になっていると、ゴルフでは軸も安定せず身体が上手く回転できなくなります。バックスイングでぶれが出たり、インパクトの打点が不安定になって方向性も悪くなります。

上体をしっかり伸ばしてアドレスを構える、そのイメージをつかんでください。

↓ゴルフでもっと飛ばすためのコツとは?ドライバーショットのポイントについてレッスンした記事をぜひご覧ください。

構え方のチェック方法

いつもどおりに真っすぐ立って、ゴルフのアドレスのように軽く膝を曲げて前傾姿勢を撮ります。その状態で背中にアイアンのシャフトを当ててみてください。後頭部から腰まで真っすぐにシャフトが当たっていますか?

シャフトがぴったり当たる、という状態は、慣れていないとかなりきつい体勢になるはずです。その姿勢を保てるように理想的なイメージをしっかりつかんでおきます。

背中が真っすぐになっていても首が下に落ちているゴルファーも多いので要注意。この状態でクラブを振っていると肩周りや首を痛める原因になります。

首がまっすぐになっていると、目線は少し上になっています。ゴルフボールは下目遣いに見ている状態ならばOKです。首を下げてボールを真っすぐ見ている状態にならないように注意してください。

打ちっぱなしに大きな鏡がある場合はその前で構えてみて、自分の身体がどうなっているか確認しましょう。

↓ゴルフで左腕を伸ばすと遠くまで飛ばせて方向性もよくなります。詳しく解説しているレッスンをぜひご覧ください。

飛距離アップのための鍛え方

背筋を鍛えておくとゴルフでは飛距離アップにもつながります。意識して取り組まないとなかなか強くするのは難しい部位ですが、簡単なトレーニングで鍛えることができるので少しずつでもぜひ取り組んでみてください。

懸垂

鉄棒や手近なものを使って懸垂をするとゴルフで大切な背中や肩甲骨周りが鍛えられます。自分の体重を使ったトレーニングなので、必要以上の負荷がなくケガの心配も少ないです。

ポイントは「肩甲骨で引く」です。腕力で上げすぎないように気を付けて体の後ろの筋肉を意識して引きましょう。

ただいきなり何回もやると筋肉痛も出ます。最初は控えめに徐々に回数を増やしていきましょう。

ダンベルロウ

ダンベルなどを持っている方はこちらのメニューでも効果があります。椅子やベンチの近くに立ち、片膝と片手をつきます。反対側の手でダンベルを持って上げ下げします。こちらも重さや回数を徐々に増やしていくなど、少しずつやっていきましょう。

動きを解説した動画もご覧ください。

ストレッチ

背筋に強さをプラスするだけでなく、ストレッチをして伸ばすことで疲労を回復させ、柔軟性を高める効果があります。しなやかな筋肉は疲れにくくゴルフで大きな力を生みます。

両手を後ろで組んで上に上げるストレッチなど、練習後などに筋肉を意識して伸ばしてみてください。

ゴルフで飛ばすためには自分に合ったギア選びもポイントです。ドライバー選びのコツと各モデルの特徴を徹底紹介します!→ゴルフドライバーの選び方5つの基本!性能と相性を大解剖

まとめ

今回はゴルフで遠くまで飛ばすための背筋の使い方とチェック方法などについてご紹介しました。アドレスのときの姿勢をチェックするだけで、上半身の使い方のコツもわかると思います。

構え方が間違っていると、スイングを練習してもなかなか安定しません。まずは構え方からチェックして、しっかりと大きな筋肉を使った動きができるように取り組んでいってください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧