ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ドライバーを打つときに注意すべきポイント~腰の使い方~

上達法

ドライバーを打つときに注意すべきポイント~腰の使い方~

ドライバーショットを打つときの腰の使い方と注意すべきポイントをご紹介いたします。スライスやプッシュアウトに繋がってしまう腰の使い方とは…?大きな力を生みつつもミスを減らすための腰の使い方のコツをぜひ参考にしてみてください。

ドライバーの飛距離を最大限伸ばすには腰の使い方が重要です。

腰をスムーズに使うことができると、体重移動で生んだ大きな力をインパクトでボールに伝えることが出来ます。

しかし、腰の使い方はアマチュアゴルファーがもっとも苦手なポイントの一つでもあり、大きく移動させすぎた結果、プッシュアウトやスライスに繋がってしもうことも多々あります。

今回は、腰を正しく使って飛距離を上げるときのコツと注意点をご紹介します。もうあと+10ヤード飛距離を伸ばすためにぜひ参考にしてみてください。

ドライバー理想の腰の使い方

テイクバック~インパクトまでは腰がクラブと一緒に動くのが理想です。クラブと腰を一緒に移動させることで、再現性の高いスイングが可能になり、大きな力を生むことができます。

トップでは体重をしっかりと右腰に乗せてダウンスイングにかけてターゲット方向に移動させることが重要ですが、腰ばかり使ってしまうとインパクトの前に体が開いてしまいます

体が開いてしまうとヘッドアップにも繋がってしまうので、インパクトでクラブが遅れてプッシュアウトしてしまいます。またスライスやダフリなどさまざまなミスショットが生まれやすくなるので注意です。

スムーズに腰を移動させるコツ

トップで体重を右腰に乗せてしっかりと踏ん張りましょう。

体重を右に移動させたときに、全体が後方に移動しないようにしてください。特に、右膝が後ろへ移動するとスウェーの原因になり、力も抜けてしまうので大きな飛距離を生むことが出来なくなります。

体の右側でしっかり踏ん張ってバックスイングしましょう。

その後、切り返しで左に乗せて腰を回転させます。左足に力を入れるイメージでダウンスイングするとスムーズに移動させることができます。

移動させずにその場で回転してしまうと、すくい打ちのような形になってしまいます。パワーも逃げてしまうので腰をしっかりと移動させてください。

その後、左足に体重が移動したら腰を回転させましょう。一連の動きが早ければ早いほど強い力を生むことができます。

フィニッシュではベルトのバックルがターゲット方向を向いていると、しっかり腰を回転させることができた証拠になります。ぜひフィニッシュで自分のベルトのバックルを確認してみてください。

↓↓↓初心者必見!ドライバーの正しい打ち方をかんたん解説しました。

注意点

腰の回転だけでなく、腕の振りも意識しましょう。腰を移動させて回転させることにばかり注力してしまうと腕が遅れてクラブヘッドが開いたままインパクトしてしまうのでプッシュアウトに繋がります。

ドライバーの飛距離を大きく伸ばすには腰のバンプの動きが重要です。詳しくはこちら👇

まとめ

ドライバーショットでは腰を移動させて強い力を生むことが大きな飛距離を出すために欠かせないポイントです。

テイクバックでは右腰にしっかりと乗せて、インパクトではしっかりと左側に体重を移動させましょう。そのとき、腕もしっかり使って振り遅れないように注意してください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×