ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ティーボックスどこから打つべき?プロのおすすめは…

上達法

ティーボックスどこから打つべき?プロのおすすめは…

ティーボックス(ティーイングエリア)。あなたは第一打を打つ時、どの位置から打つかをしっかり確認していますか?なんとなくティーを刺して打ってしまうと思わぬミスに繋がるかも…。正しいポジションの取り方をご紹介します。

ここ一番飛ばしたいホールでまさかのOB…。

その原因は「打つポジション」にあったかもしれません。

なんとなくボールを置いて打ってしまうと思わぬミスに繋がる可能性も…。ゴルフ場は平らな地面だと思っていても微妙に斜めになっていたりします。エリア内の広い芝の上でどのように最適なポジションを見つければ良いのでしょうか?

ゴルフ初心者は意外と見落としがちなポイントです。せっかくのナイススイングを失敗にしないためにぜひ参考にしてみてください。フェアウェイキープ率を上げて第2打目を気持ちよく打ちましょう!

馬場ゆかりプロおすすめ!ティーボックスの使い方

ティーボックスとは?

ティーボックス(イギリス地方での呼び方)とは、各ホールの第一打を打つ場所のことをいいます。別名ティーインググラウンドなどとも呼ばれていましたが、2019年のゴルフルール改定で正式にティーイングエリアとなりました。

ゴルフ初心者が知っておくべきルール

第一打は指定エリアの中(横:ティーマーカーを結んだ線、奥行き:2クラブレングス以内)から打たなければいけません。エリアの中にゴルフボールがあればOKなので、スタンスや体の一部が外に出ていても問題ありません。

↓初心者必見!アイアンを上手く打つためのポイントを紹介します。

ティーボックスの攻略法

傾斜に気を付ける

端だとつま先上がりが強くなったり、左足下がりになっていることが多くあります。また多くのゴルファーが使用したことで芝が削れて、でこぼこになっている事もあります。へこんだ場所に足を置いてしまうと片足が下がった状態でスイングすることになり、しっかりとミートできません。

後方からしっかりと確認して、比較的フラットに近いところでティーアップするようにしてください。

コースレイアウトに注意する

レイアウトに注意して、フェアウェイが広く見えるところを選びましょう。ゴルフ場では景観が狭くなると無意識に、曲げたくない気持ちが強くなり、スイングを弱めたり手元で調整してしまいます。

逆にミスショット率が高くなってしまうので、広く見えるところを選ぶと余計な心配なく打てるでしょう。

持ち球で決める

各ゴルファーの持ち球や、打ちたい球筋でポイントを変えるのも◎です。

打ち分けができる方は用途に合わせて変えると上級者の攻め方ができます。フェードボール(右に曲がる)傾向が強い人は左に球を打ち出していきたいので、左を広く使いましょう。逆にドローボール(左に曲がる)傾向が強い人は右を広く使っていくと◎です。

↓ドライバーを成功させるにはボール位置が非常に大切です。精度の高いショットを放つためのポイントはこちら

まとめ

ゴルフ場では完全に平坦な場所というのはなかなかありません。ティーボックス内にも微妙に傾斜が付いているのでショットの際は注意しましょう。せっかく良いスイングが出来ていても、ちょっとした地面の角度があなたのショットをミスへと導いてしまうかも…

①傾斜に気を付ける ②コースレイアウトに注意する ③持ち球で決める この3点に注意してフェアウェイど真ん中へナイスショットしてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。