ゴルファボ TOP上達法ドライバーの精度を上げるスイングリズム習得法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ドライバーの精度を上げるスイングリズム習得法

”間”が無いと精度の高いドライバーショットは生まれない!強いプロ!上手いアマチュアゴルファーはみんなトップポジションにタメがあります。だから松山英樹選手も宮里藍選手も世界で通用するんです。今回は、間が作れるドリルをご紹介します。

ゴルフのスイングではリズムが一番大切です。上半身、下半身が正しく動いてもリズムが悪いと安定したショットができません。今回は、ドライバーの精度を上げるスイングの習得法をご紹介します。

体の動きが多少乱れても、リズムが安定しているとミスはある程度カバーできます。例えば、ドライバーでトップしても真っすぐ飛んでくれてフェアウェイに残ったり、スライスやフックの曲がりの幅が少なくなりOBや林の中まで入らなかったりと球筋が安定してきます。

ぜひ、このスイングリズム習得法を試してみてください。ミスが減りますのでスコアアップも期待できます。

ドライバーの方向性をアップさせる練習ドリル

スイングリズムとは?

テークバック、トップ、ダウンスイングのアドレスからフォロースルーまでの一連した流れのことです。この流れがいつも一定で打てていることが良いと言われています。

アマチュアゴルファーは、バックスイングが異常に速かったり、逆にインパクトするまでが速かったりして軌道やテンポが不安定になっていると思います。悪い例として…

始動できない

「オンプレーン上に上げなければいけない」と理想的なスイングを求めすぎてカラダがスムーズに動かなくなり、振りが遅くなり過ぎてぎこちない動きになってしまっています。

切り返しがはやい

アマチュアゴルファーに多いミスです。飛ばそうとするあまり切り返しの速いスイングをしてしまいます。ヘッドの軌道が安定しないので芯に当たらず、結果、飛ばなくなってしまいます。

リズムが“タメ”をつくる!

人には、自分が動きやすいリズムがあります。歩くスピード、ランニング、仕事、家事など自分のペースでやった方がやりやすいですよね。スイングも同じです。自分の持っている一定の動きでスイングすることができれば、力まないスイングができます。自分の動きが悪くなりすぎてしまうと、ヘッドの軌道が不安定になり方向も悪くなってしまいます。

自分のペースでトップのポジションが作れれば、適度にタメができるのでドライバーの理想的な形が作れます。男子プロゴルファーの中には、“間”が無いまま、バックスイングの反動で下ろしている人もいますが、これは非常に難易度が高くナイスショットの確率が低くなるのでオススメできません。

マアチュアゴルファーは、反動を使った“間”の無いスイングではなく、松山英樹選手や宮里藍選手のように適度にタメを作って切り返していけるスイングを目指していただきたいと思います。

松山英樹選手の1Wとアイアンのスイング動画です。とても参考になりますので、ご覧ください。

このように反動を使わない方が、難易度が低くなり再現性も高くなります。これからご紹介するドリルをぜひ試してください。プロのような精度の高いスイングが可能になるでしょう。

実践!習得ドリル

ご用意していただくのは、ドライバーとほぼ同じ長さのゴムホースです。ホームセンターで買えます。ご自宅の古いものでも大丈夫です。

このフニャフニャの柔らかいゴムホースで素振りを行っていきます。素振りを行うときに、速くスイングしてしまうと、体に強く当たってしまい背中が痛くなります。背中に当たって痛かった場合は、十分な間が作れなかったという証拠になります。

打ち急いでしまうと、ヘッドの軌道が不安定になり芯でボールを捉えることができないので、方向が不安定になります。

タメが方向性とパワーを生む!

フニャフニャのゴムホースで素振りをする場合、ゆっくり上げてトップの位置で「テロ~ん」と垂れ下がるようになってからダウンスイングに入ってください。これによって、スイング中の理想的なリズムを作ることができます。

ラウンド中にテンポなどが速くなったと感じたときには、この素振りを思い出すことで、理想的な感覚を維持することができます。ゴムホースがご自宅にあれば実践できますので、ぜひ試してみてください。これで、方向性も飛距離も手に入れたようなものです。

まとめ

ショットがうまくいかない時は、スイングの形ではなく、リズムをチェックしてみてください。今回ご紹介したドリルを思い出してスイングするだけで、感覚が戻り、再現性の高い安定したショットが打てるようになります。

特に、ドライバーはリズムが良くないと切り返しでパワーも溜まらないので、飛距離もアップしません。ぜひこの習得法を試していただき、精度の高いビッグドライブを目指してください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧