Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法たった3球!インパクトの打点感覚が身につく練習ドリル

上達法

たった3球!インパクトの打点感覚が身につく練習ドリル

アプローチでスコアを落としたくない!ゴルフのラウンド中に突然、クラブの芯に当たらなくなって、ダフってチョロチョロしたり、シャンクしたりすると全くスコアになりません。こんなとき、できるだけ早く復調する方法はないのだろうか…と思いませんか?

今回はたった3球でインパクトの打点感覚が身につき、絶不調から立ち直る魔法のドリルをご紹介します。

インパクトの打点が安定すると、ヘッドの入射角度も緩やかになり、高さで止めたり、スピンで止めたりとショットのバリエーションが増えます。これで寄せワンの量産も期待できます!是非、試していただきスコアアップにつなげてください。

インパクトの打点を安定させるゴルフ上達ドリル

なぜ?たった3球で打点感覚が身につくのか

ゴルフではインパクトがバラバラだと自分の狙ったところに球を落とせません。打点がブレているということになります。いずれダフったり、シャンクしたりとミスにつながります。

ボールのある点を集中して打つことで、たった3球でインパクトを一定にして、インパクトの打点感覚を身につけることができます。

実践!インパクト習得ドリル

インパクトの打点を安定させる方法をご紹介していきます。この練習方法は、インパクトでわざとトップを打ちます。

赤道部分にフェースの歯を入れる

イメージするのは、クラブフェースの歯の部分をボールの赤道部分に当てていくというイメージになります。つまり、わざとトップさせるイメージです。球はライナーのように転がっていきます。

注意点として、インパクトのとき上から打ち込んだり、すくい上げたりするスイングではなく、赤道からボールを2つに割るようにレベルで打つようにしてください。現代のアイアンショットは、上から打ち込むダウンブローではなく、入射角度が緩やかなレベルブローが主流になってきています。アプローチも同じ打ち方でインパクトしていきます。

↓↓↓レベルブローの打ち方はこちらです。

わざとトップをさせる

あなたも想像できると思いますが、赤道部分を打つとライナーのように地面を這うように転がっていきます。

ミスをしたようで嫌な感じになりますが、インパクトを点にすることによって集中力が高くなり、自身が狙うところにヘッドを入れることができるようになります。入れる場所を自在に操れると、どんな状況でも簡単に寄せられることが可能になります。例えば…

・バンカーショット

ヘッドを入れる場所によって距離感が変わると思いますが、距離に合わせてバンスを正確に落とすことができます。

・ロブショット

ゴルフボールを高く上げてロブを打ちたいときに、ボールの真下に正確にヘッドを入れて滑らすことができます。ロブの打ち方はこの記事で詳しく解説しています。

↓↓↓動画でも解説しています。

普段どおりに打つ

先ほどトップを打ったインパクトの感覚の余韻を残したまま、普段どおりに打っていきます。このときも上から打ち込んだり、すくったりするのではなく、横から払うようにレベルに打っていきましょう。

インパクトの打点感覚が身につけば芯に当たる感じがすぐにわかるでしょう。芯に当たれば距離感も作れるのでピンに寄る確率も上がります。距離のつくり方はこちら↓↓↓

この練習により、正しいゴルフのインパクトの形を身体が覚えるようになります。ぜひ、練習してみてください。

まとめ

このインパクトの方法をマスターすれば、ミスをすることがなくなりそうですね。いろんな状況からグリーンを狙えるのでスコアアップも期待できます。

現在、アイアンショットやアプローチの世界では大きな変化が起きているそうです。時代はボールを上から打ち込むのではなく、このドリルのようにシャローに使う打ち方へ移ってきているそうです。あなたもインパクトを安定させてどんな状況でも対応できるスイングを身につけましょう!

 

↓↓アイアンをクリーンに打つには手首の角度が重要!詳しくはこちら

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 111

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 929

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 358

特集一覧