Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法グリーン周りで役立つ!難しいアプローチでミスしないためのポイント

上達法

グリーン周りで役立つ!難しいアプローチでミスしないためのポイント

バンカー越えかつ、ラフ、左足下がりという難しいシチュエーションのアプローチ。

打ち方が弱過ぎるとボールはバンカーへ…。逆に思い切り打ちすぎてしまうと、グリーン奥を越えてしまい更にトラブルショットなんてことも…。

アプローチの中でも難易度の高いシーンですが、注意しなければいけないポイントさえ押さえれば、グリーンにしっかり乗せてランで寄せることができます。

グリーン周りでミスショットしないために、ぜひ打ち方をマスターしてみてください!

グリーン周りの難しいアプローチ打ち方のコツ

バンカー越え・傾斜・ラフの打ち方2つのコツ

重心は左足側

左足下がりでは、アドレスの段階から左足側に体重を寄せて構えましょう。

右足側に体重をかけてしまうと、スイング軌道と傾斜が平行にならないため、振り抜くスペースができずにダフリに繋がってしまいます。

遠くに飛ばす必要がないシチュエーションでは、左足にバランスをキープしたまま、大きな体重移動をしないようにショットしてください。

傾斜なりに構えて振る

左足下がりの傾斜から、通常のフェアウェイと同じように振ってしまうと、ダフる可能性が高くなります。

通常のように平行にクラブを入射させてしまうと、傾斜にヘッドが当たってしまうためです。また、地面に当たらないように少し上げて打とうとすると、反対にトップしてライナー球になってしまいます。

左足下がりでは傾斜なりに構えて、傾斜なり(左下)に振り抜くように心がけてください。傾斜と同じ角度で振ることで、クラブが抜けるスペースができるので、ダフることなく的確にミートすることができます。

スイングを弱めない

ラフからボールを確実に出すには、スイングをしっかり振り切りましょう。

ゴルフ初心者はボールの飛び過ぎが怖いかもしれませんが、ラフに埋まったボールはしっかりと振り抜かなければ前に飛びません。

距離を調整したいときは、インパクトにかけてスイングを弱めるのではなく、振り上げる高さを調整してください。

テイクバックを通常の半分の腰の高さで止めて、そこからしっかり振り抜きましょう。スイングを加速させて打てれば、ラフでもバンカーでもゴルフクラブの機能が確実にボールを上げてくれます。

>>>スピンをかけてビタっ!と止めるアプローチのコツをご紹介します。

まとめ

バンカー越え・ラフ・傾斜という難しいシチュエーションからのショットでは、

① バランスは左足側
② 傾斜に構えて振る
③ スイングを弱めない

上記3つのポイントを押さえて打てば、バンカーを越えつつしっかりグリーンオンできるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

この記事を書いたライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

大阪のゴルフレッスンおすすめ10選!スクールの特徴や口コミ・ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST30選 …

レーザー距離計はどれを選べばいいの?どんな機能がある?平均価格は?そんな疑問をお持ちのあなたへ!レーザー距離計選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 2020

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 358

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所・短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 134

ゴルフ【日焼け止め】おすすめ5選!失敗しない選び方・塗り方と …

夏ゴルフに日焼け止めは必須です!肌へのダメージ防止はもちろん、紫外線が直で当たってしまうことで体力を奪われてしまうことを防ぐこともで ...
  • 雑学
  • 52

特集一覧