ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ゴルフで肩を水平に回すためのおすすめ練習法

上達法

ゴルフで肩を水平に回すためのおすすめ練習法

ゴルフでいつでもナイスショットするには、アドレスでセットした軸に対して肩を水平(レベル)に回すことが重要です。この記事では上半身をうまく使って打つための、おすすめの上達法をご紹介します。ショットがなかなか安定しない方はぜひ参考にしてみてください。

ゴルフボールをまっすぐ飛ばすには、アドレスの前傾角度に対して体を平行に回転させる必要があります。

特に肩を水平に回すことはミート率に大きく影響するので、ぜひとも習得しておきたいスキルの一つです。しかし、ゴルフは上体が傾いた状態でクラブを振るので平行に正しく回転出来ているが確認しにくいという点もあります。

そこで今回は、上半身を正しく使ってミート率をアップさせるために、プロゴルファーおすすめの上達ドリルをご紹介します。下半身の動きをあえて制限することで正しい軌道でインパクト出来ているかが明確になります。普段の練習はもちろん、ショットが荒れてきた時にシャドーで行っても効果的なのでぜひ参考にしてみてください。

スイングの回転運動をスムーズにするための方法

肩を水平に回すとは?

実際には、胸をしっかりと回転させることで肩も同時に平行して回るといったイメージです。

アドレスの前傾角度のまま平行に動かすことが出来ると、かまえた場所にヘッドが戻ってきやすいので再現性の高いショットをすることができます。

この時、両肩をしっかり落とすことが重要です。首がすくんだようにテイクバックしてしまうと、正しく移動することができず、ヘッドの軌道がブレてしまいやすくなります。

おすすめ練習法「膝立ち打ち」

膝をついた状態でアドレスしてドライバーを打ちます。このドリルでは上半身を正しく回転させ、しっかりと腕をたたんでいく理想の動作を身につけることができます。上半身の動きを習得するためにとても効果的です。

膝立ちをして打った時、右側が下がってしまう人はゴルフクラブのヘッドが地面に当たります。ダフリが多い人に見られる傾向です。右手に力が入っている人もクラブヘッドが下から出てきやすいので、地面に当たるでしょう。

軽い振りで良いのでしっかりとゴルフボールをミート出来るように実践してみてください。

おすすめ練習法②「イスに座って打つ」

椅子に座ったままドライバーを打つことで、体の軸を保ちながら振る感覚が身に付きます。

この状態でナイスショットするには、体幹部分をうまく使わなければいけません。腕や手を使った小手先のスイングではなく、中心の大きな筋肉を使って振る感覚が身に付きます。

再現性の高いゴルフスイングをするには、全身の大きな筋肉を使って出来るだけシンプルに振ることが大事です。軌道が暴れたり、バランスが動き過ぎるゴルファーには良い改善法になるので、ぜひトライしてみてください。

↓↓↓打ちっぱなしで出来る!おすすめのドリルはこちら

うまくバックスイング出来ないなら…


下半身を制限しているので、いつもよりもテイクバックしにくいと感じるかもしれません。

そんな時は、右肩を背後に回すイメージでテイクバックしてみてください。手だけで振り上げようとすると捻転が感じにくくなります。背後に回すことで全身の強い力を使ったテイクバックが出来るようになります。

強い捻転の力を生み出すことが出来るので、体が固い…と思っているゴルファーにもとてもおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

👇ゴルフスイングをもっとスムーズにするための上達法はこちら

まとめ

ゴルフで再現性の高い動きをするには、アドレスでセットした軸をキープしたまま肩を平行に動かすことがポイントです。

膝立ちや椅子に座った状態でゴルフボールを打つことで、上半身を水平に動かすスキルが身に付きます。ヘッドの軌道がなかなか安定しない人、特に上半身が動き過ぎる人にはとても効果的なのでぜひトライしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。