ゴルファボ TOP上達法ゴルフのトップポジションが決まる!”肩”の上手な使い方

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフのトップポジションが決まる!”肩”の上手な使い方

もう悩まない!トップポジションの位置。「グリップを上げる場所がわからない」「スイングのぎこちなさが残る」といった悩みをプロゴルフコーチ吉本巧がズバッと解決!今回はゴルフのトップポジションが決まる”肩”の使い方についてご紹介します!

ゴルフのスイングでもっとも悩むところは、トップポジションではないでしょうか?ゴルフ練習場の大きな鏡の前で「こっちかなぁ~、この高さで大丈夫かな?」などチェックしているゴルファーはたくさんいると思います。

実は、ゴルフのトップポジションの位置は、どこでもいいのです!

絶対にここにもっていかないといけないという縛りはありません。ゴルフのレッスン書や雑誌などで「この場所でないといけない」と聞いたことがあるかもしれません。しかしその場所は、プロやゴルフ上級者たちの理想なところなので、必ずしもあなたにとっても理想な場所とは限りません。

人それぞれ、位置が違っていても何も問題ありません。さらには、同じゴルファーであっても、日によって多少変わっても全く問題ありませんので、悩み過ぎないようにしましょう。今回は、あなたに合うトップポジションの見つけ方をご紹介します!

ゴルフのトップポジションの作り方

腕で作らず、“肩”で作る!

多くの方が、トップポジションのグリップの位置を特定するときに、「この辺かな~、この辺かな~」と言って手で作ろうとしてしまいますが、腕は肩に連動して動きますので、バックスイングの肩の回転でトップは自然に決まっていきます。

ゴルフのスイング中の動きで、腕が動ける範囲も決まっています。肩が縦に動けば腕は縦に上がります。低く動けばそれに合わせて低く動きます。

悪い例として…

・肩が低く動いているにもかかわらず、縦に上げようとする

・逆に高く上がっているにもかかわらず、低く作ろうとする

その場合は、ゴルフスイングがちくはぐになってしまいます。グリップの場所というのは、体の回転や動きで勝手に”決まる”というのが理想的になります。

“肩”の上手な使い方

バックスイングを上げるときに、手でグリップを持っていこうという意識でするのではなく、アドレスを構えた状態から、ご自身の上半身の前傾角度に対して、両肩を直角方向に回転させていきます。

つまり、直立した状態で回転している動きを、そのまま前傾して回転させていきます。上半身の前傾角度に対して、直角に回転させていくと自然と腕がついてきます。腕がついてきたグリップの位置というのが、あなたにとっての理想的な形になります。

トップポジションの目安

プロやゴルフ上級者が勧める理想の場所の”呪縛”に苦しめられているゴルファーの方が非常にたくさんいらっしゃいます。人それぞれ違いますので、縛られる必要はありません。自分に合ったポジションを探しましょう!

目安として、アドレスを構えたときの、

・ゴルフボールと首のつけ根を結んだ線

・シャフトの延長線上

のエリア内にグリップがあればOKです。このエリア内であればグリップの場所が高くても低くても大丈夫です。

・上半身の前傾角度が浅い人は、低くなりやすい

・上半身の前傾角度が深い人は、高くなりやすい

全く個人差があって問題ありませんので、前傾角度に対して直角に回していきましょう。

バックスイングでは体重移動も大切です!一緒に行うと上達も早くなります。ゴルフ初心者にもわかりやすいレッスンの動画です。↓↓↓

まとめ

トップポジションの位置は、人それぞれです!また、日によっても多少ズレても全く問題ありません。どうか「トップポジションはここだ!」という縛りに苦しめられないように、今回ご紹介した内容を試してみてください。気軽にゴルフクラブを振ることができますので、飛距離アップや方向性アップも期待できます!

 

肩を上手に使うと、飛距離アップ間違いなし!肩の使い方をもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧