Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法インパクトの打点を安定させるアドレスのコツ

上達法

インパクトの打点を安定させるアドレスのコツ

インパクトを安定させるにはボールと体の距離がとても重要です。

遠すぎればパワーが分散されるだけでなく、軌道もブレやすくなります。しかし、近すぎてもスイングが窮屈になり、振り抜くスペースが出来なくなるのでプッシュアウトなどのミスショットに繋がります。

今回は、アドレスをどれくらいの間隔で構えるのが正しいのか。プロが実戦の中で体得してきた上達法をご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

インパクトの打点を安定させるアドレスのコツ

ボールと体の距離が大事!

足の全面を使ってアドレスする方が多いですが、その構え方をするとボールと体が近すぎる可能性があります。

ゴルフではインパクトにかけて右足を蹴る動作が入ってきます。そのときに、距離が近すぎれば振り抜くスペースが出来ないので手が縮こまってしまいます。

手が縮こまってしまうと、打点のブレ、前傾角度のブレに繋がるのでミス率が上がります。

また、体が自然と近いことを嫌って離れてしまうと、ボールの頭を打ってしまったり、クラブフェースのヒールに当たってスライス球になったりします。

近すぎても遠すぎてもNG。ある程度の距離を保つことで、右腰が入りやすく、右足を蹴ったときも十分なスペースが出来るのでショットが安定します。

青山プロおすすめ!理想のアドレスの作り方

通常のアドレスを取ったあと「つま先立ち」します。

つま先立ちしたときにクラブフェースのヒール位置にボールがくるよう構えましょう。

そのまま“かかと”を下ろします。そうすると、丁度フェースの中央にボールが来ます。

シンプルな方法でボールと体の適切な距離を作ることができます。右足を蹴ってスイングしたときも振り抜くスペースがあることでスムーズに振り切れるでしょう。

アマチュアの多くはアドレスであれこれ考えてしまい、力み→ミスショットしてしまっています。構えが決まったらあまり考えずに打つこともナイスショットの秘訣です。

>>>初心者必見!アドレスの基本についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧くらさい↓

まとめ

ボールとの適切な距離を保つことで、クラブを強く振り抜くことが出来るので、飛距離・方向性ともに大きくアップします。

まずはつま先立ちでアドレスを構えたときにクラブのヒール部分にボールが来るように構えましょう。そのまま、かかとを下ろせばフェースの中央(芯)の部分にボールがきます。

遠すぎず近すぎず、程よい距離感で構えることでスムーズに気持ちよく振り抜けるでしょう!

この記事を書いたライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

大阪のゴルフレッスンおすすめ10選!スクールの特徴や口コミ・ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST30選 …

レーザー距離計はどれを選べばいいの?どんな機能がある?平均価格は?そんな疑問をお持ちのあなたへ!レーザー距離計選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 2020

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 358

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所・短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 134

ゴルフ【日焼け止め】おすすめ5選!失敗しない選び方・塗り方と …

夏ゴルフに日焼け止めは必須です!肌へのダメージ防止はもちろん、紫外線が直で当たってしまうことで体力を奪われてしまうことを防ぐこともで ...
  • 雑学
  • 52

特集一覧