ゴルファボ TOP上達法ゴルフのフォロースルーで飛距離を出す”右足の粘り”習得ドリル

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフのフォロースルーで飛距離を出す”右足の粘り”習得ドリル

力を入れてフルスイングをしても周りに置いていかれる!それは、下半身の粘りが足りないから!とはいえ、足のパワーをどうやって出すのか…方法がわからない!ということで、今回はフォロースルーで飛距離を出す”右足の粘り”の習得ドリルをご紹介します!

最近のゴルフ雑誌やゴルフのレッスン番組で、韓国人女子プロゴルファーのべた足打法がよく取り上げられています。特にキム・ハヌル選手などはフォロースルーまでベタ足をキープしていますね!

このフォロースル―の形が飛距離アップにつながるのですが、アマチュアゴルファーはダウンスイングから右足のカカトが浮いているのを多く見かけます。

そうなると、まったくと言っていいほどトップでできたパワーをボールに伝えることができません。今回は、フォロースルーで飛距離を作り出す“右足の粘り”ができる練習ドリルをご紹介します。これができるとドライバーのほかアイアンの距離も伸びますので、コースの攻め方も楽になるでしょう!

ビッグドライブを生む”右足の粘り”の練習ドリル

力強いフォロースルーの作り方!

力強いフォロースルーとは、ダウンスイングの時に下半身が適度に踏ん張った形になっているのが理想的になります。

韓国人女子プロゴルファーの連続写真を見たらフォロースルーまでベタ足になっています。この状態で腕を振っていくことで、下半身と腕の引っ張り合う、綱引きの形を作ることができます。

綱引きの状態ができればスイングスピードが速くない方や力の無い方でも遠くに飛ばすことができます。上半身に力が入っているから振りが早くなるのではなく、下半身の踏ん張りに上半身が後からついてくることで、ヘッドスピードが上がり力強いフォロースルーになっていきます。

実践!フォロースルー“ベタ足”練習ドリル

ご用意いただくものは、縦長のバスタオルです。

バスタオルを折って膝にかけて適度に引っ張る

1人ではできませんので、どなたかに手伝ってもらう形になります。バスタオルを持ってもらい適度な力で引っ張ってもらいます。あまり強く引っ張ると、バランスが取れなくなったり、膝を痛めたりしてしまいますので気をつけましょう。

バスタオルの引っ張りに抵抗しながら始動する

上記の状態でアドレスをしてシャドースイングを行っていきます。トップのポジションから下半身始動でゆっくり下ろしていきます。そうすることで踏ん張りを作ることができます。

注意点として、インパクトで止まるのではなく、フォロースルーまでしっかりともっていきます。かなり踏ん張りがきつくなってくると思いますが、これがとても大切です。

フォロースルーまで頑張って綱引き状態をつくる

フィニッシュ近くまでいくと、右足と腕が違う方向に進む感覚がわかります。この余韻を残したまま、実際に素振りをしてください。引っ張り合いの綱引きの形を作ることができます。

余韻を残したままの状態でクラブを振る

先ほどのタオルで引っ張ってもらった余韻を感じながらダウンスイング、インパクト、フォロースルーまで踏ん張ります。それによって下半身と腕の引っ張り合いを作ることができ、胴の部分がねじられている感覚がわかると思います。

意識して行わなければこのフォロースル―の「ねじれ」の感覚を感じることは難しいのですが、このねじれがボールを遠くに運びますので覚えておきましょう。

このフォロースル―にかけての踏ん張りができると、腕の動きも抑えられ、体とゴルフクラブの動きが一体化します。また、ヘッドアップを防ぐこともできますのでフォロースル―までスイングに無駄な動きがなくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

一般のゴルファーと同じヘッドスピードと言われている女子プロゴルファー達がアマチュアより飛ばせる理由は、このフォロースル―での右足のベタ足打法にあります。これだけでドライバーの距離がアップできるのなら、試してみる価値ありますよね!

カラダが流れるなどの悪い動きもなくなるので、アマチュアにとって一石二鳥以上の効果をもたらすのは間違いありません。ぜひ、フォロースル―の練習をして次回のゴルフのラウンドで試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧