ゴルファボ TOP上達法アイアン飛距離アップ法!体の使い方2つのポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

アイアン飛距離アップ法!体の使い方2つのポイント

アイアンで飛ばしたいけど、グリーン手前の花道でいつも止まってしまう…そんなゴルファーでも2つのポイントを習得するだけで、簡単に飛距離アップすることができます。アイアンが飛ばない方や7番アイアンで150ヤード以上飛ばしたい方必見です!

ダフってもいない…トップしたわけでもない…芯には当たっているはずなのに、アイアンが思うように飛ばない。アイアンが飛ばずに、いつもグリーン手前の花道からアプローチショットをしているゴルファーは必見です。

今回は、アイアンの飛距離アップができるポイントをご紹介します。

アイアンの平均飛距離が伸びると、アイアンの番手が1〜2番手違ってきます。短いアイアンが持てるとゴルフ仲間にプレッシャーを与えられ、コンペの優勝、ニアピンを手にすることができるでしょう。

球が伸びるとゴルフの上達も早くなるので、自己ベストの更新が期待できます。ハンディキャップも減ってくるのでシングルの道も見えてきます!

アイアンの飛距離アップさせるポイント

アイアンの距離|どんなメリットがある?

アイアンが飛ぶようになるとパーオンする確率が上がります。飛距離アップができると1打の距離が伸びるので、次のショットが短くなります。

アイアンの番手が、ロングよりミドル、ミドルよりショートになってくると、気持ちに余裕ができて安心感が生まれます。アイアンが長いとボールを飛ばすのにパワーとテクニックが必要になってきます。しかし、アイアンが短くなると、実質グリーンまでも短くなるので、思い切り振らなくてもグリーンに届きます。ピンも狙いやすくなるので、寄る可能性が高くなりスコアも自然と伸びてきます。

何と言っても、飛距離アップできると、ゴルフ仲間より短いクラブが持てます。「おまえ何番持っているの?」と聞かれると少し優越感に浸れます!

↓↓↓飛距離アップの練習をすればパンチショットも打てるようになります。

飛距離アップさせるコツ

アイアンの飛距離アップのポイントはいくつかありますが、今回はその中の一つをご紹介していきます。

アイアンで打ったボールを遠くに飛ばすには、インパクト時に「左腰が右腰より高くなる」「左肩が右肩よりも高くなる」ことが大切です。つまり、右半身より左半身が高い状態が飛距離アップさせるためにはとても重要な形になります。

インパクトが作れると、初心者でもボールを強く叩くことができて、ロフト通りに打てます!↓↓↓

実践!習得ドリル

左半身が高いインパクトの状態を作る

アドレスを構えた状態をから左の肩と腰を高くして、両腰の高低差、両肩の高低差を作ります。左半身が高いインパクトの形を作り、身体に覚えさせていきます。何度か行います。そうすると、インパクトのイメージが作れ、余韻を身体に残すことができます。

インパクトの余韻を感じる

先ほどのインパクトの形の余韻を残したまま、実際にボールを打っていきます。

注意点として、必ず先にインパクトを作って、余韻を身体に覚えさせてからボールを打ってください。余韻を作らずに打つと、明治の大砲(アッパースイング)のようになってしまう可能性がありますので、気をつけてください!

フォロースルーが大きくなる

左半身が高い状態を作ることができると、フォロースルーにかけて、しっかり振り抜けていくことができます。

注意点として、例えば、右半身が高くなってしまうと、フォロースルーが低くなってしまうので、飛ばすことが出来なくなってしまいます。イメージとしては、左半身を高くしていくことによって、腕が解放されて腕の通り道ができるので、ヘッドを走らせることができます。ぜひ、試してみてください!

↓↓↓アイアンを芯で打つために必要なスキルと習得法はこちら

まとめ

アイアンの飛距離アップする2つのポイント

1 右半身より、左半身が高い状態を作る

2 余韻を残したまま、ボールを打つ

ぜひ、試してみてください。驚くほど球が伸び、誰よりも先にボールが飛んでいくでしょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。
×

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧