ゴルファボ TOP上達法アイアンのインパクト練習ドリル!ボールを強く叩くコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

アイアンのインパクト練習ドリル!ボールを強く叩くコツ

アイアンが芯を食うとやっぱり気持ちいいですよね!いつも、つかまらない、トップする、当たりが薄い…。もう大丈夫です。今回、アイアンのインパクトを力強くするための練習ドリルをご紹介します。次のゴルフではアイアンショットが切れること間違いなし!

アイアンの切れはインパクトによって決まります。しっかり捉えられれば、ロフト通りの距離が出るほか、スピンもしっかり効くのでアイアンの切れが鋭くなります。しかし、アマチュアの方はアイアンをよくするにはどうやっていいのかわからない!といった声もたくさんいただいております。

今回は、アイアンでボールを強く叩くコツをご紹介します。

どのタイミングで力を入れたらいいのかスイング中に考えるのは難しいですよね。コツは押し込むイメージでスイングをすることです。アイアンの切れが鋭くなると風にも負けない強い球も打つことができますので、ぜひ練習してみてください!

力強いアイアンの打ち方

アイアンで強いインパクトは作れるのか?

アイアンでキレを出すには、ヒットする瞬間に押し込む必要があります。しかし、ただ押すだけではハンドファーストになりすぎたり、逆にハンドレイトになったりと安定しません。

しっかりヒットして押し込むには、ゾーンでボールを押すイメージをつくることが何よりも重要になります。この理想的な押しがアイアンの鋭い切れを生み出してくれます。これでパーオン率はグンとアップするでしょう。

実践!強いインパクトをつくる練習ドリル

ご用意していただくものは、Tee(ティー)です。できれば木製のものをご用意ください。ティーを画像のように、芝生に斜めに挿し右側にボールをセットします。この状態で実際に打っていきます。

最初は、フルスイングではなくハーフスイングからで大丈夫です。ヒットするのときにティーを地面に挿し込むイメージでショットをします。挿し込むようにすることでボールを潰して打つことができます。この球を潰す感覚が強いキレを作ります。

アイアンのヘッドを地面に挿し込む度合いを強くすると憧れのダウンブローも打てるようになります。インパクトの強弱をつけることができればアップダウンの多いグリーン周りのアプローチにも活かされますので、スコアアップも期待できます。

ドライバーのインパクトを強くする方法もあります。相乗効果で飛距離アップも期待できますので、ぜひこちらも参考にしてください!

本芝での練習環境があればぜひ試してみてください。でも普段の練習ではなかなかできないと思いますので、次は人口芝からの方法をご紹介します。

人口芝からの習得ドリル

ティーをマットの上に置き右端に球を置きます。ティーを払い取っていくイメージで打っていきます。ゾーンでインパクトを作ることになるので、芯で厚く叩けます。ゾーンが長ければ長いほど球は正確に飛んでいきます。特にウェッジではターフが取れて、グリーンではスピンが効き、ピタッと止まる球やバックスピンが打てるでしょう。

注意点として、人口芝はダフってもヘッドが滑ってしまうので、クリーンヒットしていると錯覚を起こす恐れがありますので気をつけましょう。ダフリを防止するためのレッスン動画があります。ぜひ試してみてください。

まとめ

アイアンのインパクトを強く叩くコツはいかがだったでしょうか?アイアンのキレを出すためには欠かせない効果的なアイアンの練習方法です。もしあなたが、いつもボールを擦っているとか、当たりが薄いとかいろいろ悩んでいるのなら、このドリルを試してみることをオススメします。アイアンのキレは強いインパクトで作られます。

アイアンのスイングが安定すると、林の中からの脱出、障害物を避けるためのインテンショナルフックやスライスなども打てるようになりますので、トラブルショットでも自信を持って打つことができます。ぜひ、この習得方法を試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧