ゴルファボ TOP上達法理想のインパクトの形でドライバーの飛距離アップするドリル

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

理想のインパクトの形でドライバーの飛距離アップするドリル

ゴルフはインパクトが全てです。ボールを打つ瞬間の形が理想的であれば飛距離や安定性は確約されます。理想の形はどうやって作るのか・・答えはインパクトから作ってしまうことです。最初に理想的な形を作ってそこのアジャストしていく方法をご紹介します!

ゴルフはインパクトが全てです。

インパクトさえ完璧であればアドレスもバックスイングもダウンスイングもどんな形でも問題ありません。しかしドライバーで飛距離アップを目指すのであれば理にかなったスイングは必須です。正しい動きをしなければ、スイングスピードや力の伝わるスイングが出来ません。

しかし、どんなインパクトが良いのかなかなか分からない!といったお声もたくさんいただいております。今回はあなたに合った自分だけの理想のインパクトを作る方法をご紹介します。

一連の早い動きの中で理想的な形を把握するのは困難ですよね。コツはその瞬間の形を作ってからそれに合わせるようにスイングすることです。目標を決めてからそこに向かっていくといったプロセスと同じです。

ドライバー飛距離アップ|理想的なインパクトの形とは?

インパクトの形で飛距離アップは出来るのか?

ドライバーの飛距離アップにはボールをミートした瞬間に力をしっかり伝える必要があります。しっかりボールに力を伝えてミートするにはインパクトの形は何よりも重要になります。両腕が伸びきった状態や、曲がった状態ではボールを打った衝撃に負けてしまい力が四方に分散されてしまいます。

正しい形は左腕が伸びて右腕が曲がった状態です。この理想的な形がスイングスピードを上げて、なおかつ力を込めてグッ!とボールを押し込めるスイングフォームです。

 

実践!理想的なインパクトの作り方

①両腕、両手を合わせる

体の前で両腕を伸ばして両手を合わせます。胸の前で合わせる感じです。肩は上げ過ぎずにリラックスした状態で行いましょう。

②両腕を真右に動かす

左腕はそのままで右肘だけ曲げていきます。個人差はありますが、おおよそ右斜め45度くらいにグリップの位置がくると思います。この時も肩の上がり過ぎに気を付けてください。

③前傾を作る

②の状態から上体を倒します。そして前傾を作った状態から、腕を使わずに腰を回転させていきます。そしてグリップが体の正面に来たところで止めます。この時の形がご自身にとっての理想的なインパクトの形になります。

④後方からの形

後方からみるとこのような感じです。左肘は伸び、右肘か曲がった状態です。両腕の間からは向こう側の景色が見えると思います。どのプロゴルファーのスイングを見てもインパクトの形はこれです。もしもあなたのスイングを後方から撮った時に、向こう側の景色が見えなかったり三角形でない場合は力の入らない状態になっている可能性が高いかと思います。飛距離アップには非常に重要なポイントです。

 

 

⑤クラブを持って振る

何度かシャドーを繰り返した後でイメージが掴めて来たら、実際にドライバーをもって振っていきましょう。この時も理想的なインパクトの形をイメージして素振りをすることで、どういうインパクトの形でドライバーを打てばよいのか感覚がわかりやすくなると思います。感覚が薄れてきたら再度クラブを手放し、シャドーで①から③を行って感覚を体に覚えさせましょう。この形でしっかりミート出来ると驚くほどドライバーの飛距離アップが可能になります。

まとめ

ドライバーのインパクトから作って、そこにアジャストしていく方法はいかがだったでしょうか?飛距離アップのために欠かせないスイングを作るための非常に効果的なドライバーの練習方法です。もしもあなたがダウンスイングやフォロースル―など色々と悩んでいるなら、まず最初にこのインパクトを固めることをオススメします。ゴルフはインパクトが全てです。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧