ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法バックスイングのフェースの向きを正しくする練習ドリル

上達法

バックスイングのフェースの向きを正しくする練習ドリル

バックスイングのフェースの向きを○○するだけで、ドライバーの正しい上げ方が習得できます!あなたはどんな形でバックスイングしてますか?もし、スライスがなかなか止まらないなら…動き出しの形が悪いのかもしれません!ぜひ今記事の内容を参考にしてみてください。

バックスイング、どうやって上げればいいか悩んでいませんか?

フェースを地面に対して垂直に上げるべきなのか、前傾角度と平行にするべきなのか…漠然としたままトップまで持っていっている方も多いのではないでしょうか。

正しいフォームでテイクバックができると、その後のトップ位置やインパクトの形も自動的に理想のポジションに収まります。

なかなかドライバーがまっすぐ飛ばない、スライスが止まらない…。そんなゴルファーは、ぜひテイクバックの正しい動かし方(向き)を習得してみてください。

ドライバーの正しい上げ方をプロが解説

実践!フェースの正しい向きを見つける方法

まずはフォームをチェック!あなたはどのタイプ?

バックスイングの途中でクラブを止めて、その位置のままもう一度アドレスし直してください。

あなたの「フェース面の向き」はどうなっていますか?

「シャット」「スクウェア」「オープン」度合いは違えど、いずれかの形になっているかと思います。

ショットの精度がアップする角度とは?

いろいろな理論がありますが、伊東プロのメソッドではこのアドレスし直した時点でフェースが「スクウェア(まっすぐ)」になっていることが理想。

まっすぐ向いていることで、その後の軌道がシンプルになりミート率が上がります。

クラブを始動させてから、トップ~インパクトまで小手先であれこれ変える必要がなくなるので、ショットの再現性が上がり、強いボールを打つことができるというメリットがあります。

シャット or オープンならどうなる?

もしも、バックスイングでシャット(閉じた形)になっていたなら…

自動的にトップもシャット、インパクトもシャットになり、そのまま打つとフックの原因になってしまいます。

人間の体はスーパーコンピューターのようなものなので、そのまま打つとまっすぐ飛ばないことを瞬時に察して、肩を下げたり手首を使ったりして調整します。

その結果、いろいろな箇所を「合わせて打つ」状態になるのでミス率が大きく上がります。

バックスイングだけでなく、ゴルフのすべての動きはシンプルが基本。

微調整ポイントが多ければ多いほど、再現性が悪くなったり、飛距離の出ないショットの原因になってしまいます。

↓↓↓番手ごとの平均飛距離を知ってますか?明確にしておくことでコース戦略が楽になりスコアアップできます。

シンプルなバックスイングを目指そう!

ゴルフではフォームも戦略もシンプルであればあるほど、再現性が高くなります。

なので、バックスイングでアドレスをし直したときもクラブの面がスクウェアになった状態をキープしましょう。ニュートラルな状態で動かすことで、手先で合わせることなくスムーズにバックスイングすることができます。

↓↓↓ゴルフの基本はここでチェック!まっすぐ遠くに飛ばすためのコツをご紹介します。

まとめ

バックスイングの途中でクラブを止めて、その位置のままアドレスをしなおすことで、スクウェアに上がっているのか、クローズになっているのか、オープンになっているのかが分かります。

伊東プロのメソッドでは、可能な限りニュートラルな状態でバックスイングすること。

その後のトップからインパクト、フォロースルーをシンプルにして再現性の高い球を打つために、ぜひ自分のフェース面がどうなっているのか確認してみてください。

ニュートラルな状態で打てるように練習することで、スライス防止にも効果的です。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×