Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法【ダフリ】お悩みゴルファーへ!2つの原因と改善方法

上達法

【ダフリ】お悩みゴルファーへ!2つの原因と改善方法

ここ一番のショットでまさかのダフリ!!

思い切り振ってもダフリ、地面を叩かないように弱く振ってもダフリ…。ドライバーだけでなくアイアン、ウェッジなど様々なクラブで起こってしまうのでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回はダフリに繋がる原因とおすすめの改善法をご紹介いたします。いくつかのパターンからゴルフ初心者にもっとも多いダフリの原因と改善法をご紹介しますので、ぜひトライしてみてください!

ダフリ2つの原因と改善法

すくい打ち

地面にあるボールを打とうとすると、どうしても球を上げたいという意識が働きます。その結果、すくい上げて打つようなスイングをしてしまいます。

すくい打ちをしてしまうと手首の角度もすぐに解けて、ボールに対して下からクラブが入ってきてしまうので手前の地面を叩いてしまいます。

ボールに対してハンドファーストに当てられるように手の動きを直していきましょう。ハンドファーストに打てるとミスショットが減るだけでなく、パワーも伝わりやすくなるので飛距離もアップします。

▶▶▶ハンドファーストに打つための基本はこちらでマスターしてください↓

体重移動

ゴルフ初心者の多くは体重移動ができていないことによってダフっています。ダウンスイングで右に体重が残ったままスイングしてしまうとボールの手前を打ってしまいます。

右に体重が残ってしまう原因はダウンスイングではなくバックスイングにあります。バックスイングで体の軸が左に傾いて体重が左に乗ってしまうと、反作用でダウンスイングのときに右体重になります。

インパクトにかけて体重を左側(ターゲット方向)へ移動させることで、ダフリを防止することができます。

ダフリを防止するバックスイングのコツ

バックスイングで体の軸をキープしようとして頭の位置をそのままにして回転してしまう方が多いようです。しかし、頭の位置をまったく動かさないでバックスイグすると軸はブレます。体の軸=背骨なので軸は体の背後にあることを理解しましょう。

バックスイングでは頭半分くらい右に動くのが自然となります。左肩が右膝の上に来るくらいまで回しましょう。体重を右に乗せることで、ダウンスイングでしっかり左側へ移動させることができます。

頭半分くらい右に動かすと軸がブレるように思いますが、実際はブレることなく回転運動をすることができます。鏡の前などで確認してみてください。そのままダウンスイングに移動すれば右に体重が残ることなくダフらないスイングができるでしょう。

まとめ

バックスイングで左に体重が移動すると、ダウンスイングで右に体重が残ります。

理想はバックスイングで右体重、ダウンスイングで左体重です。左側に体重が移動すればダフリを防止することができます。

手首の角度や前傾角度のブレもありますが、まずは体重移動できないことによるダフリを防止しましょう。

この記事を書いたライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

大阪のゴルフレッスンおすすめ10選!スクールの特徴や口コミ・ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST30選 …

レーザー距離計はどれを選べばいいの?どんな機能がある?平均価格は?そんな疑問をお持ちのあなたへ!レーザー距離計選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 2020

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 358

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所・短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 134

ゴルフ【日焼け止め】おすすめ5選!失敗しない選び方・塗り方と …

夏ゴルフに日焼け止めは必須です!肌へのダメージ防止はもちろん、紫外線が直で当たってしまうことで体力を奪われてしまうことを防ぐこともで ...
  • 雑学
  • 52

特集一覧